2020年には東京でオリンピックが開催されます。それに合わせて最新のテレビを購入して、観戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

最近は4Kテレビが普及し、選択肢が一気に広がりました。嬉しい反面、どのテレビを選べばいいのか、わからなくなっている方も多いはず。今回は、そんなテレビの選び方に迷っている方のために、さまざまな角度からテレビの選び方をご紹介します。

テレビの基本的な選び方

画面サイズで選ぶ

living-room-1872192_1280

まずは、基本中の基本。部屋の大きさに最適なサイズを選びましょう。一般的には6畳程度の部屋であれば最大で29インチ、6~12畳程度のワンルームやリビングであれば32~49インチ、それ以上の広さになると50インチ以上のテレビが理想です。

もちろん、それ以上のサイズを購入するのも悪くありません。ただ、あまり大きすぎると邪魔になってしまいますので注意しましょう。

液晶の光沢で選ぶ

31nyHdxskDL

By: amazon.co.jp

液晶の光沢・非光沢仕様は、テレビの見栄えが変わるので選び方の重要なポイント。光沢仕様は、その光沢ゆえに画面が綺麗に見えるという性質を持っています。しかし、画面に自分や家具などが映り込んでしまうという欠点も。

反対に、非光沢仕様は光沢がないので、見え方は普通ですが画面に映り込んでしまう恐れがありません。テレビ画面に集中したい方には、非光沢仕様のテレビがおすすめです。

LEDバックライトで選ぶ

structure-1591460_1280

最近のテレビは省エネの観点もあり、バックライトにLEDが採用されています。しかし、すべてのテレビにLEDが配置されているわけではありません。

LEDバックライトには直下型とエッジ型の2種類が存在し、これにより見栄えが変わってきます。直下型は中~上位機種のテレビによく見られます。パネルの背面にLEDが余すことなく敷き詰められているため、映像がムラなく表示されます。

反対に、エッジ型はその名の通り縁にバックライトが配置されており、映像にムラができやすいです。ですが、少ないLEDで済むため消費電力を抑えられます。

機能で選ぶ

remote-control-933479_1280

視聴に関わる機能は、テレビの選び方において重要なポイント。倍速液晶や画面分割などが例として挙げられます。特に、倍速液晶はスポーツを見る時に大きな効果をおよぼします。

液晶パネルというのは、元から動きの早い映像を描写するのが苦手なもの。倍速液晶を搭載したテレビならば、その苦手分野を克服してくれます。動きの早い描写をなめらかに再生する技術を備えており、ブレることなく映し出してくれます。

画面分割は、2つの映像を同時に表示できる機能です。2番組同時はもちろん、テレビとゲーム、テレビとパソコンなどを同時に表示可能。作業をしながら、見たい場面になったらテレビの視聴に切り替えるというように、時間を有効活用できます。

外部出力機能で選ぶ

1f6b08697dc9af618de711495aaf1523_s

今のテレビはゲーム機のみならず、ホームシアターやタブレット、スマートフォンなどの携帯端末と接続できます。代表的なのがHDMI端子・ARC・MHLの3点。HDMI端子は、1本のケーブルで映像と音声をデジタル出力可能です。主に、ゲーム機と接続する時に使用します。

ARCとはAudio Return Channelの略。これに対応していると、HDMIケーブルのみでテレビとアンプを繋ぐことが可能に。かつて、ホームシアターとテレビを接続する時に必要だった光ケーブルも必要ありません。

MHLはモバイル端末側のMicroUSBと接続が可能になる機能のこと。これにより、テレビにタブレットやスマートフォンの映像を出力できます。

一人暮らしのテレビの選び方

録画できるかどうか確認する

一人暮らし用テレビ画像

By: amazon.co.jp

一人暮らし向きの液晶テレビの選び方で重要なのは、テレビを使用する目的。見たいドラマや番組を見逃したら、DVDやブルーレイが発売されるのを待つか、諦めるかのどちらかです。そんな悲劇を避けるためにも、録画機能を持っているかどうかはテレビの選び方において重要。

最近の液晶テレビには、USB端子が付いているものが増えています。外付けHDDを繋げば録画予約が可能。人に録画を頼めない一人暮らしならば、嬉しいポイントです。

さらに、テレビ本体に録画した番組のバックアップも便利な機能。HDD内に保存された映像・音楽・写真データの再生も、パソコンいらず。外付けHDDを繋げることで、テレビの利便性が増しますよ。USB端子が付いているかどうか、忘れずにチェックしましょう。

ネット接続可能かどうかチェック

インターネット機能が充実したテレビなら、パソコンなしでもYouTubeのようなネット動画の視聴ができます。有線LAN接続タイプの液晶テレビは、比較的リーズナブルです。配置場所にこだわらなければ、高速インターネット閲覧には最適。

また、HDMI端子があればパソコンとの接続も可能です。パソコンの画面を大きく表示することも可能ですし、パソコンのモニター代わりにもなります。液晶テレビをパソコン接続で使うなら、HDMI端子のチェックも忘れずにしてください。

大きすぎないサイズのテレビがおすすめ

部屋の大きさによるテレビの選び方は、あらかじめお部屋の大きさを測っておくのがおすすめ。一人暮らしの方は、部屋の大きさやスペースに限りがあります。あまり大きいテレビを置くと、圧迫感が出てしまうかもしれません。

一人暮らし向きの液晶テレビを選ぶには、使用目的や設置場所を念頭に置くようにしましょう。

テレビゲームをする方の選び方

遅延と応答速度が重要

ゲーム用のテレビの選び方のポイントは、解像度の良さと表示遅延がないこと。最近のゲーム機は、高画質で鮮やかですが、重いデータ映像を使用しています。そして、表示遅延を重視した選び方でのキーワードは「遅延」と「応答速度」です。FPSなどをプレイする上では無視できません。

まず、遅延について。これは、コントローラでボタンを押してから、テレビ上に反映されるまでの時差を指します。この時差が大きすぎると、最適なタイミングで押したはずがズレてしまうなんてことも。そんなことがあると、ゲーム自体を楽しめません。

続いては応答速度です。この応答速度が遅いと、モーションがなめらかではなくなり残像が起きてしまいます。テロップがブレているのは応答速度が遅いテレビと言うことができます。

REGZAとBRAVIAがおすすめ

ゲーム用テレビ

By: amazon.co.jp

この2点を満たしたテレビとしては、東芝が圧倒的な支持を受けています。本来、遅延を優先すると画質が低下するのが常ですが、東芝のREGZAは遅延を抑えながらも他社を圧倒する画質を維持。ゲーマーからも絶大な支持を受けています。ゲームをするなら、迷わずREGZAがおすすめ。

また、ソニーのBRAVIAも、ゲーム用の液晶テレビとして際立っています。高解像度の映像を使ったゲームにも対応し、ラインナップも豊富。ゲーム用にお探しの方に、おすすめのシリーズです。

テレビゲームをする方は「大画面のテレビのほうがゲームに迫力が出るのでは」と思うかもしれません。ゲーム用のテレビの選び方としては、もちろん大きさも重要。ゲームで使用する部屋や設置場所のサイズを測り、ぴったりサイズのテレビを選ぶようにしましょう。

4Kテレビの選び方

4Kテレビ画像

By: amazon.co.jp

4K映像はフルハイビジョンの4倍、約829万画素という高い解像度を保有しています。4Kテレビなら、大画面でも細かい箇所までくっきり鮮明に表現。フルハイビジョン映像ではこれまで表現しきれなかった質感やディテールまで、美しく再現できますよ。

かつては、大画面になるほど1画素あたりの面積が大きくなり、画素の粗さが目立ってしまいました。4Kテレビなら、そんな心配はご無用。フルハイビジョンの4倍の画素数で、大画面でも画素の粗さが気になりません。高画質を大画面で楽します。

臨場感のある美しい映像を見るには、4K対応テレビがおすすめです。4Kテレビが映し出す最高度の映像と共に、生活を満喫してください。

録画機能搭載テレビの選び方

録画機能搭載テレビがおすすめ

テレビを購入する際に、セットで考えなければならないのが録画機能です。見たい番組を放送している時に家にいるとは限りません。また、夜中ともなれば翌日の仕事にも影響が出てしまいます。そのため、録画機能を搭載したテレビを選ぶのが、最も自然な流れです。

録画機能搭載テレビの特徴は、操作のしやすさと余分な配線が不要なこと。年々、外付けHDD対応のテレビが増えていますが、録画機能搭載テレビの方が操作が簡単です。ほとんどの機種は、リモコン1つで録画予約・再生が可能です。

保存容量もどんどん増えている

録画機能搭載テレビ画像

By: amazon.co.jp

最近では、2番組を同時録画しながらテレビ番組を見ることができる、3チュナー搭載のテレビも増えています。

また、付属のHDDの保存容量もどんどん増加。以前は500GBが一般的でしたが、最近は2TBのHDDを付属しているテレビもあります。映像データをたくさん保存したい方は、大容量のHDDを付属した録画機能搭載テレビがおすすめです。

メーカーの選び方

By: sony.jp

テレビの選び方として、メーカーで選ぶという方も多いのではないでしょうか。もちろん、テレビの性能や機能はメーカーによって左右されます。ここではメーカーごとのテレビの特色をご紹介します。

シャープ(SHARP)

世界の亀山モデルとして、液晶テレビの代表格として君臨し続けてきたメーカー。いまだに人気は衰えません。独自の4原色技術クアトロンにより、従来の液晶テレビでは再現することのできなかった、鮮やかな色を映し出せます。

ソニー(SONY)

BRAVIAでお馴染みのソニー。日本でも屈指の薄型・軽量技術が特徴です。また、独自の超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載しており、画質面においても高品質な映像を提供します。

オーディオメーカーとして培った技術を駆使し、テレビのサウンドが高音質なのも注目したいポイントです。

東芝(TOSHIBA)

東芝のREGZAといえば、テレビ業界でも屈指の売れ筋を誇ります。先進の映像処理エンジン・REGZAエンジンによる高画質性能が魅力。また、ゲームユーザーも一目置く画像処理技術が売りです。

タイムシフト機能のような機能面も充実しており、先進技術を積極的に開発する、業界のリーダー的存在です。

パナソニック(Panasonic)

VIERAシリーズで有名なパナソニック。厳しい世界基準である新国際認証・ULTRA HDプレミアムを、日本メーカーとしていち早くクリアした技術力は本物です。

プラズマテレビで培った色再現技術カラーリマスターと、独自のカラーマネジメント回路で構成されたヘキサクロマドライブを搭載した高画質が売りです。

おすすめの液晶テレビ

東芝(TOSHIBA) LED REGZA 40S10

61b1h9BEz-L

4Kテレビはまだ要らない、という方におすすめのテレビ。魅力は何といっても、その価格です。40インチという大きさにかかわらず、僅か5万円台で購入できてしまいます。

機能面に関しても、レグザエンジンにより高画質化を実現。優れた映像処理を行うのはもちろん、番組表を0.3秒で開くなど快適な操作の手助けします。

また、高画質を味わってもらうためオートピクチャー機能も搭載。見る環境や映像に合わせて、テレビが自動で画質を調整してくれるので、より臨場感あふれる映像を楽しむことができます。

もちろん、USBハードディスクを接続すれば番組の録画も可能。そして、テレビゲームをスムーズにプレイできるゲームダイレクトを実装しています。ユーザーの期待に応えてくれる、コストパフォーマンスに優れたテレビです。

ソニー(SONY) 4K 液晶テレビ BRAVIA KD-49X8500B

31w4EvPkXgL

快速設計が光るソニーのBRAVIA。電源投入直後は、どうしても画面の表示が遅かったり、リモコン操作を受け付けなかったりと不便が多いもの。

しかし、高速起動モードを搭載したブラビアはよく使う時間帯を学び、僅か1秒で起動可能です。普段のテレビ視聴でストレスを感じることがなくなります。

高画質・高音質の裏には、ソニーの技術が詰め込まれています。ダイナミックな映像と迫力あるサウンドの両方を楽しむことが可能。スマートフォンのような直感操作ができるタッチパッドリモコンも特徴の1つです。

シャープ(SHARP) 4K 液晶テレビ AQUOS LC-52US30

シャープ LC-52US30

AQUOSシリーズの52インチ型液晶テレビ。フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K映像を、高精細の液晶パネルで美しく描きます。デジタルカメラで撮影した高解像度写真を、パソコンを使わずに手軽に映すことが可能。リアルで迫力のある写真体験が楽しめますよ。

機能としては、スマートフォンの画面をテレビにワイヤレスで映せるMiracastを搭載。テレビ視聴中でも、ワンタッチで簡単に接続ができます。また、AQUOSファミリンク機能で、対応した機器に合わせた操作パネルを表示させ、リモコン1つで簡単操作が行えます。

また、ホームネットワークプレーヤー機能も搭載。家庭内のLANと接続し、別の部屋にあるサーバー機器に録画した番組や、保存されている動画・音楽・写真の再生ができます。市販のUSB外付けHDDと接続すれば、リモコン1つで簡単にデジタル放送の録画が可能。

3チューナー搭載により、HDDに2番組を同時に録画しながら、別の地上デジタル放送の番組を見ることも。シャープの技術をひとまとめにした、多機能液晶テレビ。機能を重視したテレビをお探しの方にもおすすめ。

三菱電機(MITSUBISHI) 液晶テレビ REAL LCD-A39BHR6

spec_outline_a39bhr6

By: mitsubishielectric.co.jp

ブルーレイレコーダー搭載の39インチ型フルハイビジョン液晶テレビ。リモコン1つで録画・再生・ダビングが可能。オートターン機能により、リモコンでテレビ画面の角度も変えられます。無線LAN環境ならば、iPadやiPhoneを使ってテレビの操作が可能。

Bluetoothに対応したプレイヤーとワイヤレスで接続すれば、スピーカー代わりになり、音楽も聴けるのでおすすめです。また、CD/DVDの音楽データやSDカード内の静止画の再生も可能。さらに、節電アシスト機能により、無駄な電力の消費を削減するので省エネ。

USB端子に外付けHDDを接続することで、テレビ本体に録画した番組の移動が簡単にできます。本体内蔵の500GBのHDDにも、最長887時間の録画が可能。テレビ番組の録画にも最適です。録画機能も充実した東芝のスタンダードモデル。

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-24D305

パナソニック TH-24D305

パナソニックのコンパクト24インチ型液晶テレビ。外付けUSBハードディスクへの番組録画が可能です。留守中の録画予約もらくらく。ARC対応なので、ホームシアターと接続すれば、映画やスポーツ番組を臨場感のある大迫力サウンドで楽しめます。

また、お部屋ジャンプリンク機能も充実。対応機器をLANでつなぐことで、録画した番組や保存した動画・写真を、別室にある対応テレビで再生できます。そして、テレビ番組表は新聞のテレビ欄のように一覧表示が可能。

コンパクトながら、充実した機能を搭載した液晶テレビです。プライベートルームでも場所を選ばず、セカンドテレビとしても重宝します。

エルジー(LG) 43V型4K対応液晶テレビ 43UH6500

エルジーの4K対応液晶テレビ。地上デジタル放送・BSデジタル放送・110度CSデジタル放送の受信が可能です。

ダイナミックレンジ合成を活かす最新の映像技術を採用しているのが特徴。3D Color Mapping、Local Dimming機能により、高解像度で色鮮やかな映像を映し出します。

薄く洗練されたスリムボディで、どの角度から眺めても薄く美しい外観。内蔵のスピーカーには、包み込むような大迫力のサラウンドシステムを搭載しています。鮮やかな映像、臨場感のあるサウンドにもこだわる方におすすめの液晶テレビです。

日立(HITACHI) LED液晶テレビWooo L32-H3

日立 L32-H3

美しい音色を楽しめる日立の液晶テレビ。リニアフェイズ技術により、さまざまな映像シーンに調和した、最適な高品位な音質を実現しています。高・中・低音が、どれも聞き取りやすいです。液晶画面には、上下左右どの角度から見ても明るく、色鮮やかな広視野角パネルを採用。

アクトビラ機能によって、映画やドラマ・ライブ映像など、多彩なコンテンツも思いのまま。外付けHDDを使用しており、録画予約も簡単です。音質・画質・ネットワークにこだわる方にもおすすめの、日立の液晶テレビ。

おすすめの4Kテレビ

東芝(TOSHIBA) LED液晶テレビ REGZA 43G20X

61a7VUFlIoL

非常にリーズナブルな4Kテレビ。画面サイズも43インチと大きめで、全面直下LEDバックライトかつHDR規格に対応していながら、10万円ほどで購入可能です。

上位機種と比較すると機能面では確実に劣るものの、コストパフォーマンスは圧倒的。ゲームモードとタイムシフト機能も搭載されており、死角はありません。

画質に関しても優れています。4KレグザエンジンHDRにより、心に響く映像美を生み出します。加えて、地上デジタル放送やブルーレイの映像を4Kに再現する、4Kリファインマスター機能も搭載。普段のテレビの視聴も、より洗練された映像として楽しめます。

東芝(TOSHIBA) LED液晶テレビ REGZA 50Z20X

318RewITw7L

2015年の中で最も優れたテレビとの呼び声高いハイグレード4Kテレビ。レグザパワーディスプレイエンジンにより、さらなるコントラスト性能を実現した映像を映し出します。細部までくっきりとしてクリアなのが特徴です。

さらに、4KレグザエンジンHDRに加え、レグザエンジンHDR PROを搭載しています。それにより、全面直下LEDバックライトとパネルの力を最大限に発揮。4Kの表現力を、より一層引き出します。

また、普段見ている地上デジタル放送や、ブルーレイなどの映像を4K画質にする4KマスターリファインPROを搭載。さらに、一度使ってしまったら抜け出すことができないと話題のタイムシフト機能まで。スカパー!プレミアムサービスのチューナーも内蔵しており、まさに至れり尽くせりな仕様です。

ゲームの遅延や画質に関しても、従来以上の性能を発揮しており、ストレスなくプレイ可能です。携帯ゲーム機と接続すれば、大迫力でプレイできます。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-43DX750

VIERAのスタンダート4Kモデル。高画質エンジンであるヘキサクロマドライブが搭載され、幅広い色を忠実に再現します。暗いシーンはもちろん、明るいシーンも自然で豊かな色彩で描写可能。

もちろん、高輝度HDR規格にも対応しているため、ULTRA HDブルーレイの美しい映像を楽しめます。現在の放送を4K解像度にアップする、4Kファインリマスターエンジンも搭載。通常のテレビ視聴だけでも、4Kの美しさを実感できます。

また、VIERAには便利なエコ機能も備えています。画面輝度を制御する明るさオートや、10分なんの操作もなければ電源オフにする無信号自動オフなど、テレビ自体が無駄を削減。

そして、リモコンを使うことなくテレビを操作できる、音声操作がついています。テレビ番組の検索はもちろん、チャンネルの変更や音量調整も声1つで簡単に操作できます。

専用アプリを入れればスマートフォンでも音声操作ができるため、手が汚れている時やリモコンが見当たらない時でも問題なく操作が可能です。

パナソニック(Panasonic) 液晶テレビ VIERA TH-49DX850

高画質な映像に加え、迫力の臨場感を楽しめるハイレゾ対応スピーカーを搭載したハイスペック4KのVIERA。

SDメモリーカードやUSBメモリはもちろん、ハイレゾ対応のディーガをHDMIケーブルで接続すれば、ハイレゾで収録されたコンテンツを楽しめます。もちろん、ハイレゾでないデジタル放送やDVDの音声を、ハイレゾ相当の音質にアップコンバートすることも可能です。

録画機能も充実しており、USBハードディスクを接続すれば簡単に録画できます。しかも、3チューナー搭載なので、2つの番組を録画可能です。さらに、録画番組はネットワークに繋がったディーガへのダビングや、ジャンプリンクが可能なので他の部屋のテレビで楽しめます。

シャープ(SHARP) 4K 液晶テレビ AQUOS LC-50U30

AQUOSのスタンダートモデルながら、高精細4K低反射液晶パネルを採用したテレビ。大画面になっても粗さが気にならない、高精細な映像を楽しめます。

また、新開発のAQUOS 4K-Master Engine PRO Ⅱを搭載しているため、さらなる高画質と高速画像処理を実現。4K映像の臨場感が高まっています。

さらに、映像の臨場感を高める音質を実現するため、新・AudioEngine音声LSIを搭載。自然で聞きとりやすい高音質を実現しています。ダイナミックな映像とともに、ダイナミックな音を体感できます。

シャープ(SHARP) AQUOS 4K 液晶テレビ LC-60US30

60インチと大きめのサイズながら、リーズナブルな4Kテレビ。シャープのハイグレードラインなので機能は充実しており、リビングに置くには最適です。

N-Blackパネルという、新素材を採用した次世代の液晶パネルを搭載しています。外光の反射を抑えて黒の表現力が高まり、より高画質な映像を楽しめます。

また、株式会社セガが提供する知育アプリ「テレビーナ」に対応。お子さんと遊びの中で学ぶという、新しいコミュニケーションを図れます。遠方に暮らす両親の見守りサービスや、電話の着信を通知するサービスなど、きめ細かい機能がユーザーをサポートしてくれます。

ソニー(SONY) 4K 液晶テレビ BRAVIA KD-55X9200B

31uZ2PRJTfL

前面の大型サイドフロントスピーカーが特徴の4Kテレビ。高画質な4K映像を楽しめるのはもちろんのこと、ウォークマンをはじめとするオーディオ技術の粋が凝らされています。

そのため、映像との一体感を楽しめる、迫力あるクリアなサウンドを体感可能。別売りのサブウーファーを追加すれば、重低音による迫力を楽しめます。

もちろん、高精細・広色域・高輝度の三拍子そろった美しい高画質な液晶を搭載。手が出しにくい金額ではあるものの、備わっている機能は申し分なしです。

三菱電機(MITSUBISHI) 4K 液晶テレビ REAL LCD-58LS1

31UTzU-VDPL

レーザーバックライトを搭載した4Kテレビです。レーザーバックライトは、赤の光源をレーザーで独立。純度の高い赤を再現できる三菱だけの技術です。

これにより美しい色表現が可能となり、高画質に磨きがかかっています。さらに2TBのハードディスクも搭載しているため、録画機能をお探しの方におすすめ。

また、このテレビには写真専用画質モードというユニークな機能が搭載されています。一眼レフで撮った高精細な画像を、4K映像の大型テレビで楽しめるのが特徴です。

エルジー(LG) 4K液晶テレビ 43UF7710

51k3sk8pXhL

どの角度からも鮮明な、4K画質のポテンシャルを引き出すIPS 4Kパネルを搭載。圧倒的な低価格を達成しながら、機能も充実しています。

奥行き3.9センチという超薄型なボディに、IPS 4Kパネルによる美しい映像、5.1チャンネルサラウンドに近い音場を再現するスピーカーが備わっています。

残念ながら日本の視聴環境への最適化が道半ばであるため、国産のテレビに比べると見劣りしてしまいます。しかし、それでも多機能と低価格は魅力の一言。2台目に買うのであれば、充分なテレビです。

エルジー(LG) 4K対応液晶テレビ 49UF8500

3Dに対応したエルジーの4Kテレビ。付属の3Dグラスを装着すれば、自宅で迫力の3D映像を楽しめます。

IPS 4Kパネルを搭載しているのが最大の特徴。パネル技術の違いこそが4Kテレビの実力の違いと豪語するだけあって、映像美は見事なものです。どの角度からでも鮮明に、ありのままに美しい映像を体感できます。

オーディオもこだわり抜いており、4K画質と高次元に調和させています。オーディオのリーディングブランドharman/kardon®とのコラボレーションが魅力的。臨場感に満ちた迫真のサウンドをユーザーに届けてくれます。