自転車のナビは簡単なのがいい。

街中をいろいろ寄り道しながらの走るのも楽しいサイクリング。そんな時に役立つのがスマートフォンのナビですね。当然のことながら、画面を見ながら走るのは危険。かといって確認のたびに止まるのも…。でも、自転車ベルの形の"直感系"ナビ Blubel なら大丈夫! さっそく見てみましょう。

直感的なナビがイイ!

541e7cd610b96b5aa12236ea4cfda4b9_original

まずスマートフォンの専用アプリに目的地を入れたら「GO」ボタンをプッシュ、自動で Blubel と接続。あとはナビ画面を確認するのではなく、チラ見で進む方向が直感的にわかるのが Blubel のいいところ。

ハンドルバーに取り付けられた Blubel はどう見てもベルですが、シンプルなLEDによる「ターン・バイ・ターン」式のナビをしてくれます。曲がる場所が近づくと音とLEDでお知らせ。

59f126a8f602d941aa21e8345561b26d_original
88d84a2c0b474ff0d53d73396aa896ee_original

その交差点ではLEDの光の動きで曲がるべき方向を示してくれます。その間、最終目的地の方向もちゃんと表示。到着したら分かりやすくLEDでお知らせ!

情報シェアでルートを「育てる」

8e275d9b16902d87464f872e8a816a00_original

開発チームによると、Blubel のユーザーによるコミュニティを広げ、都市部のサイクリングをより快適で安全なものにしていきたいとのこと。

68562ca6aeec99b5c3be2bf0a91c675a_original

たとえば、サイクリング中に危険な場所を発見したとしましょう。そんな場合は Blubel を「チーン」と鳴らすと、その場所が専用アプリに登録。詳細は明らかではありませんが、「生の声」で究極の走りやすいコースが完成するかもしれませんね。

いろいろ使える専用アプリ

1749ba483954066678e1096b445dbafc_original

Blubel の専用アプリを使えば、事前のルート作成はもちろん、自転車を停めた場所を登録したり、消費カロリーなどのフィットネストラッキングにも利用可能。

ネットワークがなくても、オフラインルートマップをアップロードしておける Blubel は Kickstarter で40ポンド。ハンドルバーのゴチャゴチャ感がイヤなら、コレで決まり!