一眼レフカメラを購入する際に比較対象になりやすいのが「ニコン」と「キヤノン」の2大カメラメーカー。国内の市場シェアは2社合わせて全体の90%を占めるほどで、圧倒的な人気を誇っています。カメラ選びで迷った場合はこの2社のどちらかであれば間違いはなさそうですが、どちらのメーカーにすべきかは悩んでしまいがちです。

そこで今回は、ニコン製品に的を絞り、特長やおすすめの一眼レフカメラをご紹介。また、キヤノンとの違いも解説するので「ニコンとは決めつつも、購入に踏み切る“もうひと押し”がほしい」という方は、ぜひ参考にしてください。

ニコンとは?

pexels-photo-238534

デジタルカメラ、測定器、光学素材などを開発する大手光学機器メーカーです。1917年に現在のニコンの前身である「日本光学工業株式会社」を設立しました。

デジタル一眼レフ「ニコンDシリーズ」、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nicon 1シリーズ」、コンパクトカメラ「COOLPIXシリーズ」、アクションカメラ「KeyMissionシリーズ」で知られています。

元は軍用の光学兵器を製造していた背景もあり、頑丈で操作性に優れたカメラを製造していることで有名です。

キヤノンとニコンの違い

キヤノンの特長

work-1940690_1280

キヤノンのカメラは、人の目で見たときに美しく見えることを重点においた画づくりが特長です。白飛びがしづらく、肌の色をキレイに描写できます。また、オートフォーカスの素早さにも長けているのがポイント。

初心者でもプロのような魅力的な写真を撮りたい方、人物撮影を主とする方はキヤノンのカメラがおすすめです。

ニコンの特長

camera-1838741_1280

ニコンのカメラは、被写体の色を忠実に再現できるのが特長です。黒色に強く、黒い髪一本一本まではっきりと質感をもって表現できます。

オートフォーカスに関しては、キヤノンがスピードに優れていることに対し、ニコンは正確さに優れているのがポイント。また、ダイナミックレンジが広く美しい明暗を表現できます。

さらに、元々軍用光学兵器メーカーとして技術を積み重ねてきたので、堅牢性の高さでも人気を博しています。

ニコンの一眼レフの種類

FXフォーマット

By: nikon-image.com

ニコンでは、フルサイズ機のカメラのことを「FXフォーマット」と呼びます。35mmフィルム相当(約36mm×24mm)の範囲を撮影することが可能です。光を受ける面積が広いので、感度に優れておりノイズが少ないキレイな写真が撮れます。

DXフォーマット

By: nikon-image.com

APS-Cサイズのモノは「DXフォーマット」と呼び、約24mm×16mmの範囲を撮影できます。フルサイズに比べると画角が狭くなるのがデメリット。一方、重量も軽量でリーズナブルな価格で手に入ります。

ニコン一眼レフの比較ポイント

有効画素数を確認する

有効画素数とは、撮影で実際に使用できる画素数のことです。有効画素数が多いか少ないかで写真の鮮明さが決まるわけではないですが、画素数が多いモノを選んでおくとよいでしょう。

また、ニコンの一眼レフの有効画素数はどれも2000万画素を超えるモノばかりです。なので、エントリー機でも必要最低限の画素数は確保できている場合があるので安心できます。

ISO感度が高いと暗所の撮影に優れている

ISO感度は暗くなりがちな屋内や夜間の撮影の際に重要です。ISO感度が高ければ高いほど、暗所でも光を拾ってくれます。夜景や花火、星空といった周囲に十分な光量がない状況下で撮影をしたいと考えている方は、ISO感度が高く設定できるモノを選びましょう。

重量

一般的にはFXフォーマットの方がDXフォーマットよりも重くなります。ただし、DXフォーマットでも高性能なものほど重くなります。また、使用したいレンズのサイズによっても重量がプラスされてしまいます。気軽に外へ持ち運びたいという方は、レンズのことも考えて吟味することが重要です。

モニター

ニコンの一眼レフのモニターは埋め込み固定式のほか、チルト式、バリアングル式の3タイプがあります。チルト式は上下にモニターを動かすことができ、セルフィーなどモニターを確認しながら撮影したい時に便利です。

バリアングル式は上下に加え、左右への角度調整も可能です。手を上に伸ばして高い位置から撮影する時や、地面ギリギリの低い位置からでも楽に撮影ができるメリットがあります。

ワイヤレス機能

友達と撮った写真をシェアしたり、SNSに高画質な画像をすぐにアップロードしたいという方にはワイヤレス機能がついた一眼レフがおすすめです。ニコンの一眼レフには、Wi-FiやBluetoothに対応しているモデルがあります。なので、SDカードやケーブルを介さずともスマホにデータの転送が可能です。

ニコンの一眼レフおすすめモデル|初心者向け

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

51uq3xeqzhl

有効画素数2416万画素、ISO感度は最大で25600のDXフォーマットの一眼レフカメラです。本機は、スマホなどのタブレット端末に専用のアプリ「SnapBridge」を使って自動で画像を転送できるのが特長。カメラのシャッターを切る毎にスマホへ転送してくれます。ネットワーク機能としては、Bluetooth以外にはWi-Fi、NFCによる通信が可能です。

また、液晶画面はバリアングル仕様、タッチパネル搭載なのでさまざまな角度からの撮影が気軽にできます。動きあるシーンも39点AFシステムでベストショットを逃しません。初心者の方や一眼レフを使い慣れはじめてきた方、SNSなどにすぐ写真をアップしたいという方におすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5500

D5600の型落ちモデルです。有効画素数は2416万画素、ISO感度も最大で25600と基本性能はほぼ同じモノを持ち合わせています。重さも5gしか差がありません。また、D5600はブラックのみですが、D5500はレッドとブラックの2色から選択できます。

デメリットを挙げるとすれば、Bluetooth接続がなくWi-Fiでいちいち接続する必要があります。なので、写真をすぐにスマホ転送したいという方は少々不便です。写真を撮る分には十分な性能があるので、よりリーズナブルな価格で手に入れたい方、写真の転送機能は気にしないという方は選択肢に入れてみてください。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D3400

初心者の方におすすめのDXフォーマットのエントリーモデルです。一眼レフはボディが重いのが気にかかりますが、D3400は重量約445gと軽量化され、楽に持ち運びができます。また、「AF-P」レンズを組み合わせるとライブビュー時のオートォーカスが高速になるのがポイントです。

有効画素数は2416万画素、ISO感度は最大25600あり、専用アプリ「SnapBridge」を使えばスマホに素早く写真を転送できます。さらに「ガイドモード」機能搭載で、撮りたい写真に合った設定をナビゲートしてくれるため一眼レフ初心者の方でも安心です。

▼撮影イメージ

ニコンの一眼レフおすすめモデル|中級者向け

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D610

リーズナブルな価格でフルサイズの一眼レフを使ってみたいという方におすすめです。視野率100%で、ファインダーから見ている時と同じ大きさの写真が撮影できます。また、オートホワイトバランスの性能も進化しており、より自然な色合いを表現することが可能です。

連写スピードも約6コマ/秒を実現。高速画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載しているので、連続撮影可能コマ数への影響を軽減できます。

さらに「ピクチャーコントロールシステム」を採用し、撮影状況や表現意図に応じて画像や映像の仕上がりを自在にコントロールすることも可能。有効画素数は2426万画素の高画質。SDカードは2枚使うことができるダブルスロット、大容量記録に適したカメラです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

51qvvmkbsol

ハイエンドモデルであるD5とほぼ同等の性能を持った、ミドルクラスの眼レフです。オートフォーカスの性能に力を入れており、153点ものフォーカスポイントが撮像範囲を広く高密度にカバーしてくれます。また、連写性能も優れており約10コマ/秒の高速連写でシャッターチャンスを逃しません。

動画撮影では、4K UHDに対応しているので高画質な映像を撮影することが可能。Wi-Fi、Bluetooth、NFCの各ネットワーク通信機能を装備しており、スマホとの連携もバッチリです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7200

軽量で堅牢なマグネシウム合金を採用。上級機であるD810、D750と同程度の防塵・防滴性能を持っている頑丈な一眼レフカメラです。常用ISO感度は25600まで対応でき、暗所での撮影にも優れています。

画像処理エンジンに「EXPEED 4」を採用し、約6コマ/秒のスピードを維持した状態で、JPEG100コマまでの高速連続撮影できるのが特長。ミラーバランサーを搭載し、連写ののファインダーの揺れやシャッターを押した時のミラーショックを防ぎます。内蔵しているWi-Fiでスマホとの連携も可能です。

ニコンの一眼レフおすすめモデル|上級者向け

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5

精密にピントを合わせることができるクロスセンサー99点を含む、計153点の高密度なオートフォーカスシステムを搭載。より広範囲にしっかりとピントが合わせられます。さらに、コントラストが低い被写体にもピントが合わせやすくなっているのも魅力です。

画像処理エンジンには「EXPEED 5」を採用し、Nikon史上最高のISO102400を実現。ISOを上げた際のノイズ感が少ないのはもちろん、撮影ができなかった暗闇の状況下でも被写体をカラーで映し出せる優れモノです。バッファメモリーも大容量化し、最高約12コマ/秒の高速連写が可能。スポーツや野生動物など動的な被写体を写すことにも優れています。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810

有効画素数3635万画素を持つフルサイズの一眼レフカメラです。「EXPEED 4」の画像処理エンジンを搭載し、ISO64~12800という幅広い感度域から選択できるのが特長。ISO値をより小さくできるため、白飛びを抑えた豊かなグラデーション表現ができます。

広範囲で被写体を捉えられる「グループエリアAF」機能を搭載しているのも魅力。捕捉能力が強化され、動物など不規則に動く被写体の撮影がしやすく、間違えて背景にピントが合わせてしまうことを防ぎます。

また、撮影者の意図を画作りに反映する「ピクチャーコントロールシステム」により高品質な画づくりが可能です。購入される場合は、高画質を最大限に発揮できるレンズを選んで撮影を楽しんでみてください。

▼撮影イメージ

ニコンの一眼レフの楽天市場ランキングをチェック

ニコンの一眼レフの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ニコンのレンズの選び方

マウントとフォーマットを確認

マウントとは、カメラの本体とレンズを連結させる部分のことです。マウント部分はオートフォーカス、露出、絞りなどの情報を知らせる役割も持っています。なので、ボディに対応したレンズを選ぶことが重要。

ニコンの一眼レフカメラで使用するレンズは「Fマウント」と呼ばれており、その中でもDXフォーマット用とFXフォーマット用の2種類のレンズが存在します。

DX、FXともにマウントの径は同じなので、どのカメラにも取り付けることが可能です。ただし、FXボディにDXレンズ、DXボディのFXレンズを装着する場合は画角が変わってしまうので注意が必要となります。

レンズの種類と焦点距離から選ぶ

レンズのには、ズームレンズと単焦点レンズの2つの種類が存在します。ズームレンズとは、遠くの被写体を大きく写すことができるレンズのことです。単焦点レンズにはズーム機能はありませんが、画質がよく明るい写真やボケ感のある写真が撮影できるのが特長です。

焦点距離は主に広い範囲を写せる「広角」、ほぼ肉眼で見たままを写せる「標準」、遠くの被写体を大きく写せる「望遠」の3つがあります。なので、風景写真を撮りたい場合は広角、スナップ写真をメインに撮影したい場合は標準、シャッターチャンスを逃したくないという方は望遠を選ぶのがおすすめ。

ボケ感を楽しみたい場合はF値が小さいレンズを

レンズにはF値と呼ばれる明るさを決める単位があります。この数字は小さくなるほど明るくなり、大きくなるほど暗くなるのが特長です。なので、F値が小さいレンズを選べば、暗所での撮影もシャッタースピードを速くして撮影できるので手ブレを防止できます。

さらに、明るいレンズほどより美しいボケ感を演出することが可能。被写体に近づいて前景や後景をボカしたような写真を撮りたい方はF値の小さなレンズを選択することをおすすめします。

ニコンのおすすめレンズ【広角レンズ】

ニコン(Nikon) 超広角ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 10-24mm/f/3.5-4.5G ED

41boyi-5gul

109度~61度の超広角撮影と2.4倍ズームが可能なDXフォーマットのレンズです。狭い室内や風景撮影に最適ですが、74度~62度の画角が含まれているので、スナップ写真を撮る際に便利な標準レンズとしても使えます。

レンズ部分には、色収差の補正ができるEDレンズ2枚と収差の小さい非球面レンズを3枚採用。歪みを軽減した描写で映し出せます。また、ナチュラルなボケ感を出せるのもうれしいポイントです。

▼撮影イメージ

ニコンのおすすめレンズ【高倍率ズームレンズ】

ニコン(Nikon) 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

512acwp1rpl

高倍率ズームレンズは、広角域~望遠域まで幅広く対応できる便利なレンズです。本製品は約11倍の高倍率、画角は76度〜8度となります。質量は約565gとズームレンズながら小型・軽量化を実現しています。

手ブレを補正してくれる「VR機構」が搭載されており、約4段分までのブレを軽減してくれます。また、AF駆動には超音波モーターである「SWM」を採用しており、快適なオートフォーカスができることもポイント。静粛性にも優れているので動画の撮影にも活躍します。

ニコンのおすすめレンズ【単焦点レンズ】

ニコン(Nikon) 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

51y1g23rbpl

開放F値が1.8で光量が少ない室内でもキレイな写真が撮影できます。美しいボケ感を楽しめるのも魅力のひとつです。

小さく軽量で、価格もリーズナブルなのが単焦点レンズの特長。初心者の方や、気軽なスナップ撮影を楽しみたいというにおすすめです。

▼撮影イメージ

ニコンのおすすめレンズ【マクロレンズ】

ニコン(Nikon) 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED

51gj7ckgl

最短撮影距離が約0.185mの迫力のあるクローズアップ撮影ができるレンズです。被写体の細部をシャープに写せる描写力に加え、絞り羽根を9枚採用した円形絞りのため、ボケ感もキレイに表現できます。

また、ナノクリスタルコートを使用したレンズなので、ゴーストやフレアが少ない鮮明な写真を撮影できます。さらに標準レンズと近しい画角を持っているので、風景やスナップ撮影にもぴったりです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

41mdv0cqvol

高い解像力とやわらかいボケ感を楽しめる単焦点マイクロレンズです。開放F値2.8と明るく、最短撮影距離は約0.163mまで近づけます。

フォーカスモードには「M/A」モードも搭載。オートフォーカスからマニュアルへすぐに切り替えられ、ピントを緻密に合わせることが可能。ポートレイト撮影にも適しており、背景を美しくボカすことはもちろん被写体の肌や髪までシャープに描写します。

▼撮影イメージ

ニコンのおすすめレンズ【標準ズームレンズ】

ニコン(Nikon) 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

51fgop7uoql

FXフォーマット時画角は84度と、広角域〜望遠域まで対応できる5倍標準ズームレンズです。ナノクリスタルコートを採用し、ゴースト、フレアを軽減できます。

手ブレ軽減効果のあるVR機構は、ノーマルモードとアクティブモードの2種類を切り替えることが可能です。ノーマルモードは常用時、アクティブモードは車など乗り物から撮影する際に効果的です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

41x8m63xtcl

広角〜中望遠まで対応しており、さまざまなシーンの撮影で活用できるレンズ。色収差を含めた各種収差を効果的に補正できる画質に追求した光学設計で、高い描写力を持っているのが特長。解放F値は2.8で、ナチュラルでキレイなボケ感を表現できます。

また、ニコン独自のフッ素コートを採用し、耐久性や防汚性に優れているのも魅力。山登りなどのハードな環境下でも使用できるレンズです。

▼撮影イメージ

ニコンのおすすめレンズ【望遠レンズ】

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

41kc7zjbbpl

焦点距離70〜200mm、開放F値は2.8の大口径のレンズです。周辺光学性能が向上されており、ズームレンズで起こりがちな写真の四隅部分が暗くなる現象を防げます。

また、SWMと呼ばれる超音波モーターを搭載し、静かで高速、そして追従性の高いAFを実現。明るい撮影ができるズームレンズを探している方におすすめです。

ニコンのレンズの楽天市場ランキングをチェック

ニコンのレンズの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。