SFチックなだけじゃない!

カフェのテーブルの何やら赤い光を叩くだけで、打たれていくスマートフォンの文字。そう、プロジェクションキーボード(投影型キーボード)です。何だかSFチックで、あこがれる人も多いのでは? ではキーボードだけでなく、ピアノにもモバイルバッテリーにもなるiKeyboはいかがでしょうか? さっそくご紹介しましょう!

世界初!

c8377e8eab10c53efd3bb76a41a05794_original
ikeybo_02
ikeybo_11

開発チームによると、iKeyboはマルチリンガル対応(英語、中国語、スペイン語、アラビア語)で、キーボードやバーチャルピアノ、モバイルバッテリーにもなる世界初のレーザープロジェクションデバイスなのです!

キーボードが打ちやすい

ikeybo_03
63226c406e00c3f2ccbb8665f077782f_original

レーザープロジェクションキーボードのキーは正方形で、間隔が狭いことが多いのに比べて、iKeyboは余裕を持たせた丸形のキーでのレイアウトを採用。ミスタイプを減らすことができるとのことです。

ikeybo_12

しかもiKeyboはスマートフォンスタンドにもなっているので、載せて使うスタイルは超便利! 前方を見てキーボードを打てるので、ライブ配信しながらのチャットにもピッタリです!

バーチャルピアノにも!

ikeybo_05
ikeybo_06

iKeyboの大きな特徴はバーチャルピアノとしての使い方。専用アプリでピアノはもちろんのこと、(ピアノの)キーボードでギターやベース、ドラムまで鳴らすことが可能。これは楽しい!

ikeybo_10
ikeybo_app
ikeybo_07

2000mAhのバッテリーにより10時間の連続使用が可能で、モバイルバッテリーとして給電もできるiKeyboはKickstarterで89ドル! これならどこでもクリエイティブになれるかも!