さまざまなコーディネートで着まわせるコットンパンツは持っておきたい便利なアイテムです。一般的にシーズンは関係なく一年中履けるのがポイント。コットンパンツの特徴や魅力をしっかりと把握して、上手に着こなすことでコーディネートのバリエーションは格段に上がります。

そこで今回はおすすめのメンズコットンパンツをピックアップ。気になる方は着こなしポイントや参考コーディネートもしっかりチェックしてください。

コットンパンツとは?

By: ZOZOTOWN

コットンパンツの魅力は汎用性の高さ。天然素材のコットンを使用して作られるコットンパンツは、シルエットやカラーなどのバリエーションが豊富なので、ビジネスシーンからカジュアルな装いまでカバーしてくれるのが特長です。

チノパンとの違い


コットンパンツとは、コットン(綿)を使用したパンツの総称。ちなみにチノパンは、厚手のコットンなどで作られたパンツのことで、コットンパンツの一種という位置づけです。

なお、チノパンの歴史は長く、コットンパンツから派生して、ジャンルを確立しました。一般的にコットンパンツ(綿パン)と呼ばれるものは、折り方やデザインなど多岐にわたり、トレンドなどの流れとともに続々と新しいラインナップが増えています。

コットンパンツのメンズブランド
第1位 ポールスミス(Paul Smith)

1970年にイギリスで誕生した「ポールスミス」。クラシカルな雰囲気とトレンドを上手に融合させたものが多く、世界中の幅広い年代から高い評価を受けています。ラインナップ製品はフォーマルからカジュアルまで豊富に取り揃っており、満足度の高いアイテムを数多くリリースしているトータルファッションブランドです。

ポールスミス(Paul Smith) COTTON CHINO PANTS / 272108 922P

着こなしやすいストレートシルエットが特長のコットンパンツ。右後ろポケット上にはポール・スミスならではのデザインである、7色のストライプ柄テープが使われています。カラーは、ベージュ・グレー・ネイビー・ピンクの4種類。カラーによって雰囲気が変わるので、色違いで揃えるのもおすすめのコットンパンツです。

コットンパンツのメンズブランド
第2位 メンズビギ(MEN'S BIGI)

1970年代から日本のファッションシーンを引っ張ってきた「メンズビギ」。愛用者の年齢層が20〜50代以上とかなり幅が広く、さまざまな年代の方が着られるアイテムを数多く展開しています。

初代デザイナーは「菊池武夫」。彼のデザイナーとしての躍進はメンズビギからスタートしたとの声もあるほど、知る人ぞ知るメンズブランドです。

メンズビギ(MEN'S BIGI) オンオフ兼用ストレッチスラックス

ヘリンボンの織り柄が特長のストレッチスラックス。メンズビギを代表するパンツで、毎シーズン新色を追加して販売している定番アイテムです。クセのないデザインとスッキリと見えるきれいなシルエットが、幅広い年代から高い評価を受けています。程よいストレッチ性により、履き心地のよさが好評。ビジネスでもカジュアルでも使える万能な1本です。

コットンパンツのメンズブランド
第3位 エディフィス(EDIFICE)

高感度な男性に向けて、カジュアルウェアからドレスウェアまでトータルで展開する「エディフィス」。全体的に上品できれい目なデザインが多く、クオリティの高いアイテムを取り揃えているのが特長です。フレンチトラッドらしい、シンプルでさっぱりとした大人向けのアイテムを数多くリリースしています。

エディフィス(EDIFICE) レインシステム コットンパンツ

撥水性と防汚性がある「レインシステム」が搭載されたコットンパンツ。素材には上質なコットンが使われているので、履き心地のよさも魅力です。カラーバリエーションは、カーキ・ホワイト・ベージュの3種類。ビジネスシーンでもプライベートシーンでも、大人っぽい印象を与えられるおすすめのコットンパンツです。

コットンパンツのメンズブランド
第4位 メンズメルローズ(MEN'S MELROSE)

20〜30代に人気の高い「メンズメルローズ」。トレンドをしっかりと意識して、誰でも気軽に着られるアイテムを毎シーズン展開しています。トレンドとエレガントさを融合させた、シンプルでクセのないデザインが好評。リーズナブルな価格も人気ポイントです。

メンズメルローズ(MEN'S MELROSE) ストレッチツイル5ポケットパンツ

股上が少し浅めで、テーパードの効いたスッキリシルエットが特長のコットンパンツ。スタンダードな形で、流行に左右されず1年中着用できるのがポイントです。ポリウレタンが2%と少なめなので、シルエットを崩さない程度のストレッチ性があります。幅広いコーディネートに合わせられる、おすすめのコットンパンツです。

コットンパンツのメンズブランド
第5位 アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

1974年にジーンズカジュアルショップからはじまった「アーバンリサーチ」。トレンドを抑えながらもシンプルで使いやすいアイテムが揃うブランドです。
カジュアルな雰囲気をベースに洋服はもちろん、雑貨やボディケアなども展開する人気のセレクトショップです。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) UR TAILOR カラーコットンパンツ

ドレスのパターンで仕立てられたきれいな印象のコットンパンツ。ストレッチが効いているので動きやすさもあります。カラーはネイビー・ホワイト・ブラックの3種類。単調なカラーですが、抜け感があるので固くなりすぎないところも魅力です。

コットンパンツの着こなしポイント

合わせるトップスは着丈スッキリで

By: ZOZOTOWN

最近主流になっているコットンパンツのシルエットは、スッキリしているものが多い傾向にあります。膝から裾にかけて細くなるテーパードがここ数年のスタンダード。そのようなシルエットには着丈の長いトップスよりも、骨盤辺りまでのスッキリとしたシルエットの方が相性がよいです。

裾の長さに注意

By: ZOZOTOWN

ひと昔前は余裕がある裾の長さが一般的でしたが、ここ数年は全体的にスッキリとした裾の長さが主流。特にチノパンを代表とする地厚のコットンパンツを長めの丈にしてしまうと、全体的に野暮ったい印象になりがちです。

スマートな印象を与えるためには、裾の長さは足元にワンクッション入る程度にしたいところ。くるぶしが見えるアンクル丈も流行っているので、思い切って短めにチャレンジするのもおすすめです。

コットンパンツのメンズコーデ

ブラックコットンパンツ×ホワイトシャツ

By: ZOZOTOWN

コットンパンツをきれいめカジュアルで着こなしたいなら、カラーはブラックがおすすめです。そこにホワイトのシャツを合わせることでモノトーンの落ち着いた統一感と、シャツのきちんとした清潔感が合わさって大人のきれいめコーディネートに仕上がります。半袖だけでなく、長袖をロールアップしたり、七分袖の合わせたりするのもアリです。

グレーコットンパンツ×ネイビージャケット

By: ZOZOTOWN

ビジネスでも使えるコットンパンツコーディネートのおすすめは、グレーコットンパンツとネイビージャケットの王道コンビ。グレーにもライト・ミディアム・チャコールなど色合いがたくさんありますが、基本的にどんな色でも相性抜群なのがネイビージャケットです。インナーをシャツにすればビジネスシーンで、カットソーと合わせればカジュアルに着こなせます。

カラーコットンパンツ×Tシャツ

By: ZOZOTOWN

存在感のあるカラーコットンパンツは、トップスにTシャツを合わせてシンプルに着るのがおすすめ。コットンパンツはカラーバリエーションがとても多いので、その日の気分でいろいろなカラーのコットンパンツを履けるのも魅力のひとつです。

トップスをTシャツにすることで、インパクトのあるカラーも無難に着こなせるため、カラーコットンパンツ初心者でもぜひチャレンジしてほしいコーディネートです。