カーゴパンツはカジュアルファッションの代表アイテムですが、コーディネートは中々難しいもの。皆さんも「このカーゴパンツいいんだけど、どう合わせたらいいか迷う...」なんて思うことはないでしょうか。

でもコツさえ覚えてしまえば、カーゴパンツの着こなしは難しくありません。今回は、カーゴパンツを万能に穿きこなせるメンズコーデをご紹介。一段上のおしゃれを楽しみましょう!

カーゴパンツとは

貨物船の乗組員が穿いていたパンツ

11321652B_35_D_500

By: zozo.jp

カーゴパンツのカーゴとは、貨物・貨物船の意味で貨物船の乗組員が穿いていたパンツに由来します。厚手のコットンが使用されており、耐久性は抜群。

さらに、両脇にカーゴポケットという大きなポケットがついておりさまざまなものを収納することができるのも特徴です。普段から何気なく穿かれていますが、意外に歴史があるボトムの一種。

現代のカーゴパンツは徐々に細身にシフトされつつある

11778243B_22_D_500

By: zozo.jp

カーゴパンツというと、ルーズなサイズ感で野暮ったいというイメージはないでしょうか。しかし、それはもう過去の話。この後にも紹介しますが、現代のカーゴパンツは細身のシルエットでスタイリッシュなものへと変わりつつあります。

これまでカーゴパンツを上手く穿きこなせなかったという方でも、現代のモデルなら穿きこなせるのではないでしょうか。

おしゃれなメンズコーデにするなら、シャツもしくはシックな色のトップスを合わせるのがベスト

カーゴパンツ3 のコピー

By: zozo.jp

コーディネートが難しいカーゴパンツをおしゃれに見せるなら、シャツもしくはシックな色のトップスを合わせるのが簡単。カジュアルな要素が強いカーゴパンツは、襟付きのシャツや黒・グレー・ネイビーなどのトップスで品を加えるとおしゃれに見せられます。

まずはそこを入門編として、そこから自分の色をつけていくといいでしょう。

ここから、カーゴパンツの着こなし方をご紹介します!

カーゴパンツの着こなし方。おすすめメンズコーデ

シックなカラーでまとめてカジュアルなイメージを払拭

コーデ1

By: zozo.jp

カーゴパンツは黒色のものを穿き、トップも同系色のものをチョイス。シックなカラーでまとめたことで、カーゴパンツが持つカジュアルなイメージを払拭させています。

ジャケットの柄も、そのイメージを強めるのに一役買っているでしょう。ジャケット・ボトム・シューズが黒なのにインナーは白。黒メインのスタイルの中に合わせることで、ポイントとして生きています。

ゆったりしたサイズ・スポーツサンダルでリラックススタイル

コーデ2

By: zozo.jp

クロップド丈のカーゴパンツに、ルーズなサイズ感のポケットTシャツを組み合わせたメンズのコーディネート。足元もスポーツサンダルを合わせているので、夏らしくリラックスしたスタイルに仕上げられています。

また、カーゴパンツの裾は紐がついているので絞ってシルエットを変えることも可能。その日に合わせるトップスや靴によって、使い分けるといいでしょう。

特徴のあるシャツ×カーゴパンツで品良くコーディネート

コーデ3

By: zozo.jp

同じく、黒のカーゴパンツに切り替えデザインの半袖シャツをプラス。シャツのデザインに特徴があることで、他のアイテムはシンプルなものにされています。

足元はレザーシューズで上品な要素をプラス。シャツや黒のカーゴパンツ・ハットと組み合わせられて、統一感が生まれています。左腕につけたクロコ調の腕時計もポイント。

流行りのアイテムでトレンド感をプラス

コーデ4

By: zozo.jp

ここ数年で流行りから定番へと変わりつつあるMA-1と、カーゴパンツを組み合わせたメンズスタイル。ミリタリーアウターであるMA-1に上手く調和させるために、ボトムの色もカーキにされています。

また、ボリュームのあるMA-1に対してボトムは細身サイズ。Yラインシルエットを作って、足を長く見せる効果も発揮されています。

タイトなシルエットでカーゴパンツを大人ぽく着こなす

コーデ5

By: zozo.jp

トップス・ボトム共にタイトなものを選んで、スタイリッシュな着こなし。Tシャツ・カーゴパンツとカジュアルなアイテムですが、上下両方とも細身にすることでコーディネート全体も大人ぽくなります。

合わせるシューズは、ニューバランスのスニーカー。グレーにして大人なスタイルに上手くミックスさせています。子供ぽくなりがちな夏のスタイルも、これなら問題ないでしょう。

夏らしいボーダー柄がミリタリーライクなパンツと見事マッチ

コーデ6

By: zozo.jp

夏ファッションのアイテムといえばやはりボーダー。そんなボーダーアイテムともカーゴパンツは相性抜群です。ネイビーホワイトのボーダー柄に合わせたボトムの色はカーキ。ミリタリーライクな色味にして、男らしい雰囲気を表現しています。

ローテクなコンバースのスニーカーもポイント。ボーダー柄アイテムのスタイリングで迷っている方は、ぜひ真似してみてください。

ダークトーンのスタイルにベージュで差し色効果

コーデ7

By: zozo.jp

ブラックベースのスタイルに、ベージュのカーゴパンツで差し色。差し色というと赤や青などのビビッドなカラーをイメージしますが、こういったカラーでも十分使えます。

派手すぎない色を合わせたことで、コーディネート全体も落ち着いた感じに完成。オーソドックスな差し色コーデと言うより、大人な差し色コーデと言えるでしょう。

チェックシャツで品のいいアメカジコーデにスタイリング

コーデ8

By: zozo.jp

チェックシャツとカーゴパンツの組み合わせは定番のアメカジコーデ。しかし、そのチェックシャツをこのようにグレーベースのものにすればアメカジコーデでも上品なものに変わります。

そのため、足元のドレッシーなシューズもコーディネートにぴったり。カジュアルなコーディネートでも、少しシックな色が加われば品良く着こなせます。

秀逸なアイテム選びでストリートコーデ

コーデ9

By: zozo.jp

シンプルなコーディネートを、キャップやメガネ・サンダルでストリートに格上げ。カーゴパンツのシルエットが裾に向かって細くなるテーパードになっているため、野暮ったい印象も全くありません。

トップスはきれいなストライプシャツを羽織ることで、街着としてのイメージをプラス。ショッピングやランチシーンに適したメンズスタイルです。

オールブラックでモードな雰囲気を醸し出す

コーデ10

By: zozo.jp

トップから足元まで黒一色でまとめたワントーンコーデ。トップスのTシャツは、今季トレンドのスカジャンデザインが施されており上手くトレンド感がプラスされています。

ボトムのカーゴパンツは、細身のものでよりスタイリッシュに体現。シックなワントーンでまとめているので、カジュアルなスタイルですがモードな雰囲気も演出されています。

小慣れた着こなしが目を引く現代的ストリートスタイル

コーデ11

By: zozo.jp

ハリウッドセレブのスタイルを彷彿とさせるような、現代的なストリートコーデ。足元のティンバーランドがそれを象徴しています。ポイントはトップスのレイヤード。トーン違いのグレーにすることで、サラッと着こなしていてもおしゃれに見せています。

頭にかぶったハットは、ブーツと色味を合わせて統一。小慣れた着こなしが目を引くメンズコーデです。

シンプルなモノトーンコーデが一番おしゃれで一番簡単

コーデ12

By: zozo.jp

コーディネートする上で、最も簡単な着こなしはモノトーンコーデ。黒と白の2色しか使わないスタイルは、万人からおしゃれに見えるものです。そして、それはカーゴパンツを使ったコーディネートにも言えること。

このように、白のトップス・スニーカーを合わせればスマートに見えるのではないでしょうか。使っているアイテムも少ないので、明日からでも真似できますね。

誰でも似合う王道なカジュアルメンズスタイル

コーデ13

By: zozo.jp

ゆったりしたサイズ感のカーゴパンツに、デニムジャケットを合わせた王道なカジュアルメンズスタイル。スナップサイトなどでも見かけるほど定番のスタイルで、どんな人がやっても似合います。

注意するべきポイントはデニムジャケットの色。淡い色味をしたものより、インディゴなど濃いものと組み合わせるのがおすすめです。

野暮ったいカーゴパンツを穿く場合トップスはタイトに

コーデ14

By: zozo.jp

裾がダボっと広がったような野暮ったいカーゴパンツを上手くコーディネートするなら、トップスは体のラインに沿ったタイトなものが鉄則。トップスもルーズなものにしてしまうと、それこそダボダボのコーディネートになってしまいます。

このようにボトムがルーズ、トップスがタイトのAラインシルエットを作れば野暮ったいカーゴパンツもおしゃれに見えます。

トラッドスタイルに異なるテイストのカーゴパンツをオン

コーデ15

By: zozo.jp

きれいなアメリカントラッドなスタイルにカーゴパンツをプラス。投入したカーゴパンツは、コーディネートのアクセントとして活躍してくれます。また、トップスのニットが白のためクリーンなイメージもプラス。スニーカーとも統一されており、カーゴパンツのカジュアルな要素を上手く消しています。

このように、カジュアルなシーンだけでなく、いろいろな場面で履きこなすことができるカーゴパンツ。ここからは、コーデに入れやすいおすすめカーゴパンツをご紹介します。

メンズにおすすめのカーゴパンツ

トッド・スナイダー(TODD SNYDER) コットンヘリンボーン カーゴパンツ

パンツ1

商品価格 ¥ 25,920

きれいなシルエットをしたデザインで、それに合わせて他のディテールもスッキリと仕上げられています。ヘリンボーンという生地が使用されていることもあり、よく見ると表面が独特な風合いになっています。

サイズ感はややタイトに設定。足のラインに微妙にフィットする程度で、フォーマル・カジュアルどちらのコーディネートに合わせても問題ないでしょう。様々なシーンで着こなしたい方におすすめ。

アドミラル(admiral) ストレッチカーゴパンツ ADMA4V8

パンツ2

商品価格 ¥ 24,840

ストレッチが効いた生地で作られたスキニータイプのカーゴパンツ。黒色が細いボトムをさらに細く見せています。代名詞であるカーゴポケットは、膝と裾あたりの計4ヶ所に設置。

そのため、黒く光るファスナーがポイントとなって生きています。カーゴパンツですが、普通の黒スキニーと同様に使っても問題なし。カーゴパンツ初心者の方におすすめしたい一本です。

ノースフェイス(The North Face) メンズ ボトムス カーゴパンツ

パンツ3 のコピー

商品価格 ¥ 23,980

アウトドアブランドのノースフェイスが生み出すカーゴパンツは実に機能性豊か。メイン素材にナイロンが採用されており、水を弾いてくれるため少々の汚れでもすぐに落とすことができます。

また、膝下あたりにボタンがついておりロールアップして止めることでハーフパンツに変えることも可能。場所やシーン・目的によってパンツの丈感を変えることができるのでおすすめです。

ジースター ロゥ(G-Star Raw) テーパード カーゴパンツ

パンツ4 のコピー

商品価格 ¥ 21,600

ジースター ロゥのカーゴパンツは、立体的に作られているのが特徴でその穿き心地は最高級。サイズがピッタリ合えば、きれいに穿きこなすことができます。

また、デザイン面でもさまざまなこだわりが詰め込まれているのも特徴。カーゴポケットの大きさをそれぞれ変えていたり、裾の太さをボタンで調節できます。上品にもカジュアルにも見せられる万能ボトムです。

ポロ ラルフローレン(POLO by Ralph Lauren) Straight Ripstop Cargo Pants BLACK

パンツ5 のコピー

商品価格 ¥ 19,337

アメトラブランドの代表であるラルフローレンがリリースしたこちらは、ややゆとりのあるシルエット。しかし、色がネイビーなのでそこまで野暮ったくは見えないでしょう。

素材はやや洗い加工が施されたものを使用し、ビンテージな雰囲気を演出。ポケットのデザインに特徴があり、ポイントとなっています。カジュアルな場面でカーゴパンツを多用したいあなたにおすすめ。

ジョンブル(Johnbull) カーゴパンツ スリム ストレートシルエット M-51 モチーフ

パンツ6

商品価格 ¥ 18,360

スリムなシルエットやポケットの形・垂れ下がるコードなどミリタリーテイストなデザイン。コードは結べば、よりミリタリー調なパンツに見せられます。

また、裾の長さは標準のパンツに比べてやや長め。足元にブーツなどボリュームのあるシューズを履いても、違和感なく合わせることができます。