気温もあたたかくなりアウトドアやキャンプにぴったりの季節が近づいてきました。今年の夏のご予定はもうおすみですか。キャンプなどのアウトドアにでかけるならやっぱり荷物はリュックにまとめたいですよね。たくさんの荷物を背中にまとめられるリュックは両手が使えるので活動的なシーンにぴったりです。そこで今回は人気のおしゃれなアウトドアリュックをブランド別にご紹介したいと思います。

第1位 Patagonia(パタゴニア)

61ubkHsJk8L._SL1200_
1957年にシュイナード・イクイップメントがカリフォルニア州バーバンクでロッククライミング用具の製造を始めてから続くアメリカの有名ブランドです。このリュックは1980年代に発売したサミット・パックを現代の街や山の環境に合わせて再デザインされたもので、ポリウレタン・コーティングと耐久性撥水加工を施した600デニール・リサイクル・ポリエステル100%製で毎日の酷使にも耐える重量と耐久性の理想的なバランスを実現した商品です。

第2位 GREGORY(グレゴリー)

9136gWL2xYL._UL1500_
1977年に創業したアウトドアバッグブランドで日常の通勤や通学用から登山まで、幅広い用途に応じたバックパックの他、ショルダーバッグ、メッセンジャーバッグ、ウェストポーチなど、数多くの商品があります。品質、快適さ、機能性を追求し続け冒険好きなアウトドア派のライフスタイルに求められる製品を研究、設計、創造し続けているブランドですので、間違いなしです。

第3位 ARC'TERYX(アークテリクス)

71WKIx+0YBL._UL1500_
1989年に、カナダ ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで設立されました。コンセプトは「地球上にある最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作りあげること」。今では当たり前のジャケット、バックパックなどに使われる「止水ジッパー」や「熱圧着技術」などはアークテリクスが開発した技術です。

第4位 karrimor(カリマー)

41mZ4w91XpL
1946年、イギリスでチャールズ&メアリー・パーソン夫妻が設立し、もともと自転車用バッグを作っていました。丈夫で機能的なバッグはクライマーにも評判になり、1957年にこれまでのノウハウを生かして、リュックサック分野へ進出し世界の名だたる登山家や冒険家と共同研究を行い、彼らのニーズやフィードバッグを取りこんだバッグを開発するなど、革新的な製品を世に送りだしてきました。

第5位 EPPERSON MOUNTAINEERING(エパーソン マウンテニアリング)

919ersAOSzL._UL1500_
1973年、マーク・エパーソンがカリフォルニア州サンホゼで創業したアメリカ西海岸を代表するアウトドアブランドです。創業者であるマーク・エパーソンが真に欲したバッグを作ることを最大の目的とし創業当時からかたくなに守り続けている完全アメリカンメイド、そして素材に関する強いこだわりは現在もしっかりと受け継がれています。

第6位 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)

81DnZGWdkWL._UL1500_
1973年、アルトシュール兄弟がアメリカのロサンゼルスで創業したアウトドアブランドでデイパック、ダッフルバックから、ラゲージ、アパレル、レイングッズ、サングラス、自転車、時計、タオルなどいろいろな商品を展開しています。「お客様の要望を最優先に」をコンセプトに機能性だけでなく、シンプルなデザインにファッション性をプラスしたカジュアルなデイリーウェアやバッグ、アクセサリーなどが人気です。

第7位 KLETTERWERKS(クレッターワークス)

61gq1Nosk8L._UL1500_
1975年モンタナ州ボースマンにて現在Mystery Ranchを手掛けるパック界の巨匠、Dana Gleasonが、パック修理職人として学んだ経験と知識を基に立ち上げたバックパックブランドです。ブランド名はドイツ語で”クライミング”という意味の”Kletter”と向上という意味の”Werks”を融合させた”クライミングギアを作る工場”という意味合いを込めた造語です。全ての部材に至るまで徹底的にアメリカ製にこだわり一つひとつ丁寧に作られるKletterwerksのパックには40年の歴史がつまっています。