快適な朝を過ごすためには、コーヒーが欠かせないという方も多いのでは? そして、どうせ飲むなら香り高く、深みのあるおいしいコーヒーを飲みたいもの。最近はインスタントコーヒーのレベルも上がっていますが、やはりコーヒーメーカーを使って淹れたコーヒーは、香りも味も別格です。手間をかけて飲むからこそ価値があります。

今回は、毎日おいしいコーヒーを淹れることができる、おすすめのコーヒーメーカーをご紹介。初めての方でもわかりやすいよう、選び方も一緒にご紹介します。

コーヒーメーカーの種類

coffee-424764_640

コーヒーメーカーの種類は主に3つに分けられます。「ドリップ式」、「カプセル式」、「エスプレッソマシン」です。それぞれに特徴があるので、自分がどのようなコーヒーを飲みたいかを定めてから選びましょう。

必要になってくる豆のタイプやフィルターなども関わってくるため、そのあたりも視野に入れて選ぶことをおすすめします。

ドリップ式コーヒーメーカーの特徴

71hor8OSeQL._SL1500_

By: amazon.jp

豆を粗く挽き、それにお湯を通して抽出させる方法がドリップ式です。日本で一番親しまれている手法の1つでもあります。コーヒー豆の香りを最大限に引き出すことが可能です。あらかじめ挽いてある粉タイプのものも、こちらを使って抽出するのが一般的。コーヒー特有の匂いを楽しみながらコーヒーを飲みたい人におすすめです。

ミル付きタイプのコーヒーメーカーの場合は、その場で、挽きたてのコーヒーを味わうことができます。カフェ並みのコーヒーを楽しむことも簡単です。こだわり抜きたい人はミル付きのコーヒーメーカーがおすすめ。また、ドリップ式の場合は、ハンドドリップタイプや全自動タイプなどがあります。

全自動タイプは、豆を挽く過程から淹れる過程まで全て自動で行ってくれるため、忙しい朝をお過ごしの方にはおすすめです。しかし、挽いてから淹れるまでの過程を楽しみたい人には不向き。挽くところから楽しみたい人は、ハンドドリップタイプのコーヒーメーカーを選びましょう。

カプセル式コーヒーメーカーの特徴

5360615233_19907f3c25_z

市販のカプセルをセットし、水をタンク内にいれるだけでコーヒーが飲めてしまう優れもの。最近、その手軽さから人気を得ているタイプのコーヒーメーカーです。カプチーノからエスプレッソ、ソイラテなどさまざまな味のテイストを簡単に味わえるところも人気のポイントです。

さまざまな味を日毎に変えて楽しみたい人にはおすすめのタイプです。お手入れも簡単なため、初めてコーヒーメーカーを扱う人でも安心して使うことができますよ。

カプセル式の場合、もう1つ見ておくべきポイントがあります。それは、カプセルの種類です。基本的に、メーカーごとの独自のカプセルしか使用することができません。

つまり、ネスレのマシンにネスプレッソのカプセルは使うことができません。それぞれのメーカーが取り扱うカプセルを見ておきましょう。

エスプレッソマシンの特徴

61FdAVQ8-RL._SL1000_

By: amazon.jp

エスプレッソマシンは、その名の通りエスプレッソを抽出するのに特化したコーヒーメーカーです。そのため、毎日おいしいエスプレッソを飲みたい人におすすめ。

抽出方法は、基本的に挽いた豆に圧力をかけて抽出する方式になります。そのため、エスプレッソは他のコーヒーに比べて濃厚な味わいに。機械は大型の機械がほとんどで、高価です。

しかし、高価なだけあって、本格的な味わいを楽しむことができます。ミルクレシピが機能として搭載されているものもあり、カフェラテやカプチーノなどを手軽に楽しむことが可能です。もし、エスプレッソマシンを購入する場合は、本体機器が大きいため、設置場所を確保してから購入しましょう。

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの容量をチェック

coffee-percolator-and-mug-on-table

まずは、一回で何杯作れるのかを確認しましょう。カプセル式などの場合は、基本的に一杯ずつになりますが、ドリップ式の場合だと1杯以上作れる場合もあります。中には5~10杯くらい作れるものも。自分が1回に何杯作るのかを定めましょう。小さすぎると2度手間になりますし、多すぎてもランニングコストがかかるだけです。

また、1杯あたりの時間も確認しておきましょう。コーヒーを淹れるのに時間がかかりすぎても嫌なものです。特にエスプレッソマシンとカプセル式のコーヒーメーカーは要チェック。

コーヒーメーカーの使い方をチェック

coffee-984328_640

初心者の方には、特に気をつけてほしいポイントです。使い方が複雑なものの場合、毎日淹れるのがめんどくさくなってしまい、結局インスタントコーヒーに逆戻りということになってしまいます。せっかくいいコーヒーメーカーを買ったなら、毎日使いたいですよね。そのためにも、あまり作業工程が複雑ではないものを選びましょう。その点、1番シンプルでおすすめなのが、カプセル式のコーヒーメーカーです。

お手入れの方法をチェック

FDDJMJY90I

ハンドドリップタイプのコーヒーメーカーなどの場合は、フィルター越しにコーヒーを淹れるだけのため、そんなにお手入れにあまり時間がかからないため、比較的楽チンです。しかし、カプセル式やエスプレッソマシンの場合は、下皿からタンクまでお手入れしないと、コーヒーメーカーを清潔に保つことができません。そのため、お手入れ時間はハンドドリップタイプのコーヒーメーカーよりかかります。

また、機械の場合はどこまで分解できるかなどを見ておくといいでしょう。給水タンクが外れなかったりしたら、タンク内の清掃は困難を極めます。清潔にコーヒーメーカを使うためにも、チェックしたいポイントです。

ランニングコストをチェック

coins-currency-investment-insurance

どこまで1杯のコーヒーに対してこだわるかによって変わってはきますが、1杯にかける金額はなるべく抑えたいものですよね。カプセル式のコーヒーメーカーの場合、コーヒーを淹れるのは簡単なのですが、カプセル代が少し高いため、他のコーヒーメーカーよりもコストがかかります。その分、ドリップ式などの場合は、豆とフィルターなどがコストとしてかかってきます。

自分が1杯のコーヒーにいくらかけられるかも考えておきましょう。無糖の方なら、豆だけでいいですが、砂糖やミルクを使う人などは、それも考慮に入れることをおすすめします。

保温性能をチェック

pexels-photo

ドリップ式の場合、多くコーヒーを作ることができます。そのため、保温性能をチェックしておく必要があります。ガラスポットのものが多いですが、最近では保温性能が高い、ステンレス製のドリップ式コーヒーメーカーも多く販売されています。1、2杯ほどしか用意しない人にとっては、特に気にする必要はありませんが、多くコーヒーを作る人にとってはチェックしておきたいポイントです。

コーヒーメーカーの付属機能

theme-still-life-white-brown-coffee

コーヒーメーカーには各メーカーごとに特有の機能があったりします。そのため、自分が気になっているコーヒーメーカーにどんな機能があるのかをチェックしましょう。できることが多いとその分値段も上がったりしますが、便利に使うことができるため、忙しい朝の手助けになってくれます。

ミル機能付き

old-1039081_640

ミルとは、コーヒー豆を挽く道具のことを指しています。これがあると、いつでも挽きたてのコーヒーを飲むことが可能です。自動でやってくれるものもありますし、手動式のミルもあります。機械に付いているものは、基本的に自動で挽いてくれるタイプがほとんどですが、一応確認をしておきましょう。

手動タイプの場合だと、朝忙しい人にとっては、苦になってしまいます。そのため、朝時間があまり取れない人は、自動で挽いてくれるミル付きコーヒーメーカーがおすすめです。

ミルクを入れてくれる機能

95U1U3BR0Y

エスプレッソマシンには、ミルクを最初からセットできるものが多く存在します。また、自動的に泡立てまで行ってくれるものもあり、あると便利です。無糖派の人にとっては不要な機能となるため、付いていないものを選びましょう。その分節約になります。

浄水機能付き

drops-of-water-water-nature-liquid-40784

コーヒーのおいしさは、水で決まると言っても過言ではありません。美味しい水で淹れたコーヒーの味は格別です。せっかく、コーヒーメーカーを買うのであれば、おいしさを追求したいですよね。浄水機能が付いていると、水のカルキが取り除かれ、豆本来の味を引き出すことができます。そのため、味をこだわりたい人は、ぜひともつけておきたい機能です。

メンテナンスでフィルター交換などがある機種もあるため、その点を確認することをおすすめします。

濃さを調節できる機能

restaurant-red-beans-coffee

味の濃いコーヒーから、ちょっと軽めのコーヒーまで、自由自在に作ることができます。家に遊びにきたお客さんや自分の気分によって変えられるのも楽しみの1つ。また、アイスコーヒーを飲む人にとっては、濃さを変えられるので、専用豆を購入しなくてもいいという利点があります。アイスコーヒーもコーヒーメーカーで淹れたい人におすすめの機能です。

安全装置機能

technology-music-sound-audio

お子様がいる家庭には特におすすめしたい機能。消し忘れた場合など、自動で電源がOFFに切り替わってくれる機能です。誤って消し忘れていたとしても安心。誤作動を防いでくれます。また、電源がOFFになるため、省エネ対策にもなります。よく、電源を切り忘れてしまう人は、ぜひともチェックしておきたい機能の1つです。

おすすめのドリップ式コーヒーメーカー

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A56-K

61WPrcYK9sL._SL1217_

商品価格 ¥ 19,064

コーヒー豆の挽きから、注ぐまで全自動でやってくれる優れもの。保温なども自動でやってくれるため、朝から本格的なコーヒーを味わいながら支度することができます。朝忙しい人におすすめのコーヒーメーカーです。また、こちらは面倒なミル洗浄を自動でやってくれるという便利機能付き。出勤と同時に洗浄しておけば、帰ってきたらそのまま使えますね。

挽き分けをすることができ、4種類のコーヒーを味わうことができます。沸騰洗浄機能により、沸騰させたお湯を繰り返し活性炭に通し、浄水してからコーヒーに注いでくれる機能も付属。マルチになんでもこなしてくれるドリップ式のコーヒーメーカーです。

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ピュアホワイト MKM-535/W

61s65oUtFGL._SL1280_ (1)

商品価格 ¥ 7,860

毎日コーヒーを飲む人は、水にもこだわりたいですよね。このコーヒーメーカーは、浄水フィルター機能が搭載されていて、カルキを約99%ほど取り除いてくれます。また、コーヒーメーカーを清潔に保つために、取り外して洗浄がしやすい設計に。こべりつくと厄介なコーヒーの汚れもキレイに落とすことができます。

コーヒーを淹れる際は、ポタポタと落ちないように、しずく漏れ防止機能を採用。ポッドを外した際に、雫が落ちて汚れるのを防いでくれます。ポッドは、真空二重構造になっており、保温性抜群。時間がたっても淹れたてのような、アツアツのコーヒーを飲むことができます。値段は1万円を下回っていますが、このクオリティーはコスパ高。安くていいコーヒーメーカーを手に入れたい人におすすめです。

タイガー(TIGER) マイコンコーヒーメーカー カフェブラック ACE-S080KQ

816bI9Qu4oL._SL1500_

商品価格 ¥ 9,243

一回に多く作って保温しておきたい人におすすめのコーヒーメーカーです。主に魔法瓶などを製造しているメーカー「タイガー」のコーヒーメーカーなので、保温性能は抜群。サーバーはステンレスを使用。ヒーターなどで、加熱しないため、煮詰まりも起こりにくいです。風味などをそこなわずに保温できるため、省エネにもつながります。

テイスト変更もでき、「ストロング」、「マイルド」、「アイス」の3種類に変更可能です。1年中飽きずに、テイストを変えてコーヒーを楽しむことができます。消し忘れ防止機能が搭載されているのもポイントの1つ。消し忘れが多い人は、ぜひチェックしておきたいコーヒーメーカーです。

デロンギ(DeLonghi) ドリップコーヒーメーカー CMB6-RD

41LDfYje5bL

商品価格 ¥ 7,920

メタルボディを採用しているため、おしゃれなだけではなく、堅牢性も高いのが特徴。デザインと耐久度、両方を追求したい人におすすめのコーヒーメーカーです。こちらのコーヒーメーカーは、「デュアル・ヒーティング・システム」を採用。保温と抽出を別々のヒーターで行っています。そのため、抽出と保温の温度を最適に保つことが可能です。

ペーパレスフィルターを採用しているところも、このコーヒーメーカーのポイントの1つ。フィルターは洗って使用できるため、洗う手間は増えますが、その分ランニングコストを削ることができます。抽出機能はシャワードリップ機能を搭載。コーヒーパウダーに満遍なくお湯を注ぐことができるので、ムラのないコーヒーを作ることができます。

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー SKT54-1-B

51QisCcXVVL._SL1100_

商品価格 ¥ 6,200

自動的に電源が切れる省電力設計。コーヒーメーカーといえども、家電のため電気代はかかります。省電力設計で少しでも節約しましょう。スタート時と抽出時をアラームで教えてくれる機能が付いているため、コーヒーを淹れている間、コーヒーメーカーの前で張り付いていなくても大丈夫。他のことと併用しながらできるのは、忙しい朝には嬉しいものです。

「真空二重構造」のポットにより、保温性能も抜群。使い終わったあとも、大きい口径のため、洗いやすく便利です。ポットを外した時に、雫がポタポタと落ち、プレートやテーブルを汚してしまうこともコーヒーメーカーにはつきもの。しかし、こちらには「しずく漏れ防止装置」が付いているため、汚してしまう心配がありません。プレートやテーブルを汚してしまうのを防いでくれます。

シロカ(Siroca) コーヒーメーカー 全自動 ガラスサーバー STC-401

61Ze-yeOG7L._SL1360_

商品価格 ¥ 9,000

こちらも全自動タイプのドリップ式コーヒーメーカーです。コーヒー豆は粉にしてしまうと、急激に酸化してしまいます。そのため、本来の味をひきだすためには、やはり豆から挽くのが一番です。しかも、こちらは手間がかかる、豆を挽く作業から抽出まで自動のため、朝でもラクラク本物の味を楽しむことができます。

また、初心者の人でも使いやすいよう、コーヒーを淹れるために必要な工程は3ステップ。しかも、3ステップ全ての工程が誰でもできるような簡単設計になっています。ミル付きのコーヒーメーカーの場合、本体が少し大きくなるのが難点ですが、こちらはコンパクト設計。シンプルな四角の形をしているため、デスクなど置いても邪魔にはなりません。

象印(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー EC-TC40-TA

61pRROgMGBL._SL1000_

商品価格 ¥ 2,323

なんとも割安な製品。とりあえず、コーヒーメーカーというものを味わってみたい人におすすめです。安めの製品ですが、性能は抜群。98%ものカルキを抜ける浄水性能を誇っています。ポットには目盛が付いていて、初心者の人でも今どのくらいかが簡単にわかります。

ポットの素材には、「ホウケイ酸ガラス」を使用。この素材は、耐熱ガラスに用いられる代表的な素材です。そのため、保温性能は高く、長時間温かいコーヒーを楽しむことができます。コスパ高のおすすめコーヒーメーカーです。

ボダム(bodum) POUR OVER ドリップ式 コーヒーメーカー 11592-01

81zCOAeB+sL._SL1500_

商品価格 ¥ 4,835

変わったデザインのコーヒーメーカーをお探しの人におすすめです。お部屋でも、一際目立つアイテムになること間違いなし。デザインは変わっていますが、使い心地はいいですよ。色は4色用意されているので、お部屋のインテリアに合わせて色を選んでみるのもいいですね。素材には耐熱ガラスが仕様されているため、熱が逃げにくく、時間が経っても温かいコーヒーを飲むことができます。

こちらは、ハンドドリップタイプのため、全自動では味わうことのない淹れる過程を味わうことができます。朝でも比較的余裕のある人におすすめです。

ハリオ(HARIO) スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー EVS-70B

61LkpZHqgwL._SL1000_ (1)

商品価格 ¥ 53,000

家庭用のドリップ式コーヒーメーカーでは、最高クラスのコーヒーメーカーになります。自分好みの淹れ方をカスタマイズすることが可能です。抽出の時のモードは2種類用意されており、「オートモード」と「マイレシピモード」があります。忙しい朝は、オートモードで温度とスピードだけを調整し、落ち着いた夜の一杯には、マイレシピモードで温度や湯量、スピードなどを調節しましょう。

自分好みのレシピも登録することができ、豆に合わせて登録したり、お気に入りの味が登録できます。ドリッパーの形は円錐形で、コーヒー豆の旨味を凝縮して、抽出できる設計に。最高クラスなだけあり、値段は張りますが、買ったらもう手放すことのできないコーヒーメーカーになること間違いなしです。

おすすめのカプセル式コーヒーメーカー

ネスレ(Nestle) ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 ワインレッド MD9771-WR

81I70SZRcmL._SL1500_

商品価格 ¥ 8,570

カプセル式の人気機種「ドルチェグスト」です。おしゃれなデザインなので、オフィスで使っても家で使っても、景観を損なうことなく使用できますね。小型サイズのため、設置場所に困ることもありません。キッチンスペースに限りがある人におすすめです。操作も簡単で、カプセルのメモリに、抽出量を合わせるだけで、簡単に本格的なコーヒーを淹れることができます。

オートストップ機能が付いているため、メモリを合わせれば、そこで抽出が終了。レバーをONにするだけで、勝手にコーヒーを淹れてくれます。コーヒーを淹れ終わった後も、5分程度で電源が自動で落ちるため、わざわざ消す必要もなし。使い勝手抜群のおすすめコーヒーメーカーです。

ネスレ(Nestle) サーコロ MD9742FS レッドメタル

51nCWsQmDuL

商品価格 ¥ 7,580

こちらも先ほどと同じ、ドルチェグスト。デザインは先ほどより丸く、雑貨のようなコーヒーメーカーです。ドルチェグストの主な特徴は、コーヒーカプセルが約14種類あること。カプセル式のコーヒーメーカーの場合、味はカプセルに依存するため、カプセルの種類が豊富に用意されているのもドルチェグストのおすすめポイント。

お手入れも簡単なため、コーヒーメーカー初心者でも簡単に使うことができますよ。

ネスプレッソ(Nespresso) コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH

61EvysBIMbL._SL1500_

商品価格 ¥ 17,800

ミルクを使ったコーヒーを楽しみたい人におすすめです。「ラティシマ・タッチ」という機能が搭載されており、ボタンをタッチするだけの簡単操作で、本格的なミルクレシピを作ることができます。メニューは約6種類用意されており、「カプチーノ、ラテ・マッキャート」など代表的なコーヒーを作ることが可能。泡立ちもダイヤルにより設定できるため、お好みのミルクレシピを味わえます。

ミルクタンクの洗浄が必要となりますが、それもランプにより知らせてくれるため、とっても便利。余ったミルクは冷蔵庫などで保管できるので経済的です。コーヒーカプセルの数も豊富で、23種類の味を楽しむことができます。朝から優雅に過ごせるおすすめのコーヒーメーカーです。

おすすめのエスプレッソマシン

デロンギ(DeLonghi) エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152J

61ufVWNX6gL._SL1000_

商品価格 ¥ 9,800

初めてエスプレッソマシンを購入する人におすすめです。値段も1万円台を下回る価格で、初めてでも購入しやすいのではないでしょうか。デロンギは、エスプレッソマシンの超有名メーカー。製品の質は一級品です。カフェ・ポッド用のホルダーとコーヒーパウダー用のホルダーが2つ搭載されているのも便利。

カプチーノなどが楽しめるよう、ミルクを泡立てるためのスチームノズルも付属しています。いろいろなミルクレシピを楽しんでみてください。また、こちらのマシンは、濃さや量なども自由にカスタマイズすることも可能。コーヒーの温度調節なども簡単にでき、自分好みのコーヒーを探すことができます。コスパ最強のおすすめエスプレッソマシンです。

デロンギ(DeLonghi) コンパクト全自動エスプレッソマシン マグニフィカ S ECAM23120B

61x1dXLbWXL._SL1000_

商品価格 ¥ 69,355

いい香りのコーヒーを楽しむためには、挽いてから淹れるまでの時間が鍵です。こちらのエスプレッソマシンは、豆挽きから抽出まで全自動で行うため、香り高いエスプレッソを楽しむことが可能です。抽出後の処理まで自動で行ってくれるので、とても便利。コーヒーの濃さと抽出量を選べるのもこのコーヒーメーカーの魅力ポイントです。好きな豆で、自分好みのコーヒーを淹れられます。

日本限定の「カフェ・ジャポーネ」という機能が搭載されており、ドリップのキレとエスプレッソならではの旨味を融合。本格派を目指している人におすすめです。コーヒーメーカーでは結構難しいアイスのメニューも楽しめるため、1年を通して使うことができるモデル。お手入れが簡単になるよう、パーツも着脱することができ、いつでも清潔に保つことができますよ。

ビアレッティ(BIALETTI) エスプレッソマシン タジッシマ ホワイト CF37-WH

71nI+sPKLfL._SL1500_

商品価格 ¥ 17,980

カプセル、粉、ポッド、3パターンの商品から、エスプレッソを抽出できるマルチマシン。天板はカップウォーマーの役割もしてくれる優れものです。ミルクスチーム機能搭載のため、カフェラテやカプチーノなどのミルクレシピを楽しむことができます。デザインもおしゃれなので、インテリアとしても飾っておけるエスプレッソマシンです。

保証期間は1年間有効のため、初めてエスプレッソマシンを購入する人でも安心。手動ダイヤルで、お好みの味に調節できるところもポイント。お手入れもしやすく、使い勝手抜群のおすすめマシンです。

小型エスプレッソマシン Handpresso

41AYKoQ3JAL

商品価格 ¥ 12,673

どこでもコーヒーが飲みたい人におすすめのハンドプレッソ。コーヒー豆からカフェポッドまで抽出可能なハイブリッドタイプです。山頂でコーヒーを飲んだり、オフィスで一息付きたい時に、極上の一杯を味わうことができます。旅先に持っていってもいいですね。

小型タイプのため、持ち運びもしやすいですよ。電気も不要なため、ACアダプターなどの付属品も持ち歩かずに済みます。もちろん、家で飲むだけの人にもおすすめできるコーヒーメーカーです。

番外編:コーヒーミル

pexels-photo-92020

コーヒーメーカーの中には、当然、コーヒーミルが付いていないものもあります。その場合は、コーヒーメーカーを購入しても挽く手段がないため、コーヒーを味わうことができません。その時は、コーヒーミルを購入しましょう。その場で挽いた豆を、抽出できるため、香り高く美味しいコーヒーを淹れることができますよ。コーヒー好きならぜひとも、こだわりたいポイントです。