一眼レフカメラを購入してみたいけれど、どのメーカーを選べばいいのか迷ってしまいますよね? 一眼レフカメラ販売台数のシェア第1位はキヤノン、第2位はニコン、第3位はソニーという順で続いていて、キヤノンとニコンでほぼ90%のシェアを占めています。

したがって、迷った場合は、この2社のどちらかに絞れば間違いはなさそうですが、どちらのメーカーにすべきかまた悩んでしまいますね。そこで今回は、ニコンに的を絞り、おすすめの一眼レフカメラをご紹介していきます。

ニコン(Nikon)とは

pexels-photo-238534

デジタルカメラ、測定器、光学素材などを開発する大手光学機器メーカー。1917年に現在のニコンの前身である「日本光学工業株式会社」を設立しました。

デジタル一眼レフニコンDシリーズ、レンズ交換式アドバンストカメラNicon 1シリーズ、コンパクトカメラCOOLPIXシリーズ、アクションカメラKeyMissionシリーズで知られています。

デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトデジタルカメラ部門それぞれ2位のシェアを誇っています。

キヤノンとニコンの違い

cameras-1851131_1280

一眼レフカメラを購入する際に、必ず比較される「ニコン」「キヤノン」の2大メーカー。国内のシェア率はこの2社で90%を占めています。ちなみに、プロのカメラマンもほぼニコンかキヤノンのカメラを使っていますよ。

キヤノンの特徴

work-1940690_1280

キヤノンは人の目で見たときに美しく見えることを重点においてカメラ作りをしており、デジタル一眼レフカメラ業界No.1のシェアを持っています。人物をより魅力的に撮影する技術に長けていて、特に人の肌色の表現がいいのは、キヤノンのカメラの特徴です。

日本人の女性や子供の肌色を綺麗に表現するのが得意。素人でもプロのような魅力的な写真を撮りたい人、人物撮影を主とする人はキヤノンのカメラがおすすめです。

ニコンの特徴

camera-1838741_1280

一方のニコンは、1946年からカメラを作り続ける老舗のカメラメーカー。ごまかさずありのままに正確に表現するのがニコンのカメラです。カメラが撮影するデータ(情報)の正確さや質という点では、ニコンの右に出るメーカーはないのではないでしょうか?

特にニコンのカメラが得意とするところは、まず第一に静止画撮影。集合写真や商品カタログに掲載する写真は静止画がメインとなってきますが、正確なオートフォーカスによる画の撮影が可能。特に黒色に強く、黒い髪一本一本まではっきりと質感をもって表現できます。

第二に風景画の撮影。自然な色合いを出すことができ、ダイナミックレンジが広く解像度が高いレンズが揃っている点です。そして最後に堅牢さ。元々軍用光学兵器メーカーとして技術を積み重ねてきたので、堅牢さ、丈夫さも兼ね備えています。

壊れにくく正確な画像データを残したい、撮影したい人にはニコンがおすすめです。

初心者におすすめのニコン一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

51uq3xeqzhl

商品価格 ¥ 69,800

レンズマウントは「DXフォーマット」、有効画素数2416万画素。ニコンのアプリ「SnapBridge」をスマホにインストールすることで、面倒な設定無しにBluetooth通信が可能です。

SnapBridgeを設定することで、カメラのシャッターを切る毎に自動的にスマホに転送してくれるため、便利ですね。ネットワーク機能としては、Bluetooth以外にはWi-Fi、NFCによる通信可能。

タッチパネル&バリアングルなので、いろんな角度からの撮影が簡単にできます。動きあるシーンも39点AFシステムで簡単にベストショットが撮れますよ! 初心者入門機としておすすめのカメラです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D3400

51q0q8lqwxl

商品価格 ¥ 51,169

いつでもどこでも持ち運びができる、女性にも使いやすい軽量&小型一眼レフカメラ。レンズマウントは「DXフォーマット」、有効画素数2416万画素です。ネットワーク通信はbluetoothを使ったSnapBridgeを使えば簡単にスマホとの連携が可能。

一眼レフ初心者でも安心の「ガイドモード」機能を使えば、撮りたい写真に合った設定をカメラがナビゲートしてくれますよ! カメラを始めようと思っている人におすすめの機種です。

ミドルユーザーにおすすめのニコン一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D610

51h8s8hk1ql

商品価格 ¥ 121,390

レンズフォーマットは「FXフォーマット」、有効画素数2426万画素、イメージセンサーサイズはフルサイズの一眼レフカメラ。D4、D800シリーズと同等の仕様、機能を継承しながら最小、最軽量の小型軽量ボディです。

撮影状況や表現意図に応じて画像や映像の仕上がりを自由にコントロールできるピクチャーコントロールシステムを搭載。輪郭強調、コントラスト、明るさを自動調整し、きれいな画像、映像に仕上がります。

SDカードは2枚使うことができるダブルスロット、大容量記録に適したカメラです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

51qvvmkbsol

商品価格 ¥ 215,016

レンズフォーマットは「DXフォーマット」、有効画素数2088万画素、イメージセンサーサイズはAPS-Cを搭載した一眼レフカメラです。D5と同等程度の性能、機動力を持った高スペックモデル。

AF性能向上に力を入れているモデルで、153点ものフォーカスポイントが撮像範囲を広く高密度にカバーしています。動画撮影も可能で、1080/60pに加えて4K UHD(3840×2160) 30p/25p/24pに対応。

スマホとの連携も充実。Wi-Fi、Bluetooth、NFCの各ネットワーク通信機能を装備しています。ミトル機ながらハイスペックな、おすすめのカメラです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7200

51iemyatebl

商品価格 ¥ 86,139

軽量で堅牢なマグネシウム合金を使用。高スペック機器のD810、D750と同程度の防塵・防滴性能を持っています。レンズフォーマットは「DXフォーマット」、有効画素数2416万画素、イメージセンサーサイズはAPS-Cの一眼レフカメラです。

画像処理エンジンにEXPEED 4を採用、約6コマ/秒のスピードを維持した状態で、JPEG100コマまでの高速連続撮影が可能です。内蔵しているWi-Fiでスマホとの連携も簡単。ミドル機としておすすめの一眼レフです。

プロフェッショナルユーザーにおすすめのニコン一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5

51nc6rg75el

商品価格 ¥ 615,689

一眼レフ高スペックモデル。レンズフォーマットは「FXフォーマット」、有効画素数2082万画素、イメージセンサーサイズはフルサイズの一眼レフカメラです。

画像処理エンジンはEXPEED 5を採用、ISOは102400とニコン史上最高感度、4K動画撮影にも対応しています。

XQD-TypeとCF-Typeの2タイプがあり、どちらのTypeも同種メディアが2枚使えるメモリカードダブルスロットを搭載。高スペック機能を追及したい人におすすめのカメラです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810

51itli8qfvl

商品価格 ¥ 244,900

どこかレトロな丸窓ファインダーを持つ、ニコン史上最高画質「有効画素数3635万画素」フルサイズ一眼レフカメラです。レンズフォーマットは「FXフォーマット」、画像処理エンジンはEXPEED 4を採用していて、ベース感度ISO64の高感度を実現しています。

撮影者の意図を画作りに反映する「ピクチャコントロールシステム」により高品質な画づくりが可能。ポテンシャルの高い一眼レフカメラです。

ニコンのおすすめレンズ【広角レンズ】

ニコン(Nikon) 超広角ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 10-24mm/f/3.5-4.5G ED

41boyi-5gul

商品価格 ¥ 96,000

画角は109~61°と超広角域から2.4倍ズームレンズ。スナップとして使いやすい画角(74°~62°)が含まれているので、標準レンズとしても使用することが可能。最短撮影距離は0.24m。狭い室内や建造物、風景での撮影におすすめのレンズです。

ニコンのおすすめレンズ【高倍率ズームレンズ】

ニコン(Nikon) 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

512acwp1rpl

商品価格 ¥ 81,228

画角は76°~8°。広角域~望遠域まで幅広くカバーするズームレンズ。倍率は約11倍と高倍率、VR機構が搭載されているので、手振れ軽減効果が期待できます。さまざまな被写体の撮影に対応できるおすすめのレンズです。

ニコンのおすすめレンズ【単焦点レンズ】

ニコン(Nikon) 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

51y1g23rbpl

商品価格 ¥ 26,797

DXフォーマットで画角は44°。高い描写性能を持つ単焦点レンズです。開放F値は1.8で光量が少ない室内でも撮影できます。スナップや風景撮影におすすめのレンズです。

ニコン(Nikon) 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

41mdv0cqvol

商品価格 ¥ 32,780

画角は38°50′、DXフォーマットで小型・軽量なマイクロレンズです。最短撮影距離は0.163m、解像力の高さと美しいボケを活かした撮影を楽しめます。風景やポートレート撮影におすすめのレンズです。

ニコンのおすすめレンズ【マクロレンズ】

ニコン(Nikon) 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED

51gj7ckgl

商品価格 ¥ 71,670

最短撮影距離は0.185m、FXフォーマット時は画角39°40′、DXフォーマット時は画角26°30′のコンパクトなマイクロレンズです。

無限遠から至近距離までの撮影倍率を楽しめます。ボケ味が美しくクローズアップ撮影はもちろんのこと、風景やポートレートなど多彩な撮影におすすめのレンズです。

ニコンのおすすめレンズ【標準ズームレンズ】

ニコン(Nikon) 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

51fgop7uoql

商品価格 ¥ 104,800

FXフォーマット時は画角84°-20°20′、DXフォーマット時は画角61°-13°20′と広角域から望遠域まで幅広くカバーできる5倍標準ズームレンズです。開放F値は4、ブレ軽減効果を発揮するVR機構も搭載しています。

ニコン(Nikon) 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

41x8m63xtcl

商品価格 ¥ 226,494

操作性とホールディング性に優れたレンズ鏡筒デザイン。焦点距離24mm-70mm、FXフォーマットで画角84°-34°20′、DXフォーマットで61°-22°50′の高性能大口径標準ズームレンズ。

開放値は2,8、解像度と自然でやわらかいボケ味、AFスピード・精度、高速連続撮影を可能にしたレンズです。

ニコンのおすすめレンズ【望遠レンズ】

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

41kc7zjbbpl

商品価格 ¥ 221,450

焦点距離は70-200mmの大口径望遠ズームレンズ。開放F値は2.8と明るく暗いシーンに強いです。手ぶれを効果的に軽減するVR機構を搭載しています。

また、SWM(超音波モーター)を搭載し、静かで高速、そして追従性の高いAFを実現。高性能なおすすめの望遠レンズです。

メーカー選びが重要な理由

photographer-1805317_1280

一眼レフの特徴としてはカメラ本体とレンズが分離しているので、自由な組合せが可能であることですが、メーカーを超えて自由に組み合わせができるというわけではありません。

カメラ本体とレンズとを接合する機構は「レンズマウント」と呼ばれていて、代表的なものとしては、キヤノンの「EFマウント」、ニコンの「Fマウント」があります。

本体と異なるメーカーのレンズの付けかえはできません。そのため、どのような写真を撮りたいのかによって写真にあったカメラメーカーを選ぶことが重要となってきます。

一眼レフの選び方

その1:レンズマウントをチェック

stocksnap_0ixfoiim8l

本体とレンズとの接合機構である「レンズマウント」。キヤノンではEOSシリーズ用「キヤノンEFマウント」ミラーレス一眼EOS M専用「キヤノン EF-Mマウント」。

ニコンではフルサイズ用、APS-C用の「ニコンFマウント」、ニコン1専用「ニコン1マウント」があります。異なるメーカー同士での本体・レンズ接合は出来ないので、注意しましょう。

その2:交換レンズの多さをチェック

img_02

By: nikon-image.com

一眼レフカメラの最大の楽しみは、レンズ交換ですね。

レンズは「標準ズーム」「広角ズーム」「望遠ズーム」「高愛率ズーム」「単焦点」「マクロレンズ」「PCレンズ」「PCマイクロレンズ」「魚眼レンズ」とさまざまな種類があります。

過去のレンズも含め、レンズの種類が多いことで撮影できる写真のバリエーションも多くなるので、レンズの種類が豊富であることは一眼レフを選ぶひとつの基準となります。

その3:イメージセンサーサイズをチェック

img_03

By: nikon-image.com

カメラの画質に最も影響を与えるイメージセンサーサイズ。大きいほど性能は高くなりますが、比例して値段も上がっていきます。

代表的なものに対角が4/3インチの「フォーサーズ」、昔のAPS規格のフィルムと同等サイズの「APS-C」、35mmフィルムと同等サイズの「フルサイズ」があります。画質にこだわりたい人はイメージセンサーのサイズをチェックしましょう。

その4:ファインダー形式をチェック

pic_12

By: nikon-image.com

撮影の際に目を当てて覗く「覗き穴」にも種類があり、一眼レフでは光学ファインダーが使われます。光学ファインダーにはガラスプリズムを通してファインダーに写す「プリズム式」とプリズムの代わりに鏡を配置した「ミラー式」があります。

プリズム式は見やすい反面、カメラの価格が高くなりますので、主にミドル以上の一眼レフに使用されています。一方、ミラー式はプリズムより安いので、エントリー機器に使われています。ファインダーにこだわりたい人は要チェックです。

その5:ネットワークをチェック

monitor-1307227_640

スマートフォンとカメラとの連携は、カメラで撮影した画像をSNSにアップしたり、仲間で共有する際にとても便利な機能です。

Wi-Fi通信がメジャーですが、その他オサイフケータイとして使われているNFC、Bluetooth通信、Wi-Fi機器同士で直接繋ぐための規格である「Wi-Fi Direct」とネットワーク通信規格もさまざま。

自身のスタイルにあった通信形式を選んでみましょう。