夏に向けて夏物アイテムは手に入れましたか? これから集めようと考えている方に、夏に最適なハットの代表とも言えるストローハットをご紹介します。清涼感あふれる見た目は日よけとしても、メンズファッションアイテムとしても、夏には欠かせないアイテムとなりつつあります。

そもそもストローハットとはなんでしょうか? かぶり方についても含め、今回はストローハットの人気ブランドとおすすめメンズコーデをご紹介します。

ストローハットとは

12407036B_b_1003_500

By: zozo.jp

ストローハットとは言わば、麦わら帽子のこと。近年ファッション業界では「ストローハット」という呼び名が主流になっていますが、機能的な面でも麦わら帽子と変わりなく、ただニュアンスが違うというだけです。

年々ファッション性の高いものが増え、日よけの用途だけではなく、男女問わずファッションアイテムとして着用している方が多く見られます。

ストローハットの特徴

11322611_B_04_500

By: zozo.jp

ストローハットは天然素材の草を使用しているので、天然素材ならではの高級感、丈夫さ、しなやかさが特徴として見られます。最近ではペーパーハットなどが出てきており、混同してしまう方もいますので、ご注意ください。

またストローハットは麦わらを編むことで形成されています。なので、通気性がよくラビットファーやウール素材のハットのように頭部と帽子の間が蒸れてしまうということはありません。夏場でも直射日光を避け、頭部の汗を外部に流してくれるので、快適に使用できます。

ストローハットの選び方

7170698B_14_D_500

By: zozo.jp

気になるのは、どんなストローハットが自分に合うのか? というところだと思います。注意すべきはブリムの長さと色。バランスのとれたおすすめのストローハットはブリムの長さが7センチ前後で、麦わら本来の色味が出ている色をしているものです。

極端にブリムの長さが短いものや極端にブリムの丈が長いものは上級者向けなので、購入する際には注意してください。

ストローハットのおすすめメンズコーデ

モノトーンでまとめた夏コーデ

20160626090204483_500

By: wear.jp

ストローハットを使用した一押しメンズコーデをご紹介します。ストローハット以外は全て白と黒で構成されいますが、トップスやパンツにゆるめのアイテムが多いため、とても爽やかな印象に。

今注目ブランドのSUNSEAのパンツ。独特の雰囲気があって、他のコーデと差別化されています。ぜひ、モノトーンコーデにストローハットを合わせてみてくださいね。

ストローハットで夏カジュアルを極めよう

20160422190233878_500

By: wear.jp

ホワイトとベージュのアイテムをベースに作りあげたメンズコーデをご紹介します。トップスにはニット素材のTシャツを着用。裾端がリブになっているので、丸みのあるようなフォルムがコーデ全体の味を引き立てています。

小物アイテムにもきちんと気を使っていて、シンプルながら単調さは清涼感のあるメンズコーデとなっています。この夏おすすめ!

ボーダーにストローハットを合わせたメンズコーデ

20150416180121849_500

By: wear.jp

ボーダーのカットソーが爽やか印象。カットソー以外はブラックでまとめているためボーダーが際立ちます。そしてブラックのリボンが特徴的なストローハットを着用。ブリムの長さも6~7㎝と絶妙なバランスですので、ファッション的にも機能面的にもいいですね。

ハイブランドで決めるメンズのモードコーデ

20150709220324009_500

By: wear.jp

アートセンスあふれるグラフィックTシャツをあしらった夏コーデ。ストローハットを合わせることによって清涼感がプラスされています。ダークネイビーのワイドパンツにエンダースキーマーの厚底サンダルを組み合わせているので、重ための印象に。

上部にはオフ色を取り入れることでメリハリのあるメンズコーデに仕上がっています。

ダークトーンコーデにストローハットをプラス

20160512121939734_500

By: wear.jp

左腕に文字をあしらったsoeの開襟シャツが魅力的。夏らしくスリッポンを着用しているのも清涼感がありますね。ストローハットを被ることでモードライクなコーデも柔らかいイメージに。

ストローハットがメンズっぽくないと思われている方も少なくないとは思いますが、このようにブラックやグレーのアイテムの外しアイテムとして取り入れるとまた違ったファッションが楽しめますよ。

1:1の比率が絶妙なモノトーンコーデ

20150725185822199_500

By: wear.jp

牛柄のワイドパンツがコーデのポイントになっています。白シャツも閉めるよりも夏場はオープンするのがおすすめです。インナーにはレイヤードに最適なロングタンクトップをあしらい、緩めなコーデがおしゃれ。

最近はストローハットを外しとして着用するメンズコーデが流行中。今回のコーデのように黒と白の外しアイテムとしてスタイリッシュにキメてみてください。

ホワイトコーデで他のメンズに差をつけよう

20160508233211510_500

By: wear.jp

敬遠しがちなホワイトコーデですが、ルーズなアイテムでまとめれば大丈夫。今回のように下部にかけてワイドになるシルエットのメンズコーデでは、ブリムの長いストローハットがおすすめ。

ストローハットは大人気の帽子屋CA4LA。上質なストローハットをお探しの方はこのブランドをチェックといいですね。

タイト × タイトのアイテムでもおしゃれに着こなし

20160622224553944_500

By: wear.jp

今季はウォッシュのかかったデニムアイテムが旬。コーデに爽快感を加えてくれるので、ぜひ、夏に取り入れてみてください。今回のメンズコーデはタイトなアイテムでまとめられています。デニムのハーフパンツと無地の白Tはバランス、色合い共に相性抜群。

タイトなメンズコーデにはツバの短いストローハットでもきちんとマッチしますので、夏の定番コーデにおすすめですよ。

ストローハット人気ブランドまとめ

アンリラクシング(unrelaxing) ツバ広ストローハット

12407876B_b_1002_500

商品価格 ¥ 3,175

定番の型にエッセンスを加え、最高のコストパフォーマンスのアイテムが多いブランド、アンリラクシングからご紹介。ブリムの長さ、ハットの高さ共にさまざまなメンズコーデと組み合わせやすいストローハットになっています。

ブリムに長さがあるので、日よけとしてもきちんと活躍してくれ、真夏でも安心。定番の型をお探しの方にはおすすめです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) ブレードストローハット

001866186001_16

商品価格 ¥ 5,184

ハット上部の形を自由に変形できる万能ストローハット。網目も綺麗に整っているので、カジュアルからスタイリッシュなメンズコーデまで幅広く対応してくれます。この価格で発色もよく、光沢のあるストローハットはなかなかありません。

ユナイテッドアローズの人気ストローハットがこの夏を涼しく彩ってくれそうです。

アンソニーペト(Anthony Peto) ロングブリム ストローハット

to913-00530-21b

商品価格 ¥ 11,016

フランスのパリで始まったブランドから人気のロングブリムストローハットをご紹介。トラディショナルな感覚を重要視しつつも、新素材や現代的な感覚を兼ね備えた人気のブランドです。

長めにとられたブリムにおしゃれさ漂う紐を巻きつけたようなデザインが魅力的。人と差別化を図りたい方にぜひおすすめしたい、知る人ぞ知るおしゃれメンズアイテムです。

ハレ(HARE) バオグラスナカオレ

12063750_8_D_500

商品価格 ¥ 3,240

ハレから天然草を使用した定番ストローハットをご紹介します。ストローハット言えば、麦わら特有の薄ベージュをイメージしますが、ブラックならば重たい色でありながら清涼感を失わず、モード系メンズコーデを実現可能。

夏場は明るい色を着なければいけない! という使命感を持たずに、素材で季節感を出せますよ。とても軽いので、ウール素材のハットとは比べものにならないほど快適です。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) ストローハット

to914-07454-01c

商品価格 ¥ 6,048

デニム素材のリボンをあしらった唯一無二のデザインが特徴的なストローハット。ブリムは短めですが、その分デザイン性があるので、程よい丈感ですね。

リボンにデニム素材が使われているので、コーデにはデニム素材のメンズアイテムを入れると統一感のある雰囲気が演出できます。コーディネートをする際は組み合わせに「一体感を出すこと」を意識するとおしゃれにみえます。

ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE) ストローハット

001839973145

商品価格 ¥ 5,184

ムッシュニコルの中でもNO.1の人気を誇るストローハットをご紹介します。ブリムの長さは短め。そして麦わらの網目は詰まってないので、通気性は大変優れています。

今回は、ネイビーというと、代表的なストローハットのイメージには程遠いカラーですが、ネイビーは暗色の中でも映えます。白Tや黒Tなどのシンプルなメンズアイテムと合わせてみるといいですよ。

夏っぽさを出したい時期だからこそ不可欠なアイテムですので、おすすめします。