アウトドアで思う存分、自然を満喫するためには、凸凹道やぬかるみ、そして斜面をストレスなく闊歩できるトレッキングシューズが無くてはならない存在です。自分に合ったトレッキングシューズを履いていれば、足を守るのはもちろん、滑っての転倒など怪我のリスクを避け、さらに疲労も軽減してくれます。

今回は、トレッキングシューズの選び方と、人気メーカーのラインアップをご紹介しましょう。

初心者にもおすすめのトレッキングシューズブランド

キャラバン(CARAVAN)

1956年に日本人がヒマラヤ・マナスルへの初登頂の快挙を成し遂げた時、登頂を果たした遠征隊員がベースキャンプまでのアプローチに履いたシューズがキャラバンの原点という、実に60年を超える歴史あるブランド。日本人の足に合ったトレッキングシューズとして、軽くて歩きやすいと評判でビギナーにはうってつけのブランドです。

キャラバン(CARAVAN) トレッキングシューズ C1-02S

51zR3aTiv+L[1]

商品価格 ¥ 15,184

キャラバンを代表するシリーズがこのトレッキングシューズC1-02S。初めて登山靴を履く入門者向けに、履き口の周りに柔らかい生地やクッションを使用し足首を優しくホールドしてくれます。悪路でもしっかりグリップが効くソールや衝撃を吸収するインソールクッションを採用しているので初心者でも歩きやすく疲れません。

キャラバン(CARAVAN) トレッキングシューズ C6-02

51XdNxIGg9L[1]

商品価格 ¥ 12,960

足型が細めの人用のモデルがC6-02。アッパーには軽くて柔らかいナイロンと合成皮革を使用しているので履き心地は快適そのものです。クッション性にも優れており、高いグリップ力を保持。また、このシリーズにはハーフインソールが付いているので、自分の足に合わせて微調整が可能。機能性と耐久性を兼ね備えた一足です。

キャラバン(CARAVAN) GK61

41TVabOqtUL[1]

商品価格 ¥ 12,096

こちらはローカットモデル。クッション性に優れたソールで歩きやすさと安定感は抜群です。軽くて丈夫なのでヘビーローテーションでガンガン使えます。軽装備でのトレッキングはもちろん、旅行や日常的なタウンユースにもピッタリ! 色はこのボルドーとカーキの2色。歩くのが楽しくなってくるトレッキングシューズです。

キャラバン(CARAVAN) GK64_02

51qAt3EqaNL[1]

商品価格 ¥ 15,984

スリムな足幅の人向けのハイカット・トレッキングシューズ。ソールは深めでグリップ力があるので雪道でも安心感があります。また、衝撃を吸収し安定感のある2層構造のミッドソールを採用。ハイカットでもアキレス腱の自由度が高く歩きやすい構造です。高機能でコスパにも優れた一足。色はピンクの他にパープルとブラウンの3色あります。

キャラバン(CARAVAN) GK80

51K4cRET75L[1]

商品価格 ¥ 32,832

こちらは革製トレッキングシューズ。厚さ2mmのヌバックレザーを使いハードフレームを採用しているので重い荷物を持ったハードトレッキングにも十分に対応できます。足に優しい履き心地でありながら、足先のしっかりとしたフィット感やかかとのホールド感があり、どんな悪路でも安心して歩けます。

キーン(KEEN)

アメリカ・オレゴン州ポートランドのフットウェアブランド、キーン。サンダルからトレッキングシューズまで幅広いラインナップをそろえ、おしゃれなデザイン性の高さから若者を中心に人気を広げてきました。軽くて歩きやすい機能性の高さは折り紙付き。一度、使うとこのブランドにハマる人が多いというのもうなずけます。

キーン(KEEN) Pyrenees

51Sk7R-ZYbL[1]

商品価格 ¥ 18,144

オールレザーのトレッキングシューズ。クラシカルなヨーロピアン風のレザーアッパーに高機能なソールを組み合わせた斬新なデザインがおしゃれ! 履くほどに足にフィットしてくるのがレザーの特徴。クッション性も高く歩きやすいので長時間の使用でも疲れにくい構造です。防水性も高く雨の日の普段使いにも重宝します。

キーン(KEEN) Targhee II Mid WP

51kFAhnocRL[1]

商品価格 ¥ 14,212

キーン独自の防水透湿素材を採用した軽量で高機能なトレッキングシューズ、TARGHEE IIのミッドカットモデル。完全防水でありながら透湿性能が高く耐久性能にも優れています。フィット感とサポート性が抜群の履き心地! 表面には吸湿速乾性の素材を使い、裏面には通気性に富んだメッシュパネルで長時間、快適に歩けます。

キーン(KEEN) Durand Mid WP

51rVS578O9L[1]

商品価格 ¥ 18,144

キーンのプレミアムなトレッキングシューズ、Durand。アッパーには特殊防水加工を施したヌバックレザーと通気性に優れたメッシュ素材を使い高次元のフィット感と通気性を実現しています。アウトソールは高いグリップ性があり、かつてない快適性と耐久性を誇っています。足首のサポート性を調節できるヒールロックシステムを採用。状況によって微調整することができます。

モンベル(mont-bell)

日本を代表するアウトドアブランド、モンベル。日本のトップクライマー、辰野勇氏が「機能美、軽量、迅速」をコンセプトに生み出すアウトドアギアは、日本のみならず世界的に高く評価されています。フットウェアにも力を入れており、トレイルランニングやウォーキング用のシューズからトレッキングシューズ、そして本格登山用のアルパインシューズまで充実したラインナップがそろっています。

モンベル(mont-bell) タイオガブーツ

518JKs8n7QL[1]

商品価格 ¥ 16,354

こちらは軽装備のトレッキングや日帰りハイキングなどにうってつけのモデル。足首をしっかりサポートしながらも動きやすいミドルカットです。ソールはスリットが深く岩などの凸凹にしっかりと引っかかる確かなグリップ力を発揮。アッパーにはゴアテックスを使い防水性と透湿性にも優れた全天候型シューズです。

モンベル(mont-bell) ツオロミーブーツ

51-n1cKs7PL[1]

商品価格 ¥ 20,304

夏場の長期縦走やトレッキングなどに向いているハイカットモデル。足首をしっかりとサポートして横方向へのぶれを防ぎ抜群の安定感を維持しながらも、前方向への屈曲運動を妨げない高い運動性を実現しています。ゴアテックスの透湿性を最大限に生かすポリエステルニットと厚さ2.2mmの高品質ヌバックレザーなどを合わせたハイブリッドシューズです。

モンベル(mont-bell) GTXマリポサトレール

41It3VC3SbL[1]

商品価格 ¥ 19,132

ハイキングから軽装備のトレッキングまで対応するミドルカットモデル。適度な剛性がありねじれを防ぐシャンクプレートを挿入しているので岩場などでも安定感のある歩きを実現してくれます。リールアジャストシステムを採用し素早い着脱と優れたフィット感を実現。歩行中に靴ひもがほどける心配もありません。

モンベル(mont-bell) ティトンブーツ

51BGZDZOdRL[1]

商品価格 ¥ 18,900

軽量で柔らかく履き心地が抜群のティトンブーツ。軽装備の日帰りハイキングや野山の散策、そしてタウンユースでも手軽に履ける全天候型シューズです。ポリエステル素材をベースに厚さ2mmの丈夫なスエードレザーで補強。軽くて快適でいながら耐久性も高い、使い勝手のいいトレッキングシューズです。

モンベル(mont-bell) テナヤブーツ

51E-UZ6u9UL[1]

商品価格 ¥ 25,380

優れたフィット感と素早い着脱を可能にするリールアジャストシステムを採用。靴の甲部分と足首部分の2ヵ所に独立したリールを付けたことで、細やかなフィット感の調節を行うことができます。防水・透湿性に優れたアッパーと、グリップ力のあるソール。本格トレッキングで頼りになる信頼性の高いシューズです。

コロンビア(Columbia)

アメリカ・オレゴン州に本社を構える世界的なアウトドアウェアのブランド、コロンビア。フットウェアにも力を入れていて、トレッキングシューズも機能性とデザイン性をあわせ持ち、しかもお手頃価格ということで高い人気を誇っています。カラーバリエーションも豊富! 長年、使い続けている愛用者が多いことが、その品質の高さを裏付けています。

コロンビア(Columbia) セイバーミッドオムニテック

41EQwx-tXHL[1]

商品価格 ¥ 6,800

コロンビアの人気トレッキングシューズ、セイバーミッド。外部からの水の浸入を防ぎ、激しい運動によるシューズ内のムレを最小限に抑える防水透湿機能「オムニテック」を採用。アウトソールは土や泥が詰まりにくく高いグリップ力を発揮してくれます。軽くてクッション性があるので歩きやすく疲れません。この高機能でこの価格はコスパ最高です。

コロンビア(Columbia) マドルガピーク5オムニテック

51WdXASax3L[1]

商品価格 ¥ 9,072

幅広い登山スタイルに対応するコロンビアのベストセラー、トレッキングシューズです。日本人の足型を研究して作られているので心地よいフィット感とホールド性を実現。水の侵入をブロックし、激しい運動による蒸れを軽減してくれるので、いつでも快適に歩けます。初心者から上級者まで満足度の高い一足です。

コロンビア(Columbia) カラサワ2 プラス オムニテック

51pVDkkeV1L[1]

商品価格 ¥ 15,260

高所登山にもしっかり対応する高機能トレッキングシューズ。独自素材のオムニテックは防水透湿性に優れ、雨から足元を守ってくれます。サイドやヒールのフィット感が抜群で足をしっかりホールド。またアウトソールは高いグリップ力があるので、凸凹道や岩場などでも安定感のある歩行が可能です。高所登山の心強い相棒になってくれることでしょう。

コロンビア(Columbia) スティーンズ サミット アウトドライ

51nv+GK+rjL[1]

商品価格 ¥ 16,030

こちらも高所登山にうってつけのハイスペックモデルです。高次元の防水透湿機能が水の浸入を完全に防止。アウトソールは優れたグリップ力があるので濡れた岩場など滑りやすいコンディションでも楽に歩けます。軽量性、サポート性、クッション性と三拍子そろったトレッキングシューズ。シンプルなデザインもおしゃれと評判です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカ・サンフランシスコで創業したザ・ノース・フェイス。常識にとらわれない新感覚のアウトドアギアを世に送り出し、バックパックブームのけん引役となりました。フットギアにも力を入れており、防水透湿性に優れた機能性とデザインの良さから根強い人気を誇っています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レック II ミッド

514ycBUXHlL[1]

商品価格 ¥ 16,524

ザ・ノース・フェイスの人気トレッキングシューズのひとつ、レックII。ゴアテックス素材で高い防水透湿性を実現。雨やぬかるみでも水をブロックし靴の中の蒸れを防止するので快適です。アウトソールはグリップ力、耐久性ともに抜群! クッション性にも優れておりどんなフィールドでも安心して歩けます。

ノースフェイス(THE NORTH FACE) ウルトラファーストパックミッド

51HwUPkS3YL[1]

商品価格 ¥ 20,520

低山の縦走や軽装備でのトレッキングに適したウルトラファーストパックミッド。防水透湿性に優れたゴアテックスをアッパーに使用することで全天候に対応。片足わずか400gと超軽量ながら安定感を生むヒールと2層のミッドソール、高いグリップ性能を持つアウトソールと高機能を備えています。これなら山道を軽快に歩くことができます。

ノースフェイス(THE NORTH FACE) ヴェルトS4K

51GWuzTBNNL[1]

商品価格 ¥ 46,764

こちらは冬季寒冷地の登山にも対応するヴェルト。低温に対応できるように保温性がある防水素材ゴアテックスデュラサーモを使用。また、履き口まわりにもビルトインゲイターを付けることで、保温性を保ちながら雪の浸入を防止し足を快適に保ちます。衝撃を吸収し安定性を確保するヒール部分に加え、ミッドソールは内外非対称の形にすることで自然な足の動きを促します。

メレル(MERRELL)

アメリカ・ユタ州のオーダーメイドブーツの専門店から始まったメリル。その妥協を許さない職人魂でアウトドアシューズの名品を生み出し信頼を勝ち取ってきました。メリルの靴は快適で歩きやすいと定評があり、現在では世界160カ国で販売されています。クラフトマンシップを貫くメリルのトレッキングシューズは幅広い世代に愛され続けています。

メレル(MERRELL) Moab Mid GORE-TEX M

51b8dy+3dvL[1]

商品価格 ¥ 15,350

汎用性が高いメレルの人気シューズ、モアブのミッドカットモデルです。アッパーの広い面積をメッシュで覆うことで通気性を高めると共に軽量化を図っています。防水性の高いゴアテックスなので水の侵入を完全防御。ライトハイキングをはじめ低山ウォークなど幅広いシーンで快適に過ごせるマルチスポーツの定番シューズです。

メレル(MERRELL) Mojave Mid Waterproof M

412cdQCFy-L[1]

商品価格 ¥ 13,413

外からの水滴の侵入を防ぎ、内側の蒸れを逃がすメレル独自の防水テクノロジーを搭載したウォータープルーフモデルです。雨天時でもドライな靴内環境を実現。グリップ力と耐久性に優れ、濡れた路面や悪路にも強いアウトソールを使用しています。低山でのライトトレッキングなど、さまざまなシーンで活躍してくれる一足です。

メレル(MERRELL) Chameleon Shift Mid GORE-TEX M

41p-3Q87mnL[1]

商品価格 ¥ 22,622

機能性と堅牢性をあわせ持つハイスペックモデル、カメレオン。山道でも足をしっかりとホールドするミッドカットタイプです。林道や古道などの未舗装路でのトレッキングで強さを発揮するアウトソールを採用。クッション性にも優れ、長時間歩いても疲れにくい構造で、実際に履いてみると値段以上の価値があることを実感できる一足です。

サロモン(SALOMON)

1947年にフランスのスキーブーツの製造から始まった老舗ブランド、サロモン。ウィンタースポーツで培った技術を過酷な環境で通用するアウトドアのフットウェアにも取り入れ、高機能でデザインにもこだわったトレッキングシューズを開発。履き心地の良さと機能性の高さでその人気を不動のものにしています。

サロモン(SALOMON) X ULTRA TREK GTX

41hlY2lmEnL[1]

商品価格 ¥ 29,160

軽量で高機能なハイスペックシューズ。水の侵入を防ぎ靴内の蒸れを防ぐ高い透湿性があるので長時間の使用でも快適です。どんな悪路でも高いホールド性とグリップ性で歩き抜くことがで可能。足入れ感が心地良い、歩きやすく疲れにくいトレッキングシューズです。サロモンの質の高さを実感できることでしょう。

ダナー(Danner)

1932年アメリカ・ウィスコンシン州で安い仕事用ブーツ作りから始まったダナー。1959年、アメリカで初めてビブラムソールを用いたシューズを開発。ハイキング業界でプレミアムなブランドとなりました。また、1979年には、世界初となるゴアテックスを使用したシューズを展開するなど、常に最新の技術を取り入れ進化を続けています。

ダナー(Danner) ダナーライト

51NSTZjjM5L[1]

商品価格 ¥ 42,000

1979年に世界で初めてゴアテックスを使用して作られたトレッキングシューズがこのダナーライトモデル。高い防水透湿性能と
今やトレッキングシューズの定番となっているビプラム社のグリップ力が高いアウトソールを採用し、世界を驚かせた名品です。シンプルなデザインと機能性から今も人気があるベストセラートレッキングシューズです。

トレッキングシューズとは

top_danner-tanner-goods[1]

By: jp.danner.com

ひと口にトレッキングシューズと言っても、用途によって実にさまざまな種類のものが開発されています。素材もかつては革製が主流でしたが、ゴアテックス以降、最新素材を使った高機能で軽量なモデルが続々と登場しています。

トレッキングシューズは大別すると3種類。

ライトトレッキングシューズ

ハイキングシューズとも呼ばれ、軽装備での日帰り山歩きなどに適したモデル。軽量でソールが柔らかくクッション性に優れているので歩きやすいのが特徴。

トレッキングシューズ

春から秋にかけての3シーズンの使用で本格登山などにも対応するモデル。ソールが厚く溝が深めで重い荷物を持っていても安定感があります。

アルパインシューズ

アルパインブーツとも呼ばれ、厳冬期の雪山など過酷な環境でも安定した歩行を可能にする登山用シューズ。耐久性、安定性、保温力に優れています。

自分の使用目的に合わせて最適なトレッキングシューズを選びたいものです。そこで続いては、トレッキングシューズの選び方をご紹介しましょう。

トレッキングシューズの選び方

サイズをチェック

ridkfnpgee[1]

By: keenfootwear.com

「トレッキングシューズはサイズだけで選ぶな!」とよく言われます。足の長さだけでなく全体のフィット感が大切!足の甲が高く幅が広い傾向がある日本人の足型だと、海外製品の足型が合わず、靴擦れやマメができたり、つま先が痛くなったりと後悔するケースが少なからずあるのです。ネットなどで購入する場合も、一度は店頭で実際に履いてみてフィット感を確認してから購入することをお勧めします。

試し履きする際には、必ずトレッキング用の靴下を履くこと! そして、靴の中敷きであるインソールを取り出し、自分の足に合わせてみて長さと幅を確認するのもひとつの方法です。ここで合っていないと実際に履いてもまずフィットしません。

色々と試し履きすれば、きっとあなたの足型に合うモデルが見つかるはずです。

素材をチェック

0325_design_vol1_03a-thumb-705xauto-28783[1]

By: columbiasports.co.jp

トレッキングシューズは、かつては固くて重い革製が主流でしたが、近年では軽くて柔らかく、防水性、通気性にも優れたナイロンなどの化学繊維を使ったものが主流になっています。ただし、革製シューズには履けば履くほど足にフィットして化学繊維にはない最高の履き心地となる魅力があります。

日頃の手入れは必要ですが、やはり革製が一番! という愛用者が多いのも事実。ですが、やはりエントリーモデルとしては、すぐに足に馴染んで歩きやすい化学繊維メインのトレッキングシューズがおすすめです。

ソールの硬さをチェック

Jungfraujoch

By: mammut.ch

靴底(ソール)の硬さはとても重要です。ソールの硬い靴を履いて歩くのは慣れが必要。初めはソールの柔らかいシューズで軽量の荷物での日帰りトレッキングなどから始めて下さい。岩場やぬかるみなどの山道を歩くことに慣れてきたら、ソールの硬いシューズでの本格トレッキングにステップアップ!

重い荷物を持って岩場などを歩く時、靴底が硬いことでグリップ力のある安定感を得られることが実感できるでしょう。

履き心地をチェック

hiking-1312227_960_720[1]

一度は店頭で実際に履いてフィット感を確認して欲しいと前述しましたが、どうやってチェックするのか? その方法をご紹介します。

売り場をただ歩くだけでなく、斜面を登ったり、斜面を横方向に移動したり、さらに、アキレス腱を伸ばしてみたり、その場でかけ足、ジャンプ、反復横跳びなどなど、ありとあらゆる動きを試してみて下さい。

そうして足がぶれないか? つま先が当たらないか? 不自然に当たる場所や圧迫感の強い場所がないか? などをチェック! しっかりとホールド感がありながら動きやすく、足がフィットしていれば大丈夫です。