満天の星空を写真で残してみたいけれど星空を撮影するには、高機能な一眼レフが必要で敷居が高いと感じていませんか? 最近のカメラの性能は驚くほど飛躍しているので、コンデジでも星空を撮影するのに必要な性能を満たしていれば意外と簡単に撮影できます。

今回は星空撮影におすすめのコンテジをご紹介します。

星空撮影におすすめのコンデジ

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III DSC-RX100M3

41ichxyqwll

商品価格 ¥ 76,900

主要操作部にはメタル素材を使用した高品位なアルミボディ、高級感あるシンプルなフォルムのコンデジです。24-70mm、F1.8-2.8の明るい大口径レンズと、大型1.0型のCMOSセンサを搭載しています。

ISO感度は上限125-下限12800と星空を撮影するに必要な高感度性能は十分に満たしています。また、高感度撮影時において効果的にノイズを抑える「エリア分割ノイズリダクション」機能も搭載されていて、星空をくっきりと撮影できますよ! コンデジながら一眼レフの性能を持つおすすめのカメラです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス DMC-LX100-K

41ybv8ca7el

商品価格 ¥ 59,300

外見はクラシックな装いですが、中身は高機能テクノロジがつまったコンデジです。大型4/3型 高感度MOSセンサ、レンズはF1.7-2.8のLEICAレンズを搭載しています。バルブ撮影が可能なのがこのコンデジの特徴で、最大120秒行うことができます。この機能は花火撮影にも使えますよ!

スマートフォン経由でカメラを操作することができるので、コンデジ本体のシャッターボタンに触れることによる手振れを防ぐことができ、クリアな星空を撮影できます。

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX P900BK

41vvmsee7rl

商品価格 ¥ 57,870

一見すると一眼レフのような外見ですが、一眼レフやミラーレス機とは異なりレンズ交換を行うことはできません。星雲や星団の撮影はちょっと難しいけれど、星座ならカメラおまかせのタイムラプス動画撮影、月は初心者でも簡単撮影可能な「月モード」できれいに写真を撮ることができますよ!

もちろんテクニックを駆使したマニュアル撮影でもOK! 木星や土星などの近距離惑星なら搭載されている超望遠ズームを使えば天体望遠鏡を使わなくても撮影を楽しむことができます。有効画素数は1605万画素、光学83倍ズーム、ISO最高感度は6400とコンテジとしてはハイスペックな機能のカメラです。

camera-06

By: imaging.nikon.com

By: imaging.nikon.com

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P610BK

41jh1sldpdl

商品価格 ¥ 45,000

COOLPIX P900の下位機種にあたりますが、天体望遠鏡並みの望遠レンズ性能を持っているコンデジ。光学60倍でデジタルズームをプラスすると120倍のズーム性能です。「月モード」できれいに写真を撮ることができますい、タイムラプス設定を使えば星の軌跡を撮影できます。サイズはコンテジならではのコンパクト設計。

有効画素数は1605万画素、ISOは最高6400。NFC機能も搭載されているので、NFC対応のスマートフォンを使えば簡単に撮影した写真のスマートフォンへの転送も可能です。難しい設定無しに星空撮影をお手軽に始めたい人におすすめのコンデジです。

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot PSG7X MarkII

51e0rl4jdkl

商品価格 ¥ 66,757

星空を撮影する専用の「星空モード」が搭載されています。星空と夜景を適切な露出で仕上げる「星空夜景モード」。星空を連続撮影することで星の軌跡を撮影可能な「星空軌跡モード」。星空に人物を入れて美しく撮影することができる「星空ポートレートモード」。星空を設定した間隔と時間で撮影することが可能な「星空タイムラプス動画モード」の4モード。

有効画素数は約2,010万画素、1.0型CMOSセンサ搭載、開放F値はF1.8-F2.8というスペック、星空撮影の他、多彩な表現で撮影することができるおすすめのコンテジです。

starnight

By: cweb.canon.jp

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot PSS120

41ktpepquvl

商品価格 ¥ 91,000

複雑な設定をすることなく、星空を撮影することができる「星空撮影モード」は全3種類。星空と夜景を撮影する「星空夜景モード」は、星の光の量を調整し夜景と一緒にきれいに見せることができます。また、星の動いた軌跡を撮る「星空軌跡モード」では、一枚の写真で星が動いた軌跡を記録可能。また、星の動きを撮る「星空インターバル動画」も搭載されています。

選択した時間で静止画を連続撮影し、それらをつなぎ合わせて動画を作成することが可能です。有効画素数は1210万画素、開放F値はF1.8、1/1.7型CMOSセンサーを搭載し、高感度もISO80-12800に対応しています。簡単操作で星空撮影を気軽にチャレンジできるおすすめのコンデジです。

星空撮影に向いているコンデジって?

星空の撮影をコンテジでやってみたいのだけれど、どういった点に注目すればよいのかについて、星空撮影に必要なコンデジの性能をまとめてみました。

高感度に強いカメラを選ぶ

pexels-photo-111220

最近のカメラは高感度性能が向上されています。ISO感度は3200以上がおすすめですが、1600程度でも多少暗くなるものの星空を撮影することは可能です。また、イメージセンサーのサイズも重要です。出来るだけ大きなセンサーサイズが搭載されているコンデジを選びましょう。

マニュアル露出ができるカメラを選ぶ

sky-night-space-galaxy

星の光は非常に弱く、自動露出(AE)ではわずかな変化で露出が変わってしまうことがありますのでうまく撮影することができないことが多いです。一方、マニュアル露出は絞りやシャッター速度を自分でコントロールすることができるので、星を撮影する場合はおすすめです。

シャッタースピードを長くすることで多くの光を取り入れることができるシャッタースピードは15秒~30秒程度、絞り(数値が小さければ多くの光を取り入れることが可能)はF4.0程度の設定ができることが目安となります。

レンズで選ぶ

stocksnap_424yhtzk00

空一面のダイナミックな星空を撮影するために、広角で明るいレンズが搭載されているコンテジを選びましょう。35mm換算で20mm程度のレンズがおすすめですよ!

その他、手振れ防止のために三脚は必須です。また、電池の充電もしっかりしておきましょう。昼間に撮影するよりも夜間に撮影する方が電力を消費するので、撮影前には電池の残量を確認しておくことが必要ですよ!