パナソニックのコードレススティッククリーナー「iT(イット) MC-BU500J」は、これまでのスティッククリーナーにはない、フロアからすき間までノズル交換なしで自在に掃除できる、新しいスタイルのコードレススティッククリーナーとして人気です。

今回は、多彩な機能や使いやすさ、スリムでスタイリッシュなデザインにスポットを当て、パナソニックのコードレススティッククリーナー「iT(イット) MC-BU500J」の魅力をご紹介します。

製品紹介

パナソニック(Panasonic) コードレススティッククリーナー イット MC-BU500J-R

商品価格 ¥ 57,586

パナソニックの「iT(イット) MC-BU500J」は、吸引力が落ちにくいサイクロン式を採用したコードレススティッククリーナー。これまでのスティッククリーナーとは違い、すき間や壁際、お部屋の隅々までノズル交換なしで自在に掃除ができる「くるっとパワーノズル」を採用。

ゴミの溜まりやすい壁際も、独自の「ガバとり」構造でゴミを強力に掻き出し吸い上げます。ゴミの有無を光って知らせる「ハウスダスト発見センサー」など、機能も豊富です。

業界最細の7.2cmスリムボディは、コンセント幅に収まる本体幅でとても省スペース。インテリアに馴染むデザインと使いやすさへのこだわりが魅力のモデルです。

パナソニック イットの特徴

パナソニック イットで実現する新しいお掃除のスタイルとは?

くるっとパワーノズル

By: panasonic.jp

きれいにする場所に応じてノズルをI字型とT字型に使い分けができる「くるっとパワーノズル」を搭載。切り換えも本体をくるっと半回転するだけの簡単操作。

ノンストップでフローリングから絨毯、家具の隙間や家具の下までノズル交換の手間がなく、快適に部屋全体を掃除することができます。

壁際のゴミまでしっかりとれる「ガバとり」構造

By: panasonic.jp

壁際はゴミがたまりやすく、掃除がしにくい場所ですが、パナソニック独自の「ガバとり」構造は、ノズルの前面のシャッターが壁に当たると開くことで、回転ブラシが壁際までしっかり届き、ゴミを強力にかき出し吸い込んでくれます。

また、ノズルには横にスライドができるローラーが付いているので、より壁際をきれいに掃除することができます。

ハウスダスト発見センサー

By: panasonic.jp

パナソニックのスティック掃除機では、初の「ハウスダスト発見センサー」を搭載。目に見えない約20μmの微細なゴミまでしっかり検知して、ランプがゴミの有無を光って知らせてくれます。

隙間や家具の下の見えにくい場所のゴミもきれいになったことがひと目で確認できるので、しっかりキレイにすることができ、取り残しも防ぎます。また、センサーが検知したゴミの量に応じてパワーを制御するので、効率よく掃除できます。

「業界最細 幅7.2 cmのスリムボディ」

By: panasonic.jp

ノズルI字型時、本体の幅は業界最細の7.2cmスリムボディを実現。コンセント幅に収まるスリムでスマートな本体幅なので、場所を取らず省スペースで充電が可能です。

また、リビングを充電場所にしてもインテリアに馴染むデザインを採用しているので、部屋の汚れに気づいたときにすぐ掃除ができてとても便利です。

使いやすさにこだわったデザイン

By: amazon.co.jp

MC-BU500Jのグリップは、ノズルをI字型とT字型に使い分けする際の変形動作をするときの手の動きを楽にして、負担が少なくなる工夫がされていますよ。

また、グリップを重心の位置に置くだけでなく、最適なグリップ角度など、軽快な使いやすさにこだわったデザインが施されています。

選べる2つの充電方法

充電方法は、ユーザーの使用用途から最適な2つの方法から選ぶことができます。1つ目は、充電台を壁や家具に固定してスマートに収納できる「壁掛け充電」。2つ目は、コンセントを直接本体に接続して立てかける「立てかけ充電」です。

製品仕様

集じん方式はサイクロン式です。集じん容積が0.2L。電池は充電式ハイパワーリチウムイオン電池で、充電時間は約3時間。運転時間は強で約10分、自動では約15分~約30分です。

本体サイズはスティック使用時(T字型)で、幅252mm×奥行153mm×高さ1,160mm。本体(延長管、床ノズル除く)時では、幅72mm×奥行150mm×高さ680mmです。本体重量はスティック使用時が2.2kg、本体時で1.6kg。

センサーに「ハウスダスト発見センサー」、床ノズルに「くるっとパワーノズル」採用。付属品はすき間用ノズル、ペタすき間ノズルの2つ。本体カラーは、S:シルバーブラック、T:ブロンズブラウン、R:レッドブラックの3色です。