シャッターを押すだけでキレイな写真を撮影してくれるデジタルカメラ。設定1つでいろいろなこともできて大変便利です。しかし、「何か味気ない写真だなぁ」と思ったことはありませんか? そんな時は昔からあるフィルムカメラで写真を撮影してみませんか?

いろいろマニュアル操作することもあり、不便ですがデジタルにない味わいのある写真が撮影できます。今回は初心者におすすめの35mmフィルムカメラなどをご紹介します。

おすすめのフィルムカメラ

ヤシカ(YASHICA) EZ Junier MK II

41iRKeEQ7wL

商品価格 ¥ 2,980

ヤシカは1983年まで長野県に存在したカメラメーカーで、吸収合併や売却などで現在はブランド名だけが残っています。28mmレンズ、固定シャッタースピード、撮影距離1.5mと「写ルンです」と同じようなスペックですが、フィルムの巻き上げが電動です。

撮影手順は、レンズカバーを開けると電源が入り、フラッシュの充電開始、準備完了ランプで撮影可能と単純ですが、フラッシュは自動フラッシュのみで強制フラッシュもフラッシュ禁止もありません。

写ルンですの機能で十分だけどフィルムは色々使ってみたい、そんな方におすすめ。

パワーショベル(Powershovel) LAST CAMERA

41c9i4wCwuL

商品価格 ¥ 5,113

プラモデルのように自分で1から組み立てるLAST CAMERA。プラモデル式カメラなので自分でカラーリングしたり、追加部品を購入してデザインを変更したり、撮影以外でも楽しめるカメラです。22mmと45mmの交換レンズと通常と光漏れ用の背面バックドアが付属しており、いろいろな撮影ができます。

プラモデルが好きな方はもちろんのこと、カメラ構造などの勉強がしたい方や、お子さまのプレゼントなどにおすすめです。

ニコン(Nikon) FM10

418f7nEWkyL

商品価格 ¥ 62,338

現在、唯一販売されている普及型のフィルム一眼レフカメラのFM10。ピント、絞り、シャッタースピード、全てマニュアルで操作し、本格的に写真の勉強をされたい方におすすめです。バッテリーと無関係で作動するメカニカルシャッターは、長時間バルブから1/2000秒までの13段階可能。

また、嬉しい機能としてファインダー内で背景のボケ具合を確認できる絞込みレバーを搭載しています。一眼レフなので多彩なレンズを付けられますが、すべてがマニュアルフォーカスです。

キヤノン(CANON) EOS-1V

10101010014

商品価格 ¥ 254,592

キヤノンのフィルム一眼レフ最後のフラッグシップモデルで、2000年発売ですが現在も販売中です。45点エリアAF、10コマ/秒の連写、視野率100%ファインダー、1/8000秒の超高速シャッター、21分割評価測光、プログラムAEを含め9種類の露出制御など当時の最新技術が搭載されています。

また、現在では当たり前の撮影年月日、絞り値、レンズ焦点距離などの撮影情報を36枚撮りフィルムで最大200本分のデータをカメラ本体で保存管理が可能です。フィルムカメラを極めたい方におすすめ。

ニコン(Nikon) F6

512JVY3QH4L

商品価格 ¥ 273,327

デジカメに移行する人が多い中、2004年に発売されたニコンのフィルム一眼レフ最後のフラッグシップモデル。キヤノンEOS-1Vの永遠のライバルと言われているカメラです。

主な機能として11点エリアAF、8コマ/秒の連写、視野率100%ファインダー、1/8000秒の超高速シャッター、RGBマルチパターン測光、プログラムオートを含めた4種類の露出制御、撮影データの記録などがあります。EOS-1Vと同じようにフィルムカメラを極めたい方におすすめ。

ライカ(LEICA) M7 ENGRAVE 0.72

41jCVS3ZC9L

商品価格 ¥ 777,600

ここまでくると趣味の究極系。ライカのフィルムカメラです。レリーズボタンを押すと露出が固定されるよう、AEロック機能が装備されています。ミラーレスと似たような形のため、ミラーレス一眼を使用したことがある人は、馴染みやすいカメラ。レンズメーカーである、ライカのカメラだけあって、撮影方法もシンプル。撮影に必要なのは、構図の決定とピント合わせとのみ。

距離測定と連動してレンズの焦点を被写体に合わせられるレンジファインダーカメラのため、従来のフィルムカメラより、撮影が簡易的です。初めてのフィルムカメラでも扱いやすいモデルですよ。

ライカ(LEICA) フィルムカメラ ライカM-A Typ 127 10370

813fcyS97EL._SL1500_

商品価格 ¥ 595,080

35mmのレンジファインダー式カメラです。シャッタースピードと絞りをマニュアル設定にすることにより、ユーザーの手で露出制御することができます。シャッタースピードは1~1/1000秒までして指定可能。ある程度動的な被写体でも撮影することが可能です。ストロボのタイミングは一般的なカメラと同じ、先幕シンクロを採用。趣味として遊びたい人におすすめのフィルムカメラです。

こちらは、レンズが別売りになっているため、注意が必要。マウントの方式は、ライカMバヨネットになっているため、このマウントを採用しているレンズを購入しましょう。

おすすめのフィルム

富士フィルム(FUJIFILM) フジカラー FUJICOLOR 100

51tY8dyfhaL

商品価格 ¥ 418

富士フイルムのFUJICOLOR 100。ISO感度はISO100でポートレートなど日中・野外などの撮影におすすめです。使い勝手がよいISO400が常用フィルムになっていますが、やはりISO100ならではの優れた質感には叶いません。ラインアップは24枚撮りと36枚撮りがあり、それぞれ3本パックになった商品もあります。

富士フィルム(FUJIFILM) フジカラー SUPERIA X-TRA400

51lHfafl-RL

商品価格 ¥ 799

日中・野外だけでなく、屋内などにも最適な感度ISO400の富士フィルムSUPERIA X-TRA400。どのようなシーンでも使用できるため常用フィルムとしておすすめです。ISO100に比べ画質は荒くなりますが、ほとんど分からないレベル。ラインアップは24枚撮りで2本、3本、5本パック、36枚撮りで3本、5本パックがあります。

富士フィルム(FUJIFILM) ネオパン 100 ACROS

518SZeaZavL

商品価格 ¥ 489

日本の貴重なモノクロフィルムのネオパン 100。ISO感度はISO100で、超高画質の黒白写真用ネガフィルムとして人気です。世界最高水準の粒状性と優れたシャープネスで、ポートレート、風景、建築、商品写真、顕微鏡写真など幅広い分野で使用することができます。モノクロ写真を撮影したい方におすすめ。ラインアップは36枚撮りのみで、3本パックもあります。

富士フィルム(FUJIFILM) Velvia 100

51tahLqiUlL

商品価格 ¥ 1,069

富士フィルムのリバーサルフィルム、ベルビア100。今までご紹介したフィルムはネガフィルムで、これは一般的にポジフィルムと呼ばれるフィルムです。ネガフィルムは現像してプリントすれば色が形成されますが、ポジフイルムは現像するとフィルム自体に色を形成します。

そのため、スライド映写などに使われていることが多いです。適切な撮影が必要になるので、本格的に写真を撮りたい方におすすめ。ラインアップは36枚撮りで単品と5本パックがあります。

おすすめのデジタル化商品

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フィルムスキャナー 400-SCN024

41+uza+3EVL

商品価格 ¥ 10,800

撮影したフィルムをデジタル化できるフィルムスキャナー。フィルムを専用フォルダーにセットし、液晶モニターで確認しながらスキャンします。スキャン画像は1400万画素で、本体に差し込んだSDカードに保存されます。対応フィルムは35mmのカラーネガ、白黒ネガ、ポジで。

スライドフィルム用のフォルダーも付属。家庭で眠ってる昔のフィルムだけでなく、今からフィルムカメラで撮影する方にもおすすめ。

PFU Omoidori PD-AS01

41HVOp9-LUL

商品価格 ¥ 12,798

iPhone5以上のカメラを使用して、写真をデジタル化できる一風変わった商品。普通にスマホで撮ったものだと、照明の光やカメラなどが映り込みしますが、この商品にはそのような心配がありません。本体前面にiPhoneをはめ込み、写真の上に本体を置き専用アプリで撮影することにより、映り込みがまったくない綺麗な写真データを保存可能。

専用アプリでは、写真の日付認識したり、赤目を補正したりなどが可能。手軽に写真をデジタル化したい方におすすめです。

初のフィルムカメラを体感したい方におすすめ

富士フイルム(FUJIFILM) 写ルンです 30周年 アニバーサリーキット第二弾

41YOAYDsFqL

商品価格 ¥ 952

手軽にフィルムカメラを楽しめるレンズ付きフィルム「写ルンです」シリーズ。今年発売30周年を記念してアニバーサリーキットが発売されました。フィルム感度は通常撮影に最適なISO400、内蔵フラッシュは3m、撮影距離は1mから無制限。

早い被写体などは難しいですが、ポートレートや風景などはボタンを押すだけで撮影できます。初めてフィルムカメラを使う方におすすめ。

富士フイルム(FUJIFILM) 写ルンです 1600 Hi・Speed

41z0dKPgBDL

商品価格 ¥ 832

フィルムは高感度ISO1600を搭載、暗い場所や動きの速い被写体などに最適で、手ブレや被写体ブレに強くなりました。撮影距離は0.8mから内蔵フラッシュは5mと、標準の写ルンですに比べ、被写体により近づき、フラッシュは遠くまでとどきます。

ISO感度が高いため、他の写ルンですより画像が荒くなりますが、逆に味がある写真になりました。お子さまやペットなどの撮影などにおすすめ。

富士フイルム(FUJIFILM) 水に強い写ルンです New Waterproof

51WAL1begaL

商品価格 ¥ 1,210

防水カバー付きの「写ルンです」。防水カバーは水深10mまで対応し水中写真が手軽に楽しめます。また、水中だけでなく、ほこりの多い場所や雪の降っている中でも撮影可能。フィルムはISO800、撮影距離は陸上で1m〜無制限、水中では1m〜3mまでで、残念ながら内蔵フラッシュは付いていません。手軽に水中写真をお撮りになりたい方におすすめ。

コダック(Kodak) レンズ付きフィルム スポーツ15m防水

514MFhqCkgL

商品価格 ¥ 1,650

コダックのレンズ付きフィルムカメラ。「写ルンです」とほぼ同じ操作で撮影できます。コダック独自のラバーとプラスチックの一体成型した防水ケースは水深15mまで対応。水中で使用することを前提で設計していますので、シャッターボタンや巻き上げノブは、手袋したままでも使える設計になっています。

フィルム感度はISO800。ダイビングやシュノーケリングはじめ、海やプールで手軽に撮影したい方におすすめ。

フィルムカメラの選び方

ポイント1:フィルムサイズの違いをチェック

film-cartridge-1403105_640

フィルムカメラは文字通りフィルムを入れて撮影するカメラで、フィルムサイズによって使えるカメラが変わってきます。フィルムサイズには「IX240」「135」「ブローニー」と大きく3種類に分類できます。

「IX240」はAPSカメラ用で現在はフィルムもカメラも販売されていません。「135」は35mmサイズのフィルムで一般的に普及されているカメラに使われているフィルムです。「ブローニー」は中判カメラ用のフィルムで販売はされていますが、取り扱いが難しく初心者には向いていません。

ポイント2:フィルムの種類をチェック

film-219911_640

フィルムカメラはフィルムの種類によって大きく影響を受けます。デジタルカメラではカラー写真、モノクロ写真など設定ひとつで変更できますが、フィルムカメラはカラー写真ならカラーフイルムを、モノクロ写真なら白黒写真用フィルムを使います。

また、同じカラーフィルムでも、ネガフィルムとポジフィルムがあり、使用用途や自分の好みによって選択できます。

ポイント3:フィルムのISO感度をチェック

city-647400_640

ISO感度とは大まかに説明すると、数字が小さいほと暗い場所が苦手だが写真はきれい、逆に数字が大きくなるほど、暗い場所は得意、でも写真にノイズが入るという特徴があります。夜景などは高感度で撮影しましょうとの記述あり。

デジタルカメラならISO感度をカメラで設定できますが、フィルムカメラはフィルムでISO感度が決まっていますので、撮影シーンによって使うフィルムを選択する必要があります。

ポイント4:フィルムの枚数をチェック

film-1326012_640

ほとんどのフィルムは24枚撮りか36枚撮りです。全枚数撮影しなければ現像できないことはないですが、36枚撮りで20枚だけ撮影して現像すると残り枚数分がもったいない。旅行などでフィルムを持っていく場合、何枚ぐらい撮影するか想定して何枚撮りか決めましょう。

最悪、残り枚数分撮影する機会がなく何日も写真を確認できないこともあります。

ポイント5:ランニングコストをチェック

film-1331196_640

フィルムカメラで撮影するにはフィルムが必須で、撮影後には現像しプリントしなければ、撮った写真の確認ができません。そのため、最低でもフィルム代+現像代+プリント代は毎回コストとしてかかります。SNSなどに投稿する場合は、デジタル化をする必要が別途かかるので要注意。

ポイント6:フィルムカメラの種類をチェック

kamaera-624740_640

現在販売されているフィルムカメラは大まかに分けて、「フィルム付きカメラ」「コンパクトカメラ」「マニュアル一眼レフ」「一眼レフ」があります。

とりあえず、フィルム写真の魅力を感じたい方は「フィルム付きカメラ」を、全てがマニュアルで不便ですが、自分だけの写真を撮りたい、写真を勉強したいなど思っている方は「マニュアル一眼レフ」を、今のデジタル一眼レフに近いもので撮影したい方は「一眼レフ」を選択すれば間違いないです。