バーベキューやキャンプなどのアウトドア料理にとっても便利なのが、ダッチオーブン。蓋の上に炭をおいて、アウトドアでオーブンとして使用できるのが一番の特徴です。普通の鍋と違い、調理するときに熱の村が無く均一に火を通すことができ、蓋がきちんと密封されるので、無水調理ができるのがとても便利です。今回は、そんなアウトドアにおすすめのダッチオーブンの人気メーカーをご紹介します。

LOGOS(ロゴス)

71VaexztiTL._SL1200_
一番の特徴は、ダッチオーブン特有の面倒なシーズニングが不要なので、初心者でも簡単に使い始めることができるところ。値段もダッチオーブンの中では手ごろで、重たいダッチオーブンを持ち運ぶのに便利な専用のポーチがついているのもうれしいですね。

snow peak(スノーピーク)

41ot4oI9gaL
ダッチオーブンの中でもかなり高級仕様のsnow peak。ダッチオーブンの一番の難点である重さを克服した商品なので、女性でも手軽に使うことができます。調理によってダッチオーブンの深さを選べるのもポイントアップですね。

SOTO(ソト)

41Y-OYBI1-L
珍しいステンレス製のダッチオーブン。ステンレス製なので、もちろんシーズニングは不要。しかも従来の鉄製のものと比べると、衝撃やヒートショックにも強いので、取り扱いがとても楽です。ステンレス製品は洗浄の手入れも楽なので、後片付けがとても楽になります。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

3147NRTCJRL
手ごろな値段で、最大8.3Lの調理ができる大容量。ジンギスカン用の専用なべ底もついているので、工夫次第で色んな料理をつくることができます。容量が大きいこともあり、重量が11kgもあるので、取り扱いには少し苦労しそうですね。

UNIFLAME(ユニフレーム)

519xNdo367L
シーズニングとメンテナンスがとても簡単なUNIFLAMEのダッチオーブン。ダッチオーブンを使うときに一番困るのが、本体の重さ。安全に使うことができるように特殊なもち手になっていて、安定して持つことができるのが特徴です。

Coleman(コールマン)

71nX+g0g9+L._SL1500_
少し小さめでお手ごろ価格のダッチオーブン。少人数でのキャンプに一つあると料理の幅が広がります。重量も7kgと比較的軽めなので、ご家庭のちょっとした料理にも使うことができます。

LODGE(ロッジ)

41QMQ0RPvlL
両手もちができるタイプのダッチオーブン。重たい鍋なので、つる式のもち手だと強度が少し心配ですよね。しっかりとした両手もちタイプなので、多少重くても安定して持ち運ぶことができます。全ての商品を単品検査しているので、品質も保証されてますね。