登山の醍醐味といえば、テント泊。大自然の中で一夜を明かす…。普段味わえない、とても贅沢な時間ですよね! 今回は、山登り初心者から上級者まで、幅広いユーザーに人気のアウトドアブランド、モンベルの定番テントをご紹介します。

デザインに限らず、それぞれのテントごとに得意とする環境やスペックの違いなど、さまざまな特徴があるので、是非比較してみて下さい。比較的リーズナブルなモデルもあります。初めてのテント購入の方にも、おすすめですよ!

モンベルとは

mouqgzinc-y-cameron-kirby

モンベルは1975年に大阪市内にて創業した、歴史のある総合アウトドアブランド。“Light & Fast”、“Function is Beauty”をコンセプトに、テント、寝袋、バックパックから、ウェア、ブーツまで、さまざまなアウトドアギアを製作、販売しています。

創業者である辰野勇氏自身、国内外で精力的に活動している登山家であることも有名。

老舗メーカーならではの、長年のノウハウが活かされた製品は、クオリティが高く、数多くの登山愛好家がモンベルのギアを愛用しています。国産のアウトドアブランドの中でもトップクラスの知名度があるので、日本を代表する、屈指のアウトドアブランドと言っても過言ではないでしょう。

そんな製品のクオリティに定評あるモンベルですが、取り扱い製品は比較的安価なものが多く、購入しやすい点も魅力の1つ。

テントに関しても、海外メーカーの製品と比較すると手が出しやすい価格のものが多いので、初めてのテント購入の方にもおすすめです。そんなモンベルのテントの中から、今回はおすすめの定番テントを4点、ご紹介します。

モンベルのおすすめテント4選

モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 1型 1~2人用 1122286

314jhzsaktl

商品価格 ¥ 23,760

ムーンライトはモンベルのテントの中でも歴史が古い、クラシックな定番テントです。「モンベルのテントといえば?」と聞かれたら、このモデルを挙げる方が多いのではないでしょうか。

「月明かりの中でも設営できる」という意味が込められたムーンライトテントですが、その名前の通り、設営のしやすさが売りのモデルなので、初心者の方にもおすすめ。

他のおすすめポイントとして、本体の軽量さや、優れた通気性ゆえに雨の多い日本の気候でも高い防水性も発揮してくれる点が挙げられます。お値段がなかなかお手頃なのも嬉しいですね。

通気性が高いモデルなので、特に暖かい季節に活躍してくれます。春先のハイキングや登山におすすめです。

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型 1人用 1122475

31pi-9fylrl

商品価格 ¥ 35,180

雨や降雪時など、過酷な環境に対応した剛性が高いモンベルのテント。堅牢さを持ちながらもかなりの軽さを実現しており、その使いやすさから多くの登山家に愛されている定番のモデルです。独自のオートセットアップ・スリープエンドによって素早い設営も可能。バランスのとれた、オーソドックスに使えるモデルと言えるでしょう。

オプション(別売り)も充実しており、フライシートやグラウンドシート、ロフトなどが併せて購入できます。状況に合わせて併用することで、あらゆる状況に対応できるのも魅力ですね。ムーンライトと比較すると、より山岳での使用に特化したモデルです。

モンベル(mont-bell) X-TREK マイティドーム 1型 1122470

41g1upirrul

商品価格 ¥ 55,900

モンベルのテントの中でもトップクラスの軽さを誇るテント。シングルウォール構造を採用しており、軽量さ・コンパクトさが大きな特徴。1人用の1型のペグや張り縄を含む総重量が約1.34kgと、圧倒的な軽さを実現した高スペックなテントです。

特に、荷物を軽くしたいシーンで活躍してくれます。山岳用としてだけではなく、携帯できる荷物が制限される自転車ツーリングやカヤックにも相性がいいですよ。弱点として、シングルウォール構造は結露に弱い傾向があるので、気になる方は外張り(カバー)を併用するなど状況に応じた工夫が必要かもしれません。

モンベル(mont-bell) ジュピタードーム 2型 1~2人用 1122236

41nub7fi-0l

商品価格 ¥ 57,394

軽量なマイティドームとは反対に、こちらのモデルは今回ご紹介したラインナップの中でも最も重い、積雪期での利用を想定したモデル。1〜2人用の2型でも総重量約2.77kgとなかなかの重量。携帯する際は少し気合が要るかもしれません。

強風に強く、悪天候下でも設営がしやすいようにデザインされています。火を防ぐ難燃加工や目を引く2色使いのカラーリングが特徴です。また、ワンタッチ操作で本体とポールの接続を可能にするツイストグリップフックが採用されており、モンベルの長年のノウハウが感じられますね。

積雪期向けテントという性質上、使用の場面は限られますが、厳冬期の登山のような特に過酷な環境で頼りになるのは間違いないでしょう。冬の厳しい登山のお供にかなりおすすめです! なお、別売りオプションのレインフライで、無雪期にも対応します。