スニーカーブームが到来中ですが、まだまだその勢いは止まりません。街行く人の多くがスニーカーを履いていますね。今回は、数あるスニーカーの中でもネイビースニーカーに注目しておすすめのスニーカーをご紹介。

ネイビーは定番色でありながら、今年の流行色でもあります。まずはメンズコーデを見て、ネイビースニーカーの取り入れ方を参考にしてくださいね。

ネイビースニーカーを使ったメンズコーデ

ローテクスニーカーのシンプルなダークトーンコーデ

20160331163738160_500

By: zozo.jp

ネイビースニーカーは暗めの色使いのコーディネートにも大活躍。ブラックのシャツに、リジッドデニムを合わせ、足元にネイビーのコンバースを履いています。サイズ感はジャストからタイト寄りです。

ボトムスがロールアップされているので、足元がすっきりしています。そうするとハイカットのコンバースが目立つので、おすすめ。ロールアップさせてハイカットのコンバースを合わせるテクニックは真似したいですね。

シャツのボタンの白とコンバースの白い靴紐が、差し色に。差し色は全体に散りばめるとバランスがよく見えますよ。コンバースは白や黒が主流ですが、このようにリジッドデニムとの相性は抜群です。モノトーンコーデが多い方には控えめな差し色のネイビーを取り入れてみてみるのもいいですよ。

柔らかいホワイトニットを使ったコーデ

20160602161920815_500

By: zozo.jp

トップスの白いニットが眩しいくらいに際立っていますね。足元のスニーカーは、クラシックな雰囲気のネイビーカラーです。クラッチバッグのネイビーをうまくマッチしていますね。ホワイトのニットは若干大きめのサイズ感で、ボトムスはテーパードがかかった黒いパンツを着用。

大きめのトップスを着るときは、スキニータイプのボトムスを合わせてYシルエットにするか、テーパードのかかったパンツを合わせてコクーンシルエットにするのがおすすめ。このコーデもコクーン型で上手くまとめられています。

白のニットは細かく編み込まれたハイゲージタイプで、若干ドレス要素が強いです。また、革製のクラッチバッグもドレス寄りの印象を受けます。そんなドレス要素をうまく中和してくれているのが、足元のネイビーのスニーカーです。カジュアルに寄り過ぎてもおしゃれなコーデはできません。

うまくきれいめなスタイルを作りたいときは、カジュアル要素のものとドレス要素のものをバランスよく取り入れるといいですよ。

雰囲気を調和させるグレーカーディガンとクラシックスニーカーコーデ

20160615121246152_500

By: zozo.jp

淡い青が爽やかなメンズコーデ。スニーカーのスエード調の質感も素敵です。こちらも、暗めの色のパンツにネイビーのスニーカーを合わせたコーデです。ライトグレーのカーディガンに、パステルブルーのインナーを合わせて明るめのトーンでトップスをまとめています。

このコーデに黒いスニーカーを合わせてしまうと、下半身が単調になってしまいます。また、白いスニーカーを合わせてしまっても、悪目立ちしてしまいます。ネイビーのスニーカーは程よくさまざまなコーデに合わせられる万能アイテムなのです。

ブラックのボトムスと、ブラックのクラッチバッグがクールな印象ですが、ネイビーのスニーカーのスエード調の柔らかさと、トップスの淡い色使いが黒のシャープさを打ち消してくれています。基本色と素材感で全体の雰囲気をまとめるところは、見習いたいところです。

ネイビーの色をうまく使ったストリートコーデ

20160205064233435_500

By: zozo.jp

ストリート要素の強く、色使いがまとまっていておしゃれですね。ネイビーのアイテムを持っている場合、ネイビーのスニーカーをコーデに取り入れるとより統一感が出ます。このコーデでは、キャップとパーカー、スニーカーがネイビーになっています。

ライトブルーの洗いのかかったデニムの青も黒のリュックも、ネイビーカラーには親和性のある色味があるので、おすすめ。

ネイビーのスニーカーのソール部分の白と、デニムの折り返した部分の白、そしてパーカの裾から出ている白いTシャツの裾が、全体をバランスよく見せる横線の役割を果たしてくれています。足元はロールアップし軽快さを表現。トップスにボリューム感を持たせることで、バランスのよいコーデになっています。

白いパンツが際立つホワイトとネイビーのシンプルコーデ

20150625145859940_500

By: zozo.jp

ネイビーのスニーカーは白いボトムスとの相性も抜群です。ネイビーと白という組み合わせだけで、海をイメージさせる爽やかさを演出できます。ボーダーを合わせてマリンコーデにするのもいいですが、それだとあまりにマリン色が強くなってしまいます。あえて普通のトップスを持ってくることで、さりげない爽やかさがいいですね。

ボトムスとトップスはシンプルなアイテム。キャップとスニーカーがスポーティーな感じを引き出しています。シャツをロールアップしているところも、メンズらしさが際立つおすすめポイント。スポーティーさとマリン調の色使いが、爽やかで活気のある雰囲気を作り出しています。

ライトグレーのセットアップコーデ

20161004212858032_500

By: zozo.jp

ライトグレーのセットアップスーツに、ネイビーのスニーカー着用。ネイビーはグレーとの相性も抜群です。特に、ドレス寄りの定番アイテムといえば、グレーのスラックスです。グレーのスラックスにネイビーのスニーカーを合わせるコーデは、大人のメンズに試してほしいコーデです。

セットアップスーツに革靴を合わせてしまうと、完全なビシネススタイルになってしまいます。インナーにクルーネックのシャツとスニーカーを合わせて、カジュアルスタイルにまとめるのがおすすめ。インナーとスニーカーの色が同じなところもポイントです。ポケットチーフが、シンプルな装いに華やかさをプラスしています。

ベージュパンツのシンプルカジュアルスタイル

20160427093929372_500

By: zozo.jp

少しドレス色の強いネイビースニーカです。アッパー部分が革靴のようになっていて、ソールがスニーカータイプのもの。こういうアイテムは、単体でもドレス要素とカジュアル要素、スポーティー要素が融合されています。そのため、どんなスタイルにも合わせやすいです。

通常のスニーカーよりもドレス色が強いスニーカーを履くときは、このコーデのようにスニーカー以外の部分はカジュアルでまとめても問題ありません。ネイビーはベージュとの相性もよく、温かみのある印象を持たせてくれます。シルエットがタイトにまとまっているので、シンプルでスッキリしていますね。

スリッポンとグレーのスウェットパンツを合わせたコーデ

20151022160113732_500

By: zozo.jp

スリッポンタイプのネイビースニーカーです。スリッポンは、シンプルでクールな印象になります。ボトムスがスウェットパンツでスポーツ要素が強め。トップスにシャツを用いることできれいめになっているので、うまくまとまっています。

このコーデでも、グレーとネイビーを合わせた下半身の色使いがいいですね。ミディアムグレーとの相性もばっちりです。グレーも濃いグレーはフォーマル感が強く、明るくなるほどカジュアル要素が強くなるということもチェックしておくと便利ですよ。

ボルドーのチェスターコートとハイテクスニーカーコーデ

20151208184350333_500

By: zozo.jp

チェスターコートにスキニーパンツを合わせて、靴はハイテクスニーカーを履いています。この合わせ方は秋冬の鉄板コーデ。Yシルエットがうまく使われ、スタイリッシュに見えますね。チェスターコートというドレス色の強いアイテムを、ハイテクスニーカーのスポーティーカジュアルな雰囲気がうまく中和してくれます。

このコーデでは、ボルドーのチェスターコートが使われていますが、定番のブラックやネイビー、人気のキャメル色でも合わせやすいです。パンツも、ブラックやダークグレー、ネイビーなど暗めの色なら、合わせやすいですね。足元にはネイビーのハイテクスニーカー。この冬、ぜひ試したいコーデです。

メンズにおすすめのネイビースニーカー

コンバース(Converse) オールスター

51ki6efmjul

商品価格 ¥ 4,350

ローテクスニーカーの代名詞であるコンバース。今回はロングセラーの定番スニーカーで、歴史的にも名を刻むオールスターをご紹介します。もともとは1917年に開発されたバスケットボールシューズでしたが、今に至るまでにその形はほとんど変化していません。

生涯を通じてオールスターを愛用したバスケットボール選手のチャールズ・テイラーの名を取って、チャックテイラーとも呼ばれているものも希少なものもあります。

ハイカットタイプはレースアップブーツのようなフォルムで、シンプルなカジュアルファッションに取り入れやすいスニーカーです。

コンバースの白や黒は持っている方もいるかと思います。白や黒を持っていたとしても、中間色のネイビーカラーのコンバースは1足は持っておきたいところですね。ソール部分のラインもネイビーになっているので、統一感のある色使いになっています。タイトなボトムスをロールアップさせるメンズコーデがおすすめ。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) タイガーアライアンス

41vd8xlgmwl

商品価格 ¥ 12,500

オニツカタイガーは、逆輸入で近年人気が出ているブランド。もともと、1964年の東京オリンピックで日本選手団によって使用されたブランドで注目されていましたが、1977年にアシックスに社名を変更しました。2007年からアシックスによってオニツカタイガーが復刻。

ヨーロッパを中心に人気が出て、日本でもファッションスニーカーブランドとして人気が出て、表参道に旗艦店を出すなど、勢いのあるブランドです。レトロなデザインが特徴で、そこが人気の理由でもあります。このタイガーアライアンスは1980年代のジョギングシューズをデザインベースにしてつくられたモデルです。

クッション性に優れ、取り外し可能なインソールを使うなど機能性にも優れています。天然皮革を使っていて、コストパフォーマンスのいいおすすめスニーカーです。

ニューバランス(New Balance) M1400

41hkmjnyabl

商品価格 ¥ 27,000

ノームコアブームで人気が爆発したニューバランスの定番スニーカーです。その機能性とデザイン、そして履き心地のよさで、人気が急上昇中。今ではスニーカーの定番ブランドになっています。もともと1906年に矯正靴を作るブランドとしてアメリカで始まったブランド。1970年代後半になると、ランニングシューズ業界で人気が出ます。

それ以来、独自のフィッティングシステムで、オーダーメイドしたような履き心地を提供しています。かのアップルの創設者スティーブ・ジョブズも愛したブランドの1つです。

このM1400は、M1300に続くフラッグシップモデル。履き心地がとてもよく、長時間履いていても疲れない特徴があります。アッパーにはスエードレザーを使用。ニューバランスはフラッグシップモデルになると履き心地が全然違いますので、おすすめですよ。

アディダスオリジナルス(Adidas Originals) スタンスミス

41mye5xef4l

商品価格 ¥ 19,800

こちらは、ギネスブックに史上最も売れたスニーカーとして記録されているスタンスミスのスエードバージョンをご紹介します。全体がネイビーになっていて、スエードの温かみのあるデザインが特徴です。

ネイビーのスニーカーの中で、ソールまでネイビーになっているスニーカーはなかなかないです。スタンダードな形で、いろいろなコーデに取り入れられます。定番スニーカーをネイビーカラーでまとめているのがいいですね。

リーボック(Reebok) ポンプフューリー

51zin7sk9yl

商品価格 ¥ 15,420

リーボックはザ・ポンプやイージートーンなど、革新的な技術を搭載したスニーカーを出しています。中でもポンプフューリーはザ・ポンプという技術を搭載したモデルのハイテクスニーカーです。

ザ・ポンプとはその名のとおりポンプが付いています。ポンプによって空気を中に入れることによって、スニーカーのアッパー部分が膨張します。それによって、心地よいフィット感を得ることができる仕組みです。バリスティックナイロンや、補強レザーなど耐久性に優れた設計です。

異なる素材が使われていますが、ネイビー1色でまとめられているのもおすすめのポイント。

ナイキ(Nike) ランナー

41o9gtgutwl

商品価格 ¥ 7,560

レトロなランニングスタイルのおすすめスニーカーをご紹介します。ナイキのロゴマークが目立って、かっこいいですね。1970年によく見られるデザインを採用し、いろいろなスタイルに合わせやすいエントリーモデル。ソール部分がホワイトとウルフグレーのバイカラーになっています。

近年のスニーカーブームは大きな流れの中に、クラシックスニーカーの流れもあります。そんな流行を追いつつ、定番のスニーカーとして、ナイキのランナーは最適なスニーカーの1つです。