スマートフォンよりもきれいな写真が撮れて、サイズもコンパクトで、持ち運びやすいミラーレス一眼。その使いやすさと馴染みやすさから、さまざまな年齢層の方に好まれています。今回は、ミラーレス一眼で撮影できる写真の幅を広げてくれる、おすすめのレンズをメーカー別にご紹介します。

自分の使っているメーカーのミラーレス一眼で、もっと素敵な写真が撮れたら…と思いませんか? 広角レンズや望遠レンズ、単焦点レンズまでご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
キヤノン

キヤノン(Canon) 標準ズームレンズ EF-M18-55mm F3.5-5.6IS STM EF-M18-55ISSTM

商品価格 ¥ 12,000

広角から標準域までカバーできる標準ズームレンズ。動画撮影時にも、なめらかで速いAFができるステッピングモーター機能とフォーカス機構を搭載しています。

フルタイムマニュアルフォーカス機構も搭載。フォーカスリングの回転だけで、ワンショットAFの後でも簡単にマニュアルフォーカスができます。価格もお手頃なので、キヤノンのミラーレス一眼を買った際の最初のレンズとしておすすめです。

キヤノン(Canon) 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM EF-M222STM

商品価格 ¥ 19,800

重量約105g、厚さ23.7mmのコンパクトさが特徴の単焦点広角レンズ。持ち運びでも邪魔にならず、レンズを複数持ち歩くときに便利です。絞りを開放したときのF値が2.0と小さいため、暗い場所での撮影や、夕暮れ時の撮影にもおすすめです。

背景がぼけやすいのもメリットで、7枚羽根の円形絞りによって、丸くきれいなぼけ方をしてくれます。フローティングフォーカスによって、マクロ的な表現も可能です。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
ニコン

ニコン(Nikon) 高倍率ズームレンズ 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6 1NVR10-100BK

商品価格 ¥ 58,800

広角から望遠まであらゆる写真表現を楽しめる高倍率ズームレンズ。広角側では壮大な印象の写真が、望遠側では特定の被写体を切り抜き、細かい部分まで表現された写真が、それぞれ撮影できます。

このレンズを1つ持っていれば、ズームの使い分けができるため、他のレンズがなくても困ることはありません。高倍率ズームできるレンズとしては、非常に小さく、カメラを持ち運びする際にもおすすめです。カラーは3色あり、ボディに合わせてお好みで選べます。

ニコン(Nikon) 超広角ズームレンズ 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6 JVA706DA

商品価格 ¥ 54,060

手ぶれ補正機能搭載の超広角ズームレンズ。広範囲を画角に収め、手前の被写体と奥の被写体が写りこむことで、遠近感が表現できます。EDレンズと非球面レンズが採用されており、あらゆる焦点距離に対応したズーム全域で立体感のある写真となります。

レンズ重量は約125gだけで、サイズもコンパクトなため、持ち運ぶ際にも便利です。風景を撮ることが好きな方や、迫力のある写真を撮りたい方におすすめ。

ニコン(Nikon) 超望遠ズームレンズ1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6 1NVR70-300

商品価格 ¥ 99,800

35mm判換算で最大810mm相当までカバーできる超望遠ズーム。強力な引き寄せ効果や圧縮効果があり、遠くからでも動物をピンポイントで捉えた、迫力ある写真を撮ることが可能です。被写界深度も浅いので、背景をぼかして被写体を際立たせたりもできます。

レンズ交換の必要がなく、望遠から超望遠まで撮影可能。飛行機のような、すぐに被写体との距離が変わるような場合でも、レンズ1つで対応できておすすめです。

ニコン(Nikon) 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 JVA102DA

商品価格 ¥ 16,500

開放F値1.8で被写体を明るく撮れる単焦点レンズ。開放で撮った際には、背景が自然なぼけ方をするため、被写体がきれいに際立ってくれます。高速AFにも対応していて、高速連写でも活躍。

コンパクトさに加えて、さまざまな場面で使えるからこそ、持ち運びの際にぜひ2つ目のレンズとして持っておきたいところです。動かない被写体に対しての汎用性は特に高く、ミラーレス一眼を使うのがより楽しくなりますよ。

ズームレンズでは味わえない、ミラーレス一眼の写真の可能性を引き出してくれるおすすめレンズです。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
富士フイルム

富士フイルム(FUJIFILM) 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR

商品価格 ¥ 111,063

Xマウントで、高い描写性を誇る単焦点広角レンズ。F値は1.4と非常に明るく、夜間や暗い場所での撮影で大活躍するため、おすすめです。最短15cmで接写でき、大きい被写体を捉えながら、背景も大きく取り入れたダイナミックな写真が撮れます。

防塵・防滴・耐低温の構造になっていて、レンズがタフ。その一方で、コンパクトさも持ち合わせており、ミラーレス一眼で旅行をする際に持ち運べておすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

商品価格 ¥ 91,314

F値がなんと1.2で、非常に明るく撮影できる単焦点中望遠レンズ。大口径である点を活かし、背景をきれいにぼかせます。中望遠レンズなので、ポートレートを撮影するのにおすすめ。ナチュラルで繊細な写真を撮影可能です。

絞りを開放したときでも、高い解像度を実現していて、ミラーレス一眼のレンズの中でも特にレベルの高い中望遠レンズ。

富士フイルム(FUJIFILM) 超望遠ズームレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR P10NL00290A/16501109

商品価格 ¥ 211,167

35mm判換算で、最大約609mm相当の焦点距離をカバーできる超望遠ズームレンズ。14群21枚の高性能レンズによって、色収差を軽減していて、常に高画質を実現します。手ぶれ補正のレベルも高く、望遠や超望遠での撮影でも安定したフレーミングが期待できますよ。

AFにはリニアモーターを採用。高速AFを実現していて、動物をはじめとした動きのある被写体を撮影するのにおすすめ。また、AFが静かなのもメリットで、音を立ててはいけない演劇会のような場面でも活躍するレンズです。

富士フイルム(FUJIFILM) 望遠ズームレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 16443060

商品価格 ¥ 154,674

ズーム全域で開放F値2.8を誇る望遠ズームレンズ。16群23枚のレンズ構成が採用されていて、ズームレンズの中でも屈指の、高画質な写真を撮影できます。ナノGIコーティング技術も採用されていて、従来のレンズと比較して、ゴーストやフレアを抑える技術の高さが際立ちます。

精度の高い高速AFを実現したトリプル・リニア・モーターを搭載していて、使いやすい点もおすすめです。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
オリンパス

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 レンズ ED 12-50mm M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZ BLK EZ-M1250

商品価格 ¥ 13,326

一定速度で、安定したズーミングができる電動式ズーム機構搭載の標準ズームレンズ。風景もポートレートもこのレンズで高画質に撮影できます。インナーズームを採用しているため、レンズの長さが変わらず、バランスをずっと保って撮影できるのも特徴。

もちろん手動ズームも可能なので、微妙な焦点距離の調整をしたいなど、写真にこだわりのある方でも安心して使えます。新MSC機構によって、高速かつ静音でAFできるのもおすすめポイント。

オリンパス(OLYMPUS) マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

商品価格 ¥ 136,080

高画質・高倍率・小型化をすべて備えた高倍率ズームレンズ。5軸シンクロ手ぶれ補正が備わっていて、なんと補正効果は世界最強の6.5段です。ズーム全域でF4.0もあり、ズーム倍率に左右されないF値の設定が可能です。

通常レンズ2本でカバーする領域を、この1本でカバーしている上、レンズ重量はたった561g。持ち運びで大変便利なので、女性の方でも抵抗なく使えます。そのため、カメラ好きな女性の方へのプレゼントにもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 ED 12mm F2.0 BLK

商品価格 ¥ 70,569

大口径F2.0を誇る、単焦点広角レンズ。夕暮れ時や暗い場所で活躍するのはもちろん、ボディー内手ぶれ補正のおかげで三脚なしでも手軽にワイドな写真を撮影できます。また、スナップショットフォーカス機構も搭載。フォーカスリングを操作することで、指定の距離にフォーカス位置が移動する機能もあります。

先進の反射防止コーティング搭載なので、低反射を維持し、見たままの景色を描写してくれますよ。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) 標準単焦点レンズ 01 STANDARD PRIME 22067

商品価格 ¥ 12,195

人の自然な視野に近い感覚で撮影できる単焦点レンズ。開放F値は1.9と明るく、光学系に高性能非球面レンズを2枚採用していて高解像度でありながら、価格がお手頃なのはおすすめポイントです。ほとんど見たままの画角を撮れるのも魅力的。

レンズのカラーは5色あり、自分のミラーレス一眼に合わせて色を合わせられるのも嬉しいですね。

ペンタックス(PENTAX) 魚眼単焦点レンズ 03 FISH-EYE 22087

商品価格 ¥ 6,362

ペンタックスらしい、遊び心をくすぐる魚眼単焦点レンズ。ミラーレス一眼では、魚眼レンズのようなユニークなレンズの種類は一眼レフより少ないので、個性のある写真を撮りたい方におすすめです。遠近感の感じられる立体的な写真表現が特徴的です。

焦点距離3.2mm(35mm換算でも16.5mm)の超広角である点も活かせます。肉眼では味わえない魚眼の世界を写真に収められる、個性派レンズです。

ミラーレス一眼におすすめのレンズ
ソニー

ソニー(SONY) 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200 LE

商品価格 ¥ 74,180

35mm判換算で、27mmから300mm相当まで幅広くカバーできる高倍率ズームレンズ。この1本で、どんな場面でも大抵カバーできますよ。汎用性の高さは抜群ですね。光学式手ブレ補正機能が内蔵されていて、使いやすさがさらに増している点もおすすめポイント。

動画撮影でも使い勝手がよく、絞り駆動や、手ぶれ補正効果を向上させるアクティブモードも搭載されています。

ソニー(SONY) 単焦点レンズ Sonnar T* 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

商品価格 ¥ 79,880

開放F値1.8の、明るい大口径の広角単焦点レンズ。最短撮影距離はわずか16cmで、高い近接撮影能力も備えているため、背景をぼかしながら被写体を迫力ある印象に仕上げられます。高速AFを実現し、スムーズかつ静音で撮影できるのもおすすめポイント。

高速AFの良さは動画撮影でも活きるので、使い勝手がいいレンズと言えますね。

ミラーレス一眼レンズの選び方

一眼レフのレンズは使えるのか

基本的には、一眼レフのレンズが全く使えないというケースはありません。しかし、現在販売されているほとんどのミラーレス一眼は、一眼レフのレンズとマウントの規格が異なります。そのため、各メーカーごとの専用アダプターを追加で用意する必要があります。

もともとミラーレス一眼のメリットの1つであるコンパクトさが、一眼レフのレンズを使うことによって失われてしまいます。機種にもよりますが、たいていの場合使用した一眼レフのレンズの機能がフルに活かされなくなります。

そのため、一眼レフのレンズは使えることはあっても、あまりおすすめはできません。

ミラーレス一眼のレンズを選ぶ際の注意点


選ぶ際に確認すべき点は、ずばりマウント。マウントはレンズを付ける際の規格であり、基本的にはメーカーごとに異なっていて、ミラーレス一眼か一眼レフかによっても異なる場合も多々あります。

シグマのように、同じレンズをマウントのみ変えて販売するメーカーもあるため、一概にメーカーの純正品でないと使えないとは言えません。自分の使用しているミラーレス一眼が、どのマウントなのか確認してからレンズを購入しましょう。

焦点距離で選ぶ

By: imgsv.nikon-image.com

撮影する被写体によって、焦点距離は変化します。景色をはじめ、広範囲を撮影したいときには、広角レンズがおすすめ。迫力のある写真や背景をぼかしたい写真を撮影できます。一方、ポートレート撮影をきれいに写したい方は中望遠レンズがおすすめです。

広角では小さく写るし、望遠ではアップで写りすぎるという際におすすめなのが中望遠レンズ。ポートレートの他にも、花や小物の撮影をするときにも活躍します。

遠くから被写体を撮影するときに使うのが望遠・超望遠レンズ。動物を撮りたい、星空を撮りたい、飛行機を撮りたいなど、明確に使う目的がないとなかなか使う場面は少ないですが、とっさに望遠を使うこともあるので、ズームレンズでは望遠域をカバーできていると特におすすめです。

前述したように明確に望遠域を使いたい方には、ぜひ望遠レンズを購入することをおすすめします。

レンズの明るさで選ぶ


同じ被写体を、同じ焦点距離とシャッタースピードで撮影しても、写真の明るさや背景のぼけ方が異なるケースがあります。この要因となるのがF値です。明るい写真を撮影したい場合にはF値を小さくした方が、他の条件が同じ場合には明るく撮れます。

また、この場合には背景がきれいにぼけた写真になるため、被写体が強調されます。開放F値はそのレンズで設定できる一番小さいF値。明るく撮影したい方や、背景がきれいにぼけた写真を撮影したい方は、これが小さいレンズを購入することをおすすめします。

単焦点レンズではズームができません。その代わりに、開放F値が小さく、1つ自分好みの単焦点レンズがあることで、ミラーレス一眼で撮影した際の写真の幅が広がりますよ。