超役に立つ超かわいいヤツ。

ビッグドッグのような、荷物を背負い兵士と行動を共にする軍用ロボットの開発も行うボストン・ダイナミクス。このたびは、"研究用"のちょっと怖カワイイ系とは違う路線の家庭用ロボットを発表しました。ご紹介しましょう、アルパカ系の SpotMini です!

アルパカみたい?

spotmini-robot-7

確かにひと目見るとアルパカみたいなのですが…。じつは、ふだん歩き回っているときは、長い首と頭に見える部分は折りたたまれています。これは「アーム」のようです。

賢い子です!

spotmini-robot-5

SpotMini はとにかくイロイロお手伝いをしてくれます。台所のシンクにあるコップをビルトイン食洗器に入れたり、空のカンをゴミ箱に捨てたり…。本当に気の利く子です!

spotmini-robot-3

またダイニングのテーブルのような障害物の下をかいくぐることはお手の物。さまざまな物や人で混み合った場所でも、上手によけながら目的地に向かって歩く姿はもう"生き物"レベル。

転んでも大丈夫。

spotmini-robot-6

開発者たちによって"仕込まれた"バナナの皮で派手に滑って転んでも大丈夫。かなりスゴい音がしてはいたのですが、しばらくするとアームを器用に使ってムクッと起き上がります。

spotmini-robot-2

SpotMini は多くのことを自律で実行することができるようですが、依然として高度なタスクは人間による操作が必要。これだけの動きの完全自律ロボットが完成するなら、ペットはこの子で決まり!?