カーテンの開閉は意外に大切。

遮光・遮熱・遮音・消臭・UVカット…と機能が非常に豊富なカーテン。そんな高機能カーテンも、必要に応じて開閉することは、健康や防犯面などで大切なことですね。でも、いつも何かと忙しくて適当に開けたり閉めたり…。では、カーテンが状況に合わせて自動で開閉してくれるとしたら? さっそくSlideをご紹介しましょう!

Slideとは?

b6eb003e2650a319f349659bd835dbaf_original

Slideとはレールやポールに取り付けることで、今まで使っていたカーテンがあっという間に自動開閉するスマートカーテンになってしまう、すぐにでも使いたい超便利デバイスなのです!

2分で取り付けOK!

カーテンの自動開閉のためのデバイス取り付け…なんてちょっと難しそう。という心配はご無用! レールの両端にSlideセットを装着すると、カーテンレール全体にモーターで動くひもが渡されることに。

そして、カーテンの内側端のランナー(カーテンをかけるレールのパーツ)からフックを外して、アダプタを取り付け、そこに再びフックを掛けます。そしてそのアダプタとひもを固定。2枚カーテンなら、反対側も同じようにセットアップしたら終了。これらすべて工具要らずの2分でOKです!

どんなことができるの?

bf5c80019b26ed044a6a302e3a2c91bb_original
09f49bab3e73fa6cb8e0c2fdfd06087c_original
31ed94ffec471f4fa5d8d0b3bb6dc0d6_original

Slideと接続されたスマートフォンの専用アプリによりできることは実に多彩です。手動開閉はもちろん、時間設定による自動開閉、日の出入りに合わせて開閉、専用アプリを入れたスマートフォンを持った家族がみんな出かけたら自動で閉まる…などなど。

もっと便利に

06b8206730222d112bab59911b31a73d_original

そしてさまざまな連携を可能にするWebサービス「IFTTT」を使えばさらにパワーアップ! 例をあげるとAmazon Echo(Alexa)と連携し、ボイスコントロールで開閉はもはや当たり前です!

ポピュラーな使い方としては、シーン別にカーテンの開閉を設定しておくことかもしれません。「ディナー」「読書」「ムービー」などのシーンボタンをタップするだけでカーテンが自動開閉!

rails1

さらに便利に使おうと思ったら…たとえば、活動量計「Fitbit」を装着しているユーザーが眠りから目覚め始めていることを検知したら、カーテンを開けて、太陽の光をいっぱいに部屋に取り入れてくれるのです。素晴らしい!

rod1

長期の家族旅行でも、きちんとカーテンの開閉があることにより、空き巣被害を最小限に抑える可能性のあるSlideはKickstarterで69ユーロ! 世界中で大反響なわけです!