夢のFPVレースドローンが自分のものに!

さながらスターウォーズのポッドレーサーのように超高速で、華麗に障害物を抜けてゆくFPVドローンレース。空撮ドローンとは一線を画すあのレース映像でスッキリ! という人もいるのでは? でもレースドローンって自作とか改造で難しそうだし高そう…。もしかすると、今回ご紹介する TANKY なら夢のプロフェッショナルレースドローンが自分のものになるかも!

開封してすぐ超高速レースドローン

f5c41a1e856a359313c2f57a05aa7fab_original
237a6fc5fbfb9e143d423b4a7dbd3b8b_original

TANKY の最大の特徴は、開封したら工具なしですぐに、レースドローンの超高速フライトを楽しめてしまうところ。勉強して、部品を集め、組み付け、はんだ付け…多くの時間と費用を要するところ、箱を開けるだけ。

be5ca1b47d687e93722f03534e0f2b81_original
eee5af76e44be33580b788ea591268d5_original

開発チームによると、一般販売されている、手のひらに乗るサイズのドローンとしては世界最速となるそうです!(FPV用のゴーグルやバッテリーなど要別途購入)

チルト機能付きカメラ

792f1addfc6e8f1f050162ed8ff13cf2_original

よく知られているように、ホバリング時と違い、前進するときは機体が傾き角度を付けます。フルスロットルでは70-80度に達することも。そのままではFPVカメラは下を向いたままです。

062dae39850cff5e5b2e79fc9450c54c_original
42e51f4c281572b58ce1548b8d51ac58_original

そこで TANKY のチルト機能付きのFPVカメラなら、機体が大きく傾いた場合でも進行方向をしっかり向いて、超高速でのフライトを楽しめるように。なるほど!

頑丈です

8d0a60155476edfab30ca5ac775f816d_original

いくら超高速といっても、クラッシュで終了…ではお金がいくらあっても足りません。でも TANKY は強靭なカーボンファイバー・スケルトンとサーモプラスチックのシェルにより、ブレード(プロペラ)以外は、内蔵のパーツを含めてほとんど破損を免れるとのこと。

コントローラも当然ついています

bc299238b12c9b9dd0c2e6abf902b0ae_original

開封したらすぐ使える! ということで、当然プログレードのコントローラも付属。オンスクリーン・ディスプレイでFPVライブ映像による操縦が可能です。またゴーグルを接続して本格的なFPVフライトを楽しむことも!

aea2eedac58eef6b452bce3f87430401_original

明らかに"トイレベル"とは次元の異なるプロフェッショナル・レースドローンである TANKY は Kickstarter で599ドル! あとは、フライト仲間と場所を確保するだけです!