アウトドア総合メーカーであるスノーピーク(snow peak)。特に愛する人を「スノーピーカー」と呼んだりしていますが、スノーピークは特にキャンプ用品関連に熱烈なファンが大勢います。その中から今回は、キャンプの必需品であるスノーピークのテントシリーズ、アメニティドームを紹介します。熱烈なファンであるスノーピーカーが存在する理由が見えてくると思いますよ。

スノーピーク アメニティドームの特徴

計算された設計

スクリーンショット 2015-06-18 10.21.32

テントは、風の影響をとても受けやすく強風では設営したテントが崩れてしまう事があります。スノーピークのテントは、最低限の地上高のテントの高さに抑え、シルエットに丸みを作り風を上に逃がすように設計されており破損や崩壊を防ぐテントです。

テントの柱であるフレーム

1981
素材をアルミニウム合金ジェラルミンを採用。風の衝撃をしなりで受け止め、テントが崩れる事を防止。耐久性も高く、持ち運びも簡単になっています。設営は女性でも簡単に出来るようになっていますのでキレイにピシっとしたテント設営をしましょう。

3つの機能

スクリーンショット 2015-06-18 10.22.26

以下の3つの機能を持っています。
・結露を軽減するための換気コントロール
・出入口パネルを開放した通気性
・インナーテントの天井にメッシュパーツでの通気性

最高水準の耐水圧

1982
テント選びの重要なポイントに耐水圧があります。耐水圧とは降雨量に対しての抵抗力と思って下さい。この数値が低いと雨によるテントの崩壊、雨による湿度がテント内に広がり、ジメジメとした空間になりやすいと言えます。スノーピークの耐水圧は、「ミニマム」という単位を使います。スノーピークでは1,800mmミニマムと統一表記をされているのですが、テントのどこを計測しても最低限という独自の表記。他のテントはテント生地の平均値に対しての数値表記ですので、スノーピークの製品に対する自信の表れと言えます。

スノーピーク アメニティドーム 3つのサイズ

スノーピーク アメニティドーム S

スクリーンショット 2015-06-18 9.52.11
大人2人と子供1人までのサイズです。一人でキャンプする方にとってはゆったりとしたサイズになっていますので、快適に過ごせるでしょう。テントの平均重量も約5キロと運びやすくなっていますので、男性だけではなく女性でも使いやすいです。

スノーピーク アメニティドーム

スクリーンショット 2015-06-18 10.03.12
スノーピーク永遠の定番であり、初めてのキャンプや家族でのキャンプ、友人同士のキャンプに快適なアウトドアライフを提供してくれるテント。目安の収容人数は大人3人〜4人。または大人2人に子供3人となります。

スノーピーク アメニティドーム L

スクリーンショット 2015-06-18 10.10.15
スノーピークのアメニティドームを大きくしたバージョンで収容人数の目安は大人6人。大人数でのキャンプに最適なサイズで、10人の大人数で2つテントを用意するなども多いですね。家族同士でのキャンプにもピッタリだと思います。