健康問題を解決する救世主。

健康に問題を持つ人や健康に気を使っている人にとっての救世主ともいえるデバイス「Speck」が登場しました。この製品は、カーネギーメロン大学のロボティックス研究所で開発された、部屋中の空気の微粒子を測定する機器です。

Speckは、機械学習アルゴリズムによって、肺に入り込んで心臓や肺の病気を悪化させる微粒子のデータを高レベルで測定することができ、その正確性は他の類似製品よりも高いものとなっています。また、得られたデータはWi-Fiを経由してユーザーによって管理されるデータベースにアップロードされます。さらに、この製品はFitbitなどのモニタリングデバイスと統合することが可能となっています。
speckkitchen_12-hour_300x200
専用のウェブサイトは、データを格納するだけでなく、分析ツールを提供します。また、このウェブサイトを利用することで、特定のエリアの最新の大気環境の情報を得ることも可能です。そのため、ユーザーは窓の開閉や空気ろ過器の使用を、大気環境の状況によって容易に判断することができます。

すでにアメリカのペンシルベニア州などで試験運用を終えたSpeckは、現在オンラインサイトにて200ドル(約2万円)で販売中です。