GoPro撮影、もう失敗しない!

アウトドアアクティビティで超絶キレイな映像や画像を楽しめるGoPro撮影。ヘルメットマウントやチェストマウントを始めた人もいるかもしれません。でもその最中にシャッターボタンを押すのが大変だし、チャンスを逃してしまうことも。そんな悩みに応えるべく出ました! GoProハンズフリーシステム GoHawk です!

GoHawk とは?

526c51a74705c43c30e65d860d5f26a4_original

GoHawk とは GoPro Hero4 に装着して外部シャッター機能や、撮影状態を知らせるLED、外部電源ポートを増設できる、これまでにない自由な撮影を実現する専用アクセサリー。

39e353ab338a75a1f682d7185beade66_original

当然のことながら、アウトドアでの撮影に必須の BacPac Backdoor などのハウジングにも対応ずみ。きっとGoProユーザーにとっては「こんなの待ってた!」レベルです。

ハンズフリーでシャッター

87573f7907a3855b011a6169ffe3daad_original

まず準備は GoPro の背面のポートに GoHawk をはめるだけ。プラグ&プレイでソフトウェアは必要なし! そして GoHawk に外部シャッターコントロールを挿したら完了です。

4bed3c349fa6b9666e0f6d079a701920_original
026f3cbeeeae295e67bc2266b35d287b_original

「噛んで」シャッターを切るタイプ、口に含んで舌でコントロールするタイプのシャッターボタンで、ヘルメットマウントでもシャッターコントロールは楽勝です!

9687e37e2f6069e37a5f991e3cc5fd29_original

またハンドルバー装着シャッターボタンなら、自転車にマウントした GoPro のシャッターコントロールも親指でOK! 太陽光の下でも視認性抜群のLEDで撮影状態がすぐにわかるのがイイ!

撮影状態はLEDで確認

235c3daa51144b81c49cdfa14519d5fd_original

ヘルメットマウントされたGoPro本体での撮影状態の確認は不可能。そこで GoHawk に接続されたLEDをヘルメット内に仕込みます。撮影中にはLEDがゆっくりと点滅して動画撮影中であることをお知らせ。

「最高の映像が撮れた!」と思ったら、ボタンが押せてなかった…なんて悲劇を経験することはもうありませんね。ちなみに静止画の連写モードでは、シャッターボタンを押している間、赤色LEDでフラッシュします。

c5d9ed983149a0980f76f6aa701695b4_original

対応のモバイルバッテリーで長時間のGoPro撮影を楽しめる GoHawk は Kickstarter でLEDセットが99ドル! GoPro 始めるなら、最初からセットで使いたいアクセサリーですね。