夏といえばやっぱりビールがおいしい季節です。日本国内でも、たくさんのビールメーカーがあり、それぞれ特徴があって飲み比べが楽しいですよね。世界各国でもその土地の特長を生かしたおいしいビールがたくさんあります。今回は世界のビールおすすめ人気ランキングをご紹介します。

第1位 シェッファーホッファー ヘフェ ヴァイツェン(ドイツ)

71kT8Ri11eL._SL1200_
ビールで有名なドイツが誇るビールです。ビールを愛してやまないドイツ国内で大ヒットしたビールなのでビール好きなら一度は飲んでみたいビールですね。ヴァイツェン独特のフルーティーな香りがとっても飲みやすいので、ビールが苦手な人でも飲めちゃいそう。

第2位 ベックス(ドイツ)

41LH-huc6TL
ドイツ生まれのビールですが、今では世界中で愛されているビールです。麦芽とホップの絶妙なバランスで作られていて、ビール独特の苦味を楽しめます。ビール好きにはたまらない一本ですね。

第3位 ビンタン(インドネシア)

41UHeCvvQXL
インドネシアで作られたビンタン。あまりクセのないすっきりとした飲み口なので、日本人の口にとってもあうビールです。料理酒としても使用されることが多いので、いろんな料理にあいそうですね。

第4位 コナ ビッグウェーブ ゴールデンエール(アメリカ)

41140u5BOCL
アメリカ産のコナビール。ハワイでとっても有名なビールなので、家にいながら南国リゾート気分が味わええます。ハワイ旅行に行ったことがある人なら、このビールを飲むだけでも、旅行の思い出が鮮明によみがえるかもしれませんね。

第5位 モルソンクアーズ ブルームーン(アメリカ)

61cLqEzZoqL._SL1000_
2008年に全米No.1を獲得したブルームーン。オレンジビールを使ったフルーティーな香りで、とってもクリーミーなのが特徴のビールです。普通のビールに比べて、いろんな種類の材料を使っているので、複雑な味に仕上がっています。他にはない独特のビールを楽しみたいならこれに決まりですね。

第6位 バス ペールエール(イギリス)

61iSsJqP-FL._SL1000_
イギリス生まれのペールエール。日本のビールと比べると、そのコクの深さは一目瞭然。とってもコクが深く、ビール好きにはたまらない一本です。日本人にとってはコクが深すぎることもあり、最初は苦手意識を持つことも多いそうですが、飲むほどに好きになっていくのがこのビールの特徴です。

第7位 モレッティ(イタリア)

51Ry+yGsWkL
イタリア原産のビールモレッティ。イタリアを代表するビールといっても過言ではないほど、イタリアで人気のビールです。イタリア料理のパスタやピザに良くあうビールで、飲み口はとってもさわやかです。