アウトドアだからこそ、美味しいコーヒーが飲みたいという願望ってありますよね。最近は定番のパーコレーターに加えて、ステンレス製のコーヒードリッパーも普及してきました。

しかし、いくらコーヒーを淹れる道具を工夫しても、美味しい挽き立ての豆がなければ、できあがりに期待はできません。そこで、今回はキャンプで役立つ、アウトドア派におすすめのコーヒーミルをご紹介します。

ぜひ、お気に入りのコーヒーミルを見つけて、充実したアウトドアライフを楽しんでください!

アウトドアに最適なコーヒーミルとは

3d1f5efaf8295d1fa84b2e2110ef66fd_s

コーヒーミルに要求される性能の第一は豆を均一に挽けること、第二は微粉が出にくいことです。豆とお湯の量の間には厳密な比率があり、豆の細かさが一定でないと味が変わってしまいます。また、微粉が多くなると雑味が出てしまいます。

この条件を満たす理想的なコーヒーミルは業務用のカッタータイプですが、大型で持ち運びは難しいですよね。キャンプでの使用となると、歯車を回す臼歯式か電動のブレードタイプがベター。

基本性能ということであれば、臼歯式が有利です。さらに、アウトドア用としては壊れにくいことやコンパクトさも要求されます。そのため、キャンプで使用するコーヒーミルの第一候補は、セラミック製の臼歯を使用した手動式のコーヒーミルです。

一方、大人数でのオートキャンプでは、電動式が欲しくなるでしょう。残念ながら充電式のものは出ていないので、インバーターか発電機が使えることが使用の条件です。

均一に挽けること、微粉が出にくいことを考えると臼歯式がおすすめですが、構造上どうしても大きくなってしまいます。パーコレーターで使う中粗挽きを前提とするならば、小型のブレード式もおすすめです。

人気のコーヒーミルメーカー

ポーレックス

top_1

By: porlex.co.jp

コーヒーミルと言えば引き出しのついた箱状で、机に置いて上部のハンドルを回転させて挽くというイメージがあります。この常識を完全に覆したのがポーレックスのハンドミルです。

シリンダー状のシンプルな外観は美しく、ステンレスの外観もデザインとして完成されています。唯一の弱点としては、豆の粒度を変えるための調節つまみを回す時に手が汚れるということくらいです。しかし、これは同じタイプのミルの共通の問題です。

また、調節つまみにはクリックがついているので、慣れてくればあまり調整の必要もなく、それほど不便には感じません。

ハリオ

41ygkdxqzal

By: amazon.co.jp

コーヒー関連器具の総合メーカーであるハリオからもコーヒーミルが出ています。さすが専門メーカーだけあって、クラシックな引き出しタイプのコーヒーミルも生産していますが、臼歯はすべてセラミック式。機能的には最新です。

アウトドア用としては、ポーレックスと同じシリンダータイプで細身の「スリム」と、少し太めの「ドーム」がでています。ドームの方は、豆の粒度を調節するつまみがハンドルのところについくるので、挽き方を微調整する方には便利ですね。

アウトドアにおすすめの手動コーヒーミル

アウトドアの場合、少々不便なくらいの素朴な道具を使うのが醍醐味かもしれません。レギュラーコーヒーと言えば、ドリップ式やエスプレッソが主流の今日でも、アウトドアではパーコレーターが愛用されています。

コーヒーミルについても、手動でガリガリ挽くのが楽しみという方も多いですよね。臼歯式なので微粉。加えて、セラミック製の臼歯を使用したモデルなら、小型の電動ミルよりも手動式の方がミルの性能としても望ましいのです。

少人数分しか挽かないのであれば、やはりキャンプには手動式のコーヒーミルがおすすめです。

ポーレックス(PORLEX) コーヒーミル 手挽きコーヒーミル セラミック

319sf0rhvpl

商品価格 ¥ 4,790

ポーレックスの代表モデル。直径4.9cmと女性でも握りやすいサイズ。高さも23cmとコンパクトな設計でアウトドアにおすすめです。約30g(3人分)までの豆を挽けます。臼歯はセラミック製で、グラインド時に余計な熱が豆に加わりません。

また、金属臭もしないので、コーヒー本来の香りを楽しめます。粒度調節機能が付いており、細挽きから粗挽きまで幅広い粒度で挽け、微粉もほとんどでません。パーコレーターやネルドリップ用の中粗挽き、ペーパードリップ用の細挽きまで対応できます。

ポーレックス(PORLEX) コーヒーミル 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ

31m4odvsgl

商品価格 ¥ 4,790

こちらはポーレックスの手挽きコーヒーミルのミニタイプです。通常サイズとの違いは、シリコン製のハンドルホルダーがついていて、ハンドルを差し込んで収納できることと、高さが17cmと短いことです。

容量は20gで、約2人分の豆を一度に挽けます。このハンドルホルダーは滑り止めにもなります。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル ドーム MCD-2

31fvndeyykl

商品価格 ¥ 2,460

コーヒー関連器具の総合メーカー「ハリオ」の、セラミック製臼歯を採用した手挽きコーヒーミル。本体の中央がくぼんでいて握りやすい形状になっています。真ん中を握って机に押しつければ安定します。

粒度調整ねじがハンドルの下についており、いちいち本体を分解しなくても調整できるのは便利です。容量は35gとポーレックスよりも少し大きなサイズ。ただし、本体は木製なので水洗いはできません。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル スリム MSS-1TB

31fwksubifl

商品価格 ¥ 2,250

ハリオ製の小型セラミックコーヒーミル。ミニサイズですが、基本性能は本格派。好みの粒度で24gまでの豆を挽けます。ボトルには目盛りがあり、豆の量が一目でわかる親切な設計。ハンドルは本体にひっかけて収納できます。

アウトドアにおすすめの電動コーヒーミル

オートキャンプで、荷物に制限があまりなく、インバーターでAC電源が確保でき、大人数用の豆を挽きたい時には電動ミルが便利です。しかし、小型の電動ミルはブレードタイプになってしまうので、細かく挽こうとすると微粉が発生してしまいます。

パーコレーター、ネルドリップなどで淹れることを前提に使用するのが無難でしょう。ブレードタイプの電動ミルを使うコツは、あまり多くの豆を一度に挽こうとしないことです。何回かに分けて攪拌しながら挽くと均一になり、微粉も出にくくなります。

それでも、中粗挽きよりも細かくしようとすると微粉が多くなるだけでなく、熱が発生して風味を損なうので注意が必要です。

メリタ(Melitta) コーヒーミル セレクトグラインド MJ-518

3197xrqy3l

商品価格 ¥ 3,300

ブレード式の電動ミルの中では評判のいい機種。コンパクトで持ち運びに便利です。豆を入れてスイッチを押すだけの簡単動作。豆の状態を見ながら挽く時間で粒度を調整します。

容量は70gですが、均一さを確保するためにも、大量の豆を挽く場合は何度かに分けた方がよいでしょう。

メリタ(Melitta) パーフェクトタッチⅡ CG-5B

41ohm3babfl

商品価格 ¥ 3,809

臼歯式の電動コーヒーミル。ミル歯はセラミックではなく鋼製で、100gまでの豆を挽けます。細引きから粗挽きまで4段階に調整可能。臼歯式で微粉が出にくく、均質に挽けるのでパーコレーターからペーパードリップまで対応できます。

一度に多くの豆を挽けるのも電動ならでは。大勢のキャンプでの使用におすすめです。