タッチコントロールからアイトラッキングへ。

キーボードなしでさまざまなコントロールが可能になる便利ことこの上ないタッチスクリーン。そのテクノロジーが搭載されたスマートフォンがまた進化しようとしています。なんと今度は目の動きを追跡するアイトラッキングを活用しようというのです。いったいどんな便利デバイスになっているのでしょうか? さっそく見てみましょう!

募集アイデアから実現

c3a35a6812f4b6ad9f355a5c995b905b_original

多くの人気機種を発売してきた実力のZTE。そのZTEのコミュニティサイトである「Z-Community」のウェブサイト上で募ったアイデアの中から採用されたのが、今回ご紹介するスマートフォンHawkeye。まずはKickstarterでの販売となります。

アイトラッキングを活用

599475b3da32cc1ce6b7d38902e4ef55_original

Project CSXとして知られるプロジェクトとして生まれたHawkeye。(この名称もコミュニティユーザーのアイデア)このスマートフォンの一番の特徴は目の動きで、画面操作ができるところなのです。

たとえば両手がふさがっている状態でスマートフォンを見ているとしましょう。そんな場合でも、眼球の上下左右の動きで、画面に触れることなく"スワイプ"することに! これは便利です!

d29f1716e17b5c266294a752f3affeac_original

これは、眼球の虹彩と呼ばれる部分の動きを高解像度のフロントカメラで検知することより実現。なお、ウェブサイトのページを移動したい場合は、目の動きのかわりにボイスコントロールを使用するとのこと。

その他のスペック

80e564dc939aec86d03a217a387f0263_original

ではその他のスペックはどのようにまとまっているのでしょうか? 5.5インチFHDディスプレイやデュアルリアカメラ、指紋センサー、急速充電対応の大容量バッテリー、それにAndroid N という構成です。

専用ケースを装着するなら、その粘着面で垂直面にも貼り付けて完全なハンズフリーで使用できるHawkeyeはKickstarterで199ドル! まだまだスマートフォンは楽しくなりそうです!