見た目も使い心地も他のどの材質にも似ていない、異素材のクロス。初めて目にする人は必ずといっていいほど、その手触りを確かめようとします。それが、セイルクロス。

セイルクロスとはヨットの帆に使用される、表面を樹脂コーティングした軽くて丈夫なパリパリとした生地のことを言います。そのセイルクロスを使った商品を展開し続けるのが、ジブ(JIB)。兵庫県西宮市で産声をあげ38年の歴史を持つ日本のバッグメーカーです。

カラフルな配色にクジラマークのロゴがついたバッグやポーチは、見るだけで気持ち軽やかに出かけたくなります。見た目のかわいさだけではなく、丈夫で頼りになるのがJIBの商品の魅力。一層外へ出かけたくなるこれからの季節に、ぴったりのJIBのラインナップをご紹介します。

JIBのバッグの特徴

頑丈さがウリ

DSC_00391

By: jib.ne.jp

生地だけではなく、生地を縫い合わせる糸、紐を留める留め具など、JIBのアイテムにはすべて本物のヨットで使用する材料と同じものが使われています。これがJIBのバッグの頑丈たる由縁。どこかワーカーっぽさのある仕上がりもここからきています。

色使いやデザインから外国ブランドのような雰囲気が感じられますが、企画から裁断、裁縫などの全工程を兵庫県内の工房で行い、1つ1つの商品が人の手によって丁寧に作り上げられています。

洗いやすくて日常使いしやすい

DSC_0159

By: jib.ne.jp

ヨットの帆に使用されているだけあって、水や衝撃に強く、日常的に長く使うことできます。カラフルな印象のJIBの商品ですが、鮮やかなビビットカラーのものばかりではなく、真っ白なアイテムも目立ちます。普段使いでも、アウトドアでも、白は汚れてしまい敬遠しがち。しかし、JIBは生地端をヒートカッティング処理しているため、洗濯機で洗っても生地がほつれません。

また、樹脂加工された生地の表面は使うたびに風合いが増していきます。汚れをおそれずどんどん使って、汚れたらじゃぶじゃぶと洗うこともできるという、機能的なアイテムなんです。

ネームプリントサービス付きでプレゼントにもぴったり

img02.shop-pro.jp

By: ibkyoto.shop-pro.jp

JIBのバッグの生地に印刷されているロゴマークは全て1つずつ刷られたもの。印刷する部分がくり抜かれた型を置き、上からインクをローラーでのせるという方法です。できあがった商品に印刷できるので、JIBの商品のほとんどのものには8文字までの英数字のネームプリントサービス付き。

ロゴマークと同じフォントを使用しているため、さりげなくオリジナリティをだすことができます。ポーチやブックカバー、ペンケースなどの小物にも印刷可能で、贈り物にも喜ばれるサービス。

おすすめのJIBのバッグ4選

ジブ(JIB) ダッフルバッグM ボーダー DMB175-2a

41Hmrczyp9L

商品価格 ¥ 18,900

JIBといえばこのダッフルバッグ。特許を取得している「二重構造」のドラム型バッグで、服など汚したくないものを外側の層に収納することができます。たっぷり収納できスポーツやアウトドアに最適。

使い勝手の良いこのシリーズは、ワントーン配色のものやボーダー柄、またレザーと組み合わせたシックな仕上がりのものなど、バリエーションも豊富です。

ジブ(JIB) リュックバッグM RBM148

51JZY7OpezL

商品価格 ¥ 15,984

“アウトドアとマウンテンバイクに似合う“というコンセプトから生まれたバッグ。ベルトの取り外しで、リュックとしてもドラムバッグとしても使うことができる2WAYタイプです。「遊び心をカタチに」というブランドテーマにぴったりのラフでかわいい商品。

使い込めば使い込むほどに生地がクタッと体になじんできます。リュックとして背中に背負うと、一層生地の軽さが際立ち、気持ちも軽やかに。Sの子供用とMの大人用の2サイズ展開で、親子でお揃いにして持つのもおしゃれ。

ジブ(JIB) バルーンポーチ(S)SC-BLP28

41hdch6+cNL

商品価格 ¥ 3,024

セイルクロスよりもさらに薄く柔らかく、軽いスピネーカークロスを使用したラインナップ。くしゃくしゃと口をつむんだり、丸めて収納できるので、旅行の際の小分け袋などで活躍します。色味も厚手のセイルクロス商品に比べやや淡いものを採用していて、光が透けとてもさわやかな仕上がり。いくつも色をそろえて入れるものによって使い分けたい実用的なシリーズ。

ジブ(JIB) シーピッグ SP12

31URPqVJnuL

商品価格 ¥ 1,296

用途に合わせ様々な形、サイズのポーチやポシェットがあります。口の部分もジッパーだけでなくマジックテープのものもあり、バッグインバッグとして使うにはもってこいの商品ばかり。バッグに比べ色の種類も多く、クロスとジッパーやテープなどの組み合わせは同じものを見付けるのが難しい程いくつも用意されています。

これらの商品でももちろんセイルクロスの特性は活きており、お化粧ポーチやペンケース、パスケースやブックカバーなど、普段よく使うものだからこそ汚れても洗えて清潔に保つことができるのは嬉しいポイント。