手首に360度カメラという考え。

さまざまなメディアで頻繁に目や耳にするようになった360度カメラ。そのあまりの楽しさにハマる人も多いかもしれません。でもデジカメにスマホ、そして専用の360度カメラ…。ちょっと荷物が多いですね。それなら腕時計型はどうでしょう? さっそくBeoncamをご紹介しましょう!

腕時計型360度カメラ


Beoncamとは、腕時計をするようにして身に着けることのできるウェアラブル360度カメラ。荷物をふやすことなく、常に360度シャッターチャンスを"見張る"ことのできるスグレモノなのです!

簡単に撮影スタート

たとえば最高のタイミングの夕日をバックに、大切なひとが輝いているとき…。カバンからカメラやスマートフォンを取り出しているヒマはありません! Beoncamならワンボタンですぐにその一期一会の瞬間を360度で切り取れます!

使い方イロイロ


またBeoncamは脱着タイプで、同梱のパーツで自転車やバッグ、ヘルメットなどに装着し、GoProっぽい使い方で360度撮影を簡単に楽しめてしまいます。これなら腕からの撮影アングルに飽きてしまう心配もありません!

スペックはどう?

気になるのはそのスペック。5メガピクセルイメージセンサーでの360度撮影が可能なBeoncamは、フル充電でスタンバイ状態なら4日間バッテリーがもつとされ、内部ストレージは8GB。

Bluetooth接続されたスマートフォンなどのデバイスの専用アプリにより画像や映像の視聴はもちろん、ライブストリーミングやソーシャルメディアでのシェアも簡単です。

防水ケーシングに装着するなら、水深6mでの撮影も可能になるBeoncamはIndiegogoで119ドル! 赤ちゃんが生まれた家庭では、シャッターチャンスを逃さないために必須です!