地球温暖化が問題視されていますが、「寒いものは寒い!」と言いたくなってしまう日本の冬。特にオフィスでは、暖房がかかっていても暖かい空気がデスク下に届かず、足元部分には冷たい空気が滞っていますよね。そうなると自分のデスク下に1つ、足元暖房ができるヒーターがほしくなるところ。

今回は、オフィスで気軽に使えるデスクヒーター10選をご紹介します。

デスクヒーターの選び方

サイズ

measurement

オフィス内でのヒーター使用を考える場合、最も重要なのは「サイズ」。場所をとるサイズのヒーターを選ぶと、他の人が移動する際に迷惑がかかってしまいます。はみだしても数センチ程度にとどまるサイズなら許容範囲ですが、できるだけ自分のデスク下に収まる範囲内で検討することをおすすめします。

暖める場所とそのスピード

heating-switch

足元暖房を考える際には、「暖める場所」が重要です。暖かい空気は上へ向かっていくため、足先から足首の範囲を暖められるタイプのヒーターがおすすめです。足先や足首を暖めることで足全体に暖かさを広げられるため、効率よく足元が暖まります。暖房は大きく分けると、「輻射式」と「対流式」の2タイプあります。「輻射式」は暖房器具周辺のみを暖めるもの、「対流式」は空気をかき回して部屋全体を暖めるものです。

「足先や足首を中心にすばやく暖めたい」というニーズを考えると、おすすめは「輻射式」タイプです。一定の場所を集中して暖めることができ、速暖性に優れているためです。

安全性

flame

ヒーターを何かの拍子で転倒させてしまうと、最悪の場合火事の危険性があります。転倒時電源オフ機能がついたヒーターも数多く販売されています。この機能がついたものを選べば万が一の時に安心です。また、最近では表面がさほど熱くなりにくい「パネルヒーター」もあります。速暖性は他のヒーターと比べて多少劣りますが、火事だけでなくやけどの危険性も比較的抑えられるので、おすすめです。

持ち運びのしやすさ

61qpr9mlfvl-_sl1378_

暖房器具は1年通して使うわけではないので、持ち込んだり持ち帰ったりという作業が必要です。つまり、「持ち運びのしやすさ」も重要なポイントとなるのです。サイズが小さくても、重ければ持ち運びには不便です。重量が軽く、サイズの小さいもの、もしくは小さく折り畳めるものを選ぶことをおすすめします。

オフィスにおすすめの床置きタイプヒーター

パナソニック(Panasonic) 足温器 DF-SAC30-T

商品価格 ¥ 7,900

足を入れて暖める足温器を進化させ、あんかやクッションとしても使えるようになったモデルです。足を入れて暖めることはもちろん、足を乗せたりイスの上に乗せたりしても使えます。幅39cm×奥行29cm×高さ5cmとサイズはコンパクト。マイクロファイバー素材を使用することで生地が柔らかく肌触りがよい点も魅力ですね。

スイッチは本体と独立して用意され、5段階の温度調節が可能。床に置いて利用しても手元で簡単に電源や温度調節ができるため、便利です。足だけでなく、腰やおしりも暖めたいという人におすすめです。

センチュリー 温波式足温器 デスクスパ DS-3

商品価格 ¥ 7,800

こちらは、足を入れず簡単に足を暖められる足温器です。表面が難燃性樹脂素材でできており、お手入れがしやすい構造になっています。サイズも幅41.7cm×奥行35cm×高さ3cmとコンパクトで、デスク下の利用に適しています。ヒーターの温度が45〜55℃と高めの設定なので、布製のマットを上に敷いた上で使うとよいでしょう。

また、ブルーとグレーの2色で構成されたデザインが暖房器具としては珍しいですね。清潔感やデザイン性を重視したデスクヒーターがほしい方におすすめ。

メトロ(Metro) 薄型フットヒーター MFM-480(DG)

商品価格 ¥ 4,050

こちらも、足を入れないタイプの足温器です。電源を入れてわずか20秒でパネル全体が暖まる速暖性が魅力的です。しかも、内蔵モーションセンサーで足の動きを感知し、動きを感知しない時には自動的に温度を下げるスタンバイモードも搭載しています。

温度調節は、弱・中・強の3段階。ボタンが大きめで見やすいので、シンプルで使いやすいヒーターを求めている方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター JCH-D081T-W

商品価格 ¥ 6,267

本体質量約1.6kgという軽さと、ミニサイズを実現したセラミックファンヒーターです。上部に取手をつけることで持ち運びが非常に便利。また、人感センサーを搭載することで人の動きに応じたムダのない暖房運転を実現。転倒時や2時間以上連続運転している時に自動で電源をオフにする機能も搭載されており、安全性にも配慮したファンヒーターでもあります。

4色展開で、カラーバリエーションが豊富なのも魅力の1つ。オフィスの暖房も自分らしく個性的なものを使いたいという人におすすめです。

山善(YAMAZEN) ホットカーペット YMM-W451T

商品価格 ¥ 2,990

縦45cm×横45cmのコンパクトサイズで、デスク下の床にも気軽に敷くことができるカーペットです。表面温度約52℃の強モードと表面温度約42℃の弱モードを、必要に応じて切り替えることができます。足元を下からしっかり暖められる暖房器具でありながらも最大消費電力36Wを実現し、省エネにも貢献。

軽く折り畳んで持ち運ぶことができ、移動の利便性にも優れています。

ゼンケン(ZENKEN) 足入れ電熱マット ZMT-50F

81pkacs3gbl-_sl1500_

商品価格 ¥ 15,120

こちらもカーペットタイプのヒーター。最大の特徴は足が入れられること。これにより、足先は下からも上からも暖かくできます。人が触れる部分の布はすべて綿素材で構成されており、肌触りがよいこともうれしいですね。電源スイッチはスライド式で、温度の無段階調節が可能。ユーザーや利用状況によって異なる最適温度を、細かく調節できます。

なお、サイズは幅98cm×奥行89.5cmとオフィスで使うには少し大きめ。しかし、折り曲げ自在というカーペット特有の特徴を活かし、端を少し曲げて使うことでデスク下からのはみ出しを回避できます。

オフィスにおすすめのデスク下専用ヒーター

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD3-C

商品価格 ¥ 11,240

3つに折り曲げられ、3方向から暖めるデスクヒーターです。使用時にはデスク下にすっぽり入るサイズを実現しています。膝から下を覆う形状となっているため、暖めムラが少なく足元をしっかり暖めてくれます。温度は、必要に応じて弱・強の2段階から調節OK。スイッチは右手で届く場所に配置されているため、腰を大きくかがめることなく操作できます。

小さく折り畳めず持ち込み・持ち帰り時にはかさばりますが、パネルデザインがおしゃれでインテリアのように使えるおすすめのデスクヒーターです。

フジカ デスク下遠赤外線パネルヒーター パルサーモ DPH-50A

商品価格 ¥ 7,980

マグネットで貼り付けて使うタイプのデスクヒーターです。マグネットがつく場所ならどこにでも貼り付け可能なので、デスクの側面でも引き出しの下でも使用できます。面状の遠赤外線カーボンヒーターを採用しており、速暖性に優れていると同時に本体の薄型化・軽量化にも貢献しています。デスク下もある程度広々使いたいという人には一押しのヒーターといえます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクヒーター DEH-45-T

商品価格 ¥ 5,800

専用のフリースカバーがセットになった、マグネットで貼り付けるタイプのデスクヒーター。デスクにコタツを取り付けるような感覚でヒーターから発せられた暖かさが逃げず、膝から下をしっかり暖めることができますよ。電源スイッチはすぐ正面にある設計となっており、腰をかがめずにオン・オフ操作ができます。

ヒーターの強弱調節機能はないものの、サーモスタットで暖めすぎを防ぐよう工夫されています。膝までしっかり暖めるデスクヒーターをお探しの人におすすめです。

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線足元ヒーター スポットウォーム RH-151

figspot1

商品価格 ¥ 9,759

スタンドとマグネットの両方を採用し、立てかけてもデスクに貼り付けても使えるデスクヒーターです。安全性を考慮し、表面に植毛加工が施されています。その一方で、人の肌に吸収されやすい遠赤外線を利用したヒーターなので、身体の芯からじんわり暖めてくれます。

利便性・安全性・暖かさの3点をバランスよく組み合わせたデスクヒーターといえるでしょう。