「人を真ん中に考えるクルマ」。

フォルクスワーゲンの公式サイトのトップページに記されている印象的なフレーズ「人を真ん中に考えるクルマ」。未来の自動運転車でもそのコンセプトは生かされるでしょうか? それを確かめるべく、今回はブラジルのフォルクスワーゲンのインターン時代に Danilo Makio Saito 氏が生み出した"突き抜けた"コンセプト LUNA を見てみましょう。

3つの部分からなる自動運転探検車

volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito6

今回のコンセプトカーは自動運転探検車。"台車"にあたる陸上ドローン、人が乗るキャビン、専用の飛行ドローン、という3つの部分で構成。人の安全を確保したまま、さまざまな探索を陸から空からしてしまおう! というのです。

ベースキャンプを設置

volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito10

探索を始めるにあたって、まず人が乗車しているキャビンを自動で"台車"から降ろします。すると、比較的安全な場所に"ベースキャンプ"があっという間に出現! あとは指令を出すだけです。

陸から探索

volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito4

キャビンから指令を出された"台車"は高性能の陸上ドローンとして、陸路で行けるところまで分け入り、さまざまなサンプルを持ち帰ってきます。その際の映像はキャビン内の大画面で一望!

空から探索

volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito2
volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito3

また、"台車"陸上ドローンの及ばないところは専用飛行ドローンの出番です。通信範囲内で自由に飛び回り、貴重なデータを収集。秘境であってもラクラク安全探検が可能に!

volkswagen-luna-by-danilo-makio-saito11

ドローンを2台も抱えた自動運転車という"突き抜けた感"満載のフォルクスワーゲンのコンセプトカー LUNA。これが実現するまで地球の秘境を大切にしたいですね!