便利過ぎる日々の代償かも。

家にいるときも、会社へと移動しているときも、ずっとスマホを見ている。スマホが普及した現代では、遊びや趣味のためだけでなく、仕事の用を済ますのにスマホが必要なことも多いですよね。また、作業をするのにPCは不可欠なため、1日中PCと向き合っているという方も少なくないはず……。

そんな、どこに居ても情報が手に入り、作業ができるようになった便利な世の中の代償とも言えるのが、スマホ首(ストレートネック)。本来なら、前方に反るように曲がっている首の骨。それがスマホの見過ぎなどが原因で、真っ直ぐに近い状態になっていることを指します。今回は、スマホ首を改善するデバイスをご紹介します。

世界初の首姿勢管理ウェアラブルデバイス

detail_2418_1484803896

世界初の首姿勢管理ウェアラブルデバイスとして、国際的な影響力を持つ経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」で紹介。首に軽くかけると、スマホ首の原因となる姿勢をセンサーが感知し、振動するアラームで知らせてくれるデバイスです。長時間に及ぶPC作業や、スマホ画面の見過ぎなど、姿勢が不自然になる状態を楽しみながら予防できるのが魅力的。

専用のアプリと連携すると、どのくらい悪い姿勢を取っていたのかを「時間別・日別」にグラフで表示します。グラフで管理することで、さらに姿勢をよくしようという意識が芽生えそうですね!

軽量なので楽に装着できる

detail_2418_1484717001

重量はメガネよりも軽い25グラム。子どもの勉強時、大人の作業時など、さまざまな場面で活躍します。

製品の特長

detail_2418_1484804105

「Vibration Motor」姿勢が悪くなったとき、使用者に振動アラームでお知らせします

「3 - Axis Motion Sensor 」リアルタイムで首の角度の測定と伝送を行います

「Bluetooth 4.0 LE 」Bluetooth4.0で他のデバイスと接続します

「Flash memory」測定データは一時的にAlex内のフラッシュメモリーに保管されます

「LED」電源のOn/OffやBluetooth接続状態、バッテリー残量を表示します

操作は簡単!

本体にあるオンのスイッチを押した後は、メガネをかけるように首の後ろにかければOK。姿勢データは本体メモリーに保存されます。アプリと連携すれば、スマホへの転送が可能。

個人設定が可能

専用アプリと連携することで、アラームを発する「悪い姿勢の角度」や「アラームの有無」などの設定が自由に変更可能。静かにしていないといけない公共の場でも安心して使用できます!

活用シーン

detail_2418_1484985296

頭を下げた悪い姿勢で作業をしているとき

detail_2418_1484727457

学生や子どもの学習シーンに

detail_2418_1484727613

スマホやPCに夢中なときに