近年スマホ搭載カメラの性能向上が著しいですが、まだまだコンデジの方がきれいな写真を撮影できます。コンデジの中でも風景画を撮るなら広角レンズを搭載したものがおすすめ。今回は広角レンズを搭載した、おすすめのコンデジをご紹介します。

気軽に持ち運べるので、毎日のお出かけがより楽しくなるはず!

広角レンズとは?

35mm(フルサイズ)換算で焦点距離35mm以下のレンズのことを広角レンズと言います。広角レンズで重要なのは撮影できる範囲(画角)が広いことで、焦点距離が短いレンズほど広くなります。

一般的には24mm以下の場合は超広角レンズ。APS-C機なら16mm以下のレンズが超広角です。風景写真や室内写真、記念写真、建造物などが広角レンズに向いている被写体です。

広角レンズの特徴

写る範囲が広い

標準レンズでは入りきらない範囲の撮影が可能です。超広角レンズの場合、視野を越えた範囲を撮影できるので、より迫力ある写真が撮れます。

遠近感が強調される

画角が広い、つまり焦点距離が短いレンズほど、遠近感が強調されます。一般的にパース、パースペクティブと言われる、遠近感を伴うゆがみが得られるので、空間の広がりが感じられる写真に仕上げられます。

被写界深度が深い

被写界深度が深い、つまりピントの合う範囲が広いことが特徴の1つ。つまり、ボケにくいのです。逆に、望遠レンズの場合はボケやすいので、写真のボケを楽しみたい場合は望遠レンズが便利です。

広角レンズ搭載のおすすめコンデジ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス DC-TZ90-S

薄さ約41.2mm、重さ約322gと小型で薄型ボディのコンデジ。旅行先や街歩きに便利です。広角24mmから望遠720mmまでの幅広い焦点距離に対応しており、光学30倍ズームが可能です。

35mmレンズの約2倍の範囲を撮影できる広角24mmレンズは、狭い空間での集合写真も楽に撮影できます。また、被写体に3cmまで近づいてのマクロ撮影にも対応しているので、被写体の細やかなディティールまで捉えられます。

1/2.3型高感度MOSセンサーとヴィーナスエンジンによりノイズを軽減し、暗い室内や夜景撮影でも明るくきれいに撮影できます。自分撮りもできる180度チルト対応タッチパネル式モニターも魅力的。旅行の携帯カメラとしておすすめです。

実写サンプル▼

By: panasonic.jp

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII PSG7X MarkII

広角端F1.8、望遠端F2.8、24-100mm(光学4.2倍ズーム)の高性能レンズを搭載したコンデジです。ズーム撮影時においても明るく鮮鋭な写真の撮影ができます。

また、1.0型 2010万画素CMOSセンサーを搭載しています。大型センサーなので、より多くの情報を取り入れられ、高解像度、低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現します。

新映像エンジンDIGIC 7によって暗いシーンでの手振れを抑え、素早く動き回る子供や動物の動きをしっかりと追従。シャッターチャンスを逃しません。夜景や薄暗い室内も、より美しい写真の撮影が可能です。

その他、カメラがオートでベストな撮影シーンを選択する「こだわりオート機能」や登録した人物に自動でピントを合わせる「個人認証機能」など、表現力にこだわったおすすめコンデジです。

By: cweb.canon.jp

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100V DSC-RX100M5

広角24mmから中望遠70mmまでカバーするレンズを搭載したコンデジです。特にダイナミックな風景撮影、室内での集合撮影におすすめです。イメージセンサーはメモリー一体1.0型積層型Exmor RS(R)CMOSセンサーを搭載しています。

スーパースローモーション(960fps)、4K動画、最高1/32000秒のアンチディストーションシャッターなど、高い機能性を実現しています。

ソニーだけあって、動画はプロの要求に応える多彩な撮影機能が搭載されています。充実の基本性能と、撮影意欲をそそられる操作性を持つおすすめのコンデジです。

By: sony.jp

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX A900

携行性のある手のひらサイズの小型ボディに本格派機能を詰め込んだコンデジ。広角24mm相当から1680mm相当(光学35倍ズームと35倍電子ズームを合わせた総合倍率)のズーミングが可能。旅行やイベントで広角から望遠まで迫力ある写真を撮影できます。

イメージセンサーは1/2.3型CMOS、有効画素数2029万画素。高感度時に定評のある裏面照射型を採用しているので、高感度においても高画質で撮影できます。

動画撮影機能も充実。4K UHD/30p動画撮影、撮影者の視点を楽しむスーパーラプス動画、BGM付き動画を自動的に作成できるショートムービーショーと、さまざまな動画モードが用意されています。

小さく軽いコンパクトなカメラですが、多彩な機能を搭載していておすすめ。

By: nikon-image.com

カシオ(CASIO) デジタルカメラ EXILIM EX-FR100LWE

カメラ部分とコントローラー部分をセパレートできる、斬新なアイデアのコンデジ。ウェアラブル、セルフィー、カメラの3つの使い方ができます。美景、美顔、美脚をキャッチフレーズとした女子向けカメラです。

カラーバリエーションはホワイトとピンク。防水、耐衝撃、耐低温機能が備わっているので、アクティブなシーンの撮影にめっぽう強く、多彩なアウトドアアクティビティに対応します。

広角16mm単焦点レンズを搭載。臨場感ある風景、風景+人物をきれいに残すことができます。また、F値はF2.8なので、暗いところでも美しく撮影できます。

本格的なムービーコンテンツの生成、時短ムービー、印象的なフォトコンテンツ、5種類のアートショットと多彩なコンテンツを用意しています。躍動感のあるアートな写真を撮りたい方におすすめ。

By: casio.jp

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ STYLUS TG-870 WHT

水中での撮影、スキー、登山、自転車といったアウトドアやスポーツ時に大活躍のタフなコンデジです。超広角21mmレンズと光学5倍ズームレンズにより迫力ある景色の撮影や、後ずさりできない狭い場所での撮影に効果的です。

超広角レンズは特に画面の隅の被写体のゆがみが発生しやすいのですが、こちらのコンデジには不自然なゆがみをきれいに補正する機能が備わっています。

また、動画機能も充実しています。アウトドア、スポーツを楽しむためのスポーツカムモードを搭載。

被写体を滑らかに撮影するための60pムービー、高速な動きを撮影するハイスピードムービー、人の流れや星の動きを定点撮影するタイムラプスムービーなど豊富な機能性を誇ります。

その他、高精度・測位機能であるアシストGPSや移動軌跡を記録するロガー機能など、カメラ自体が位置把握ツールとして使えるアウトドア・スポーツにおすすめのコンデジです。

By: olympus-imaging.jp

シグマ(SIGMA) デジタルカメラ dp0Quattro FoveonX3

外見はマットで高級感あるコンデジ。デジカメには思えないような独特のデザインです。21mm相当の超広角レンズにも関わらずゆがみのないレンズ描写を実現。歪曲収差は1%以下です。

建築物や風景撮影で、被写体の素材感、リアル感を余すことなく写せるのが魅力。約18cmまで被写体に近づいての近接撮影ができるので、被写体のシャープさを感じられます。超高精細な独特の写りを楽しめるおすすめのコンデジです。

コンデジの選び方

イメージセンサーサイズの大きいものを選ぶ

イメージセンサーは、画質を大きく左右するパーツです。高画質なデジカメを選ぼうとすると、画素数を見る人が多いですが、半分正解で半分外れ。確かに、画素数は、高いことに越したことはありませんが、イメージセンサーが低スペックすぎると逆効果。

現在では、CMOSと呼ばれているイメージセンサーが主流となっているため、このCMOSセンサーが積んであるコンデジを選ぶことが無難です。また、サイズもAPC-Sサイズであれば、高画質な写真を撮影可能です。

高倍率ズーム搭載のものを選ぶ

ズーム機能は光学ズームとデジタルズームの2通りあります。光学ズームは焦点距離を変化させることで被写体を劣化させずに拡大する機能です。

一方、デジタルズームは撮影した画像を引き伸ばすので、画質が劣化し、ノイズもひどくなってしまいます。できるだけ高倍率の光学ズーム搭載のコンデジを選びましょう。

F値が小さいものを選ぶ

レンズからの光の量を調整する機構を「絞り」といいますが、その値を「F値」といいます。

F値が小さいとは絞りを一番開いた状態を指し、F値が小さいほど明るいレンズとなります。F値が小さい方が高性能で価格も高くなります。夜景や暗い部屋での撮影はF値の小さいコンデジを選びましょう。