おうちで視力検査!

処方箋があれば通信販売でも購入できるコンタクトレンズやメガネ。でもそのうち、度数が合わなくなってきたかも… と思うことも。そんな時、家で視力検査ができたらいいですね。そこで登場したのが処方箋と同等の検査数値が分かる EyeQue です! さっそくご紹介しましょう!

処方箋なみ

Office desk with laptop and eyeglass

EyeQue はスマートフォンと専用アプリ、そして専用レンズ「ミニスコープ」で左右の視力検査が簡単にできるテストキット。開発チームによると、処方箋なみの項目で、正確に視力検査ができるとのこと!

検査方法は?

f84257d2a244bf081291c185537710a9_original
09838e307625cd2a3f176918b55f2772_original

まず専用アプリで EyeQue のクラウドにログイン、スタートしたら「ミニスコープ」をディスプレイの所定の位置に装着します。次にアイピースからスマートフォンのディスプレイをのぞき込みましょう。

29e356120e7336ce6c87372cf60575f5_original

すると緑と赤のバーが見えるので、画面の「+」「-」ボタンでふたつのバーを重ね合わせ、1本の黄色のバーになるように調節。それができたら、ひとつ目の検査終了です。

fb0b6337fcae09b72870f4bb22ce6abb_original
b211a15204aec0e5d3721ca5be325f06_original

そして「ミニスコープ」のダイヤルを回して、9番目の検査まで進み、終ったら反対の目に移りましょう。両目の検査にかかる時間は約5分間とのことなので、気軽に始められますね。

どれくらい正確なの?

306f283f02722d98be97ef1297cbc73e_original

ひと通りの検査が終了するとテストポイントがもらえるシステムで、100ポイント貯めるとメガネを作れるフォーマット「アイグラス・ナンバー」が発行されることに。

163a139b9f2f0e84f41522b8cbefdede_original

検査を繰り返し、EyeQue のクラウドシステムにより分析、数値を評価。導き出された視力検査結果は、眼科などで使われる機器による検査とくらべて同等の正確さを実現しているとのこと。

もちろん、処方箋なみの視力検査を家で実施できるとしても、定期的な眼科検診は必須です。病気や異常などをいち早く見つけて、大切な目をガッチリ守りましょう!

6fdd0f89e4b763fd9e21a30727417325_original

クラウドのダッシュボード画面で、蓄積された視力検査情報が一目瞭然の EyeQue は Kickstarter で18ドル! 自宅で正確な視力検査の新習慣、始めませんか?