ファン感涙のチャージャー!

それなしでは到底、アメリカの超大作SF3部作映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」を語ることはできないタイムマシン、デロリアン。あのステンレスボディにハートを撃ち抜かれた人も多かったのでは? 今回は、そんなファン必見の充電器をご紹介しましょう! その名もBack to the Future Flux Capacitor Wall Charger!

「次元転移装置」とは?

itth_bttf_flux_wall_charger_front

デロリアン車内に所狭しと積み上げられた装置。1985年の第1作公開時に見た人も、何度も再放送されるTVでの上映を見た人も、あのギミックにココロときめいたはず。

フロント中央のハンドル横に設置された「タイムサーキット」のコントロールにより、タイムトラベルする目的の年代と時間を設定。あの武骨なデザインとデジタルディスプレイに、1985年当時の"未来感"に心地よい"ノスタルジー"を感じずにはいられません。

前置きが長くなりましたが、その「タイムサーキット」によって制御されているのが今日の主役「次元転移装置」!両シートの間の後方に据えられた約30㎝四方の謎めいたボックスがタイムトラベルに不可欠な装置なのです!

「次元転移装置」付き充電器

itth_bttf_flux_wall_charger

今回ご紹介するBack to the Future Flux Capacitor Wall Chargerはその「次元転移装置」が内蔵された充電器。あの怪しげに光るY字型チューブがしっかり"動作"しているではありませんか!

itth_bttf_flux_wall_charger_ports

本体横のスイッチで「次元転移装置」のON/OFFに。壁のコンセント(タイプB接地極付き)に挿し、USBポート経由で同時に2台のデバイスを充電可能です。定格入力:AC100V-240V 50/60 Hz。

画像で確認できる質感がレトロフューチャーファンのココロをわしづかみにすること間違いなしのBack to the Future Flux Capacitor Wall Chargerは24.99ドル! これなら未来がちょっと変わる?…かも…。