さまざまなサウンドシステムが世の中に出回っていますが、音にこだわりを持つ人にとってサンプリングレートの壁は非常に大きなものでした。しかし、ハイレゾの登場などにより、状況は大きく変化。最近ではオンボードのサウンドカードでも音質が急速に向上してきています。

もちろんオンボードのサウンドカードでも十分という人もいますが、中にはそれだけでは満足しない人もいます。特に音がスコアに直結するFPSなどのゲームをプレイする人や楽器そのものが持つサウンドを聞くクラシック音楽などを楽しむのであれば、PCでの音の環境にこだわりを持っている人は少なくありません。

シーンに合ったサウンドをPCでも出す環境を作れれば、これまで以上に音を楽しむ機会も増えるでしょう。そこで、今回はおすすめのサウンドカードについてご紹介します。

サウンドカードとは

41cnz8xjjwl

By: amazon

そもそもサウンドカードは、PCから出力する音の電気信号をスピーカーに出せる音に変換するパーツのこと。もともとマザーボードに搭載されている、いわゆるオンボードのパーツでした。しかし、配線経路の問題などもあり、オンボードの音質は非常に悪く、サウンドカードを搭載してなんとか通常の音質レベルにしていた歴史があります。

その後インテルが高音質のサウンドカードをオンボード化した規格を登場させたことで、サウンドカードを個別に取り付けることなく、ノイズが少ない音源を聴くことが可能になりました。また、2005年以降はさらなる高音質化とともにオンボードのサウンドカードでも複数の出力を持つようになり、スピーカーの用途に合わせて接続すれば立体的な音響を楽しめるようになりました。

時代の流れとともに変化してきたパーツですが、基本的には機能は変わりません。PCで処理された音の電気信号を出力するパーツ。それが、サウンドカードなのです。

サウンドカードって効果あるの?

41oj1muzuel

By: amazon

オンボードのサウンドカードだけで十分高音質じゃないのか、という疑問を持つ方もいるはず。事実、サウンドカードを搭載しているメーカー製のPCを見かける機会はほどんどありません。

小さい音や出力の小さいスピーカーで聞いていれば、ノイズはそれほど気になりません。しかし、出力を大きくしていくごとにノイズも一緒に増幅されるため、一度気になるとノイズの方に気を取られてしまい、音そのものを楽しむことは難しくなってくるでしょう。

特にクラシック音楽PCを使って音楽をクリアな状態で聞くのであれば、サウンドの回路がノイズの影響を受けない対策が必要です。ノイズの少ないサウンドでゲームや音楽を楽しむ人には非常に効果を発揮してくれます。

オンボードのサウンドカードでノイズが出るワケ

4fc4a13e8cc43fdd30eb69a9ee7e8150_s

なぜ、オンボードのサウンドにノイズが出てしまうのか。その理由は、電気信号と音の関係にあります。PC内部ではほぼすべての処理が電気信号によって行われています。しかし、それらを駆動させるためには、電源も欠かせません。

電源回路と他の電気信号回路とでは、電圧・電流に違いがあり、電気信号よりも非常に高い電気が流れています。これが音の電気信号にも影響を与え、ノイズとして出てくるのです。マザーボードの中では、ある程度分離されているものの、それでもこうしたノイズの影響を完全に防ぐのは、不可能と言っても過言ではありません。

ノイズの少ないサウンドを聞くためには、サウンドカードとして専用に機能を分離することで、電源と音をキレイにし、スピーカーから出力できるようにしてあげることがポイントです。

PCのタイプでサウンドカードは選べる

サウンドカードは基本的にPC内部に取り付けるのが基本だと思っている人も多いはず。ケースのフタを開けてしまえば、メーカーの保証対象外となってしまうため、PCの音質に不満があっても、わざわざ後付けでサウンドカードをつけるという人はあまりいません。

これが、サウンドカードがあまり認知されていない理由にもなっています。

しかし実際は、PC内部に取り付ける規格以外にもサウンドカードがあります。

一般的にイメージされるサウンドカード

41cnz8xjjwl

By: amazon

一般的にサウンドカードとして知られているのは、PCIもしくはPCI Expressの端子でマザーボードに挿して使うタイプ。PC内部に組み込むため、外部でスペースを取ることもないので、非常に使い勝手がいいパーツです。一方で、マザーボードに差し込む際には、端子を折らないように注意しなければなりませんし、マザーボードとの相性次第では、うまく動かないということもあるので、使用する際には事前に確認が必要です。

ハイレゾレベルの高音質がUSB経由で可能に

41hxepgu-nl

By: amazon

メーカー製のPCでは、サウンドカードを後から搭載するのは、スペース的に難しいもの。加えて、保証期間内であれば、保証が切れてしまうリスクもあります。そんな人でも高音質を手に入れられる手段が、USBを使ったサウンドカードの接続です。

CD音源を超えるサンプリングレートの音源ではUSB-DACという規格の製品を使えば、低スペックのPCでも、高音質のサウンドを手に入れられるのが大きな特徴。USB経由なので、サウンドカードをPC内部に組み込む作業が必要なく、手軽に高音質の立体音響を手に入れられる手段として脚光を浴び始めています。

関連シリーズのヘッドホンやヘッドセットと併用すれば、スピーカーを用意することなく、高音質のサウンドを体感できるのも、USB-DACの大きな特徴。USB-DACの製品はポータブルなものが多く、場所に依存せずに高音質のサウンドが作り出せます。中には、プレイヤーとして併用できる製品があったり、バーチャルサラウンドシステムを採用することで、仮想的に7.1chのサウンドに対応した製品もあります。

サウンドカードのおすすめメーカー

41punjrkudl

By: amazon

サウンドカードでオススメのメーカーはCreativeが挙げられます。自作ユーザーにも評価が高く、ハイレゾレベルの高音質を出力してくれるサウンドカードを手に入りやすい価格帯で提供してくれているメーカーとして知っている人もいるはず。オンボードの音源よりも音質が向上し、驚く人もいるほど、各製品の評価が高いのもこのメーカーの特徴です。

おすすめのサウンドカード2016

2016年までに登場している中で、オススメのサウンドカードを3つご紹介します。サウンドカードを導入したことで、ゲームのプレイ環境が劇的に変化したという人向けから、CD音源のサンプリングレートを超えるレベルの音質とはどんなものなのか、という気軽さからサウンドカードを導入する人まで幅広くカバーしました。

クリエイティブ(Creative) Blaster Z SB-Z

41y5efk-9dl

商品価格 ¥ 9,826

非常に高音質で臨場感のあるサウンドを出す5.1chサラウンドシステムを採用。出力・入力ともに24bit/196kHzのサンプリングレートを実現したPCI Expressポート対応のサウンドカードです。オンラインゲーム推奨のサウンドカードでもあり、ユーザーからの評価も高いのが特徴と言っていいでしょう。

ユーザーの中には、もっと早く購入しておけばよかったという声が上がるなど、音質面が格段に向上したことでFPSなどでもスコアアップが実現している人もいるそうです。FPSでスコアが伸び悩んでいる方であれば、ぜひおすすめしたいサウンドカードです。

オンキョー(ONKYO) SE-90PCI R2 WAVIO

51nevnuvn9l

商品価格 ¥ 7,000

日本国内で音といえばオンキョー。そんなこだわりを持つ方に、オンキョーのサウンドカードをご紹介します。こちらも5.1chのサラウンド機能と 24bit/196kHzのサンプリングレートを持つ、ハイレゾ音質を可能にしているサウンドカードです。ハイレゾを体感するサウンドカードとして購入する方も多くいます。

ただし、PCIスロット向けの端子なので最新のマザーボードに接続する際には、変換器が必要になります。アナログ・デジタルの出力に対応しているため、古めのPCでハイレゾを楽しむという方にオススメです。

クリエイティブ(Creative) Sound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FX

41bvntscsml

商品価格 ¥ 3,275

24bit/196kHzのサンプリングレートが可能で格安のサウンドカードのおすすめはコレ。4000円で購入可能ですが、その音質は値段に見合う、もしくはそれ以上という評価もあるサウンドカードです。

購入した後1年が経過した後でも高音質で音を出してくれる安定性も非常に好評。低価格帯のサウンドカードの中でも特に有能な製品と言えます。接続はPCI Expressを使用。性能面では前述のSB-Zには勝てないものの、予算が届かない人向けのサウンドカードとしておすすめです。

FPSユーザーにおすすめのサウンドカード

クリエイティブ(Creative) ハイレゾ対応 サウンドカード PCIe Sound Blaster Zx

一人称のシューティングゲームであるFPSプレイヤーにとって、音はスコアに密接に関わる重要な要素。周囲の状況を知るには、視界以外でも入手できる情報があるだけで、戦況を優位に進めることが欠かせません。特にハイスコアを目指すのであれば、きちんとしたサウンドシステム、つまりサウンドカードによる音質面を向上が必要不可欠。スコアが頭打ちになり始めてきたら、己の技術を磨くだけでなく、プレイ環境に変化を与えてみるのも、有効でしょう。

特に、ゲームによってイコライザー(音域調節)機能を使えば、足音を大きくしたり、ジャンプ音を大きくしたり射撃音を調整すれば、その状況は大きく変わります。イコライザーの調整は、システム上で行なうのが基本ですが、最近は手元でアナログ的に操作できるサウンドカードも登場しています。

41sm1vaihl

商品価格 ¥ 13,571

数あるサウンドカードの中でもFPSユーザーにおすすめのサウンドカードは、CreativeのSound Blasterシリーズ。展開しているシリーズはUSB対応からPCI Expressまでさまざまですが、サウンドカードとして人気が高いのは、PCI Express ポートを使うSound Blaster Z。

ハイレゾクラスの処理を可能にしたステレオダイレクト出力モードを搭載しているほか、FPSで有効な足音などのゲーム内における環境音を再現し、わずかな動きでも音として感じ取れるシステムを搭載しています。

グラフィックカード単体でも非常に特徴的ですが、サウンドカードから手元に伸びるAudio Control Moduleにも着目して欲しいところ。一般的なサウンドカードでは、イコライザーの調節はサウンドシステムそのものにアクセスしなければなりません。しかし、このサウンドカードはシステムなどを使わず手動でイコライザーの調整が可能。

さらに、Audio Control Moduleにはヘッドホンやヘッドセットが装着できる端子もあるので、配線の取り回しに困ることもありません。最適なサウンドを出す。そんな、究極に近い環境を構築できる製品です。