360度オーシャンビューの豪華な海底住宅「H2OME」

H2OME-–-Submerged-House-by-US-Submarine-Structures2-610x457
海の中に住宅を建てるなんて、夢のような話ですよね?でも海底に建てる住宅は、海外では今までも存在していて、目新しいものではないそうです。

そんな中、今回US Submarine Structureが提案した海底住宅H2OMEは、新しい試みとして五つ星ホテル級のラグジュアリーな設備を搭載。内装は、五つ星ホテルや高級ヨットのインテリアを専門に手がけるドバイの設計事務所が担当。施主は思い通りに住宅をカスタマイズできます。

海底から海を見上げる

H2OME-–-Submerged-House-by-US-Submarine-Structures3-1
完全に浸水した2つの階で構成されていて、およそ334㎡の生活空間を提供しています。海岸からのアクセス手段としてプライベート桟橋が付いていて、海底の住居へ入るのは螺旋階段もしくは中央エレベーターで。上の階にはベッドルームが2部屋あり、天井から海を見上げるようなオーシャンビューが楽しめる他、バスルーム2つとラウンジがあります。

アクアリウムのような全面アクリルパネル

H2OME-–-Submerged-House-by-US-Submarine-Structures4
下の階は、全面アクリルパネルで、いたるところから海が見えます。バスルーム完備のマスターベッドルームと、ワインセラー付きキッチン、書斎、ラウンジ、ダイニング、オフィススペース、それにバーもある、なんとも贅沢な住宅。外部の照明と魚の餌の設備も搭載されていて、海洋生物に囲まれた生活が楽しめるそう。

建築条件は、海底10〜18m

H2OME-–-Submerged-House-by-US-Submarine-Structures7-610x486
H2OMEを建てる土地は、施主自身がセレクト、もしくは設計会社が提供、のいずれかを選択。海底約10〜18mが建築条件となり、環境としては浅い温かい海かラグーン、または山の湖が適しているのだそう。

安定性を考慮して、構造自体は海底に密着した支柱で支えられています。水や下水処理システム、電気を本土から住宅へ供給するためにアンビリカルパイプが利用されています。アクリルパネルからのオーシャンビューが損なわれないように、自動の水クリーニング装置で管理。海底ならではの必要設備も備え付けられた、豪華な住宅の気になるお値段は・・・1000万ドル!やはり夢のような話だったでしょうか?