自宅でカフェ気分を楽しむ人が増え、コーヒーグッズにも注目が集まっています。豆やコーヒーポットに凝り、プロ顔負けのコーヒーを淹れる方も多いのではないでしょうか。美味しいコーヒーを飲むのであれば、気にしたいのがコーヒーカップの存在です。せっかく淹れた香り高い贅沢なコーヒー、普通のカップで飲むだけではつまらない。ここではコーヒーカップの選び方、そして人気のコーヒーカップブランドのおすすめをランキング順でご紹介します。

コーヒーカップの特徴

coffee-1209090_1920

コーヒーの楽しみと言えば味はもちろんのこと、飲む前にまず、その香りを堪能できることではないでしょうか。そのため、コーヒーの香ばしい芳香を味わえるよう、コーヒーカップは口が狭くなっています。また、同じ理由からカップの上下に幅の違いがあまりない筒形が多いのも特徴。

このフォルムは香りが飛ばないように工夫されたもの。さらに、温度がすぐには低くならないという利点も含んでいます。コーヒーを淹れる温度は90度前後が適温と言われており、沸騰したお湯を少し冷ましたくらいの温度。コーヒーを冷めにくくするため、カップは厚めに作られているのも見逃せない特徴です。

ティーカップとの違い

71aBTcSCY6L._SL1417_

By: amazon.co.jp

ティーカップはコーヒーカップと異なり、紅茶を美味しく飲むために作られています。コーヒーと違い、紅茶は沸騰した熱いお湯で抽出。紅茶を飲むのには少し冷めたころが一番美味しいため、冷めやすいよう口が広めに作られています。

同じ理由から、華奢で薄手のカップがあるのもコーヒーカップとは違う点ですね。また、コーヒーと異なり紅茶は色が薄く、紅茶自体の色を楽しみながら、カップの内部を見ることができるのが特徴。そのためティーカップにはカップの中に柄が入っているタイプが多いです。

逆に、コーヒーの色合いは漆黒ですから、カップ内部に模様が入っていることはあまりありません。ティーカップとコーヒーカップ、どちらか分からないときは、口のサイズとカップの内部、厚さを比べてみましょう。

コーヒーカップの種類

breakfast-1209223_1920

コーヒーカップの種類、と聞いてもピンと来ない方もいるかもしれません。コーヒーにはブラックコーヒーや、カフェオレ、カプチーノ、エスプレッソなど、いろいろな種類が色々あるように、それぞれに適したカップが存在します。ご自身がどんなコーヒーを飲むかによって変わるカップ。

もし特定のものを飲むと決まっているのであれば、是非それに合わせたカップを選んでみてください。お好みのコーヒーにぴったり合ったコーヒーカップで飲む味は、きっとまた特別なものに違いありません。

デミタスカップ

5f834a493b53e47a925fa11ed4cb115c_s

フランス語で「小さいカップ」を意味するデミタスカップ。ヨーロッパの街角にあるカフェで、あるいは映画のワンシーンで、このデミタスカップを立ち飲みで、素早く飲み干す場面を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

エスプレッソやトルココーヒーなど、濃いめのコーヒーを少量入れるためのデミタスカップ。サイズは通常のカップの半分です。容量は45cc~80ccほど。手のひらに収まりそうな小さなサイズで、少量のコーヒーが冷めないように厚く作られているのが特徴です。

レギュラーサイズカップ

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

最も一般的な容量なのがレギュラーサイズカップです。喫茶店などで見かけるカップは殆どがこちらのタイプ。容量は120cc~160ccほどです。ドリップ式やサイフォン式で淹れるコーヒーにぴったりなサイズで、ブラックコーヒー、アメリカンコーヒーなどに向いています。

デザイン、スタイルとともに豊富にあるレギュラーサイズカップ。ゲストがいらしたときに出すカップも、こちらのサイズを基準として考えれば失敗はなさそうです。

カフェオレ用カップ

coffee-690453_1280

コーヒーがブラックで飲めない方や、クリーミーな味わいを楽しみたい方はカフェオレやカプチーノを好む方も多いはず。カフェオレ用カップはコーヒーカップに比べ口が広く、飲みやすくなっているのが特徴です。また、ミルクやクリームなどを入れるため、冷めにくいよう厚手のカップが主流です。

フランスのカフェなどでは取っ手がない、専門のカフェオレボウルで出されることも。アンティークのカフェオレボウルはコレクターの間で高値で取引されています。風合いを感じさせるフォルムで飲むカフェオレはまた格別。容量は200cc~です。

マグカップ

morning-819362_1920

気取らず手軽に飲めるマグカップは慌ただしい朝の時間や、ちょっとした休憩時間に大活躍。容量は180cc前後と、たっぷり入るサイズが特徴的。気軽に楽しめるマグカップは、フォルムから素材、そしてデザインとさまざまな種類が出ています。

猫舌の人は少し冷めた方が美味しく飲めるため、薄手のカップが向いており、ミルクを入れたり、熱いコーヒーがお好きな方は冷めにくいよう厚手ものを選ぶと良いでしょう。自分だけのマグカップは、思い切り自分のテイストを反映させたものを選べるのが魅力的です。

コーヒーカップの素材

cup-660946_1920

コーヒーカップはたくさんの種類があるため、ついデザイン重視で選んでしまいがち。でも見逃せないのが素材です。素材によっても、味は大きく変わってきます。お好みのデザインのコーヒーカップを見つけたら、素材を事前に確かめてみましょう。きっと見た目も楽しめて、美味しく味わえるお気に入りのカップが見つかるはず!

磁器

41ouF+jpoXL

By: amazon.co.jp

石の粉末である陶石に、粘土を混ぜて粘り気を出したものを練った器が磁器。1200℃以上の高温で焼かれる磁器製品は硬く造り上げられています。頑丈で破損が少なく、薄くても耐久性があり、取り扱いしやすいのが特長。また、白い粉で作られているので、透光性があり、つるりとした質感は洗練された印象と、清潔感を感じさせてくれます。

磁器製品は吸水性がなく、指ではじくと金属的な音がします。日本製では美濃焼きや伊万里、欧米ではマイセンやリチャード・ジノリなどが磁器に当たります。

陶器

3d65505-236

By: rakuten.co.jp

粘土質の土を原料として1100℃~1300℃の温度で焼き上げたものが陶器です。焼きあがったばかりの陶器はざらざらとした質感を持ち、釉薬を塗りあげるとムラが出るのですが、それがまた温かみのある風情を出しています。保温性に優れているので、飲み物の温度を長時間キープでき、土鍋や土瓶などにも陶器が使われています。

吸水性に富んでいるので、使用前にはぬるま湯で洗い、お米のとぎ汁に30分ほど漬けてから乾かしてから使うと、シミができにくくなります。

ガラス

coffee-924045_1920

ヨーロッパなどでは、カフェでよくガラス製のコーヒーカップを使用しているのを見かけますが、最近では日本でも多くのガラス製のコーヒーカップが見られるようになりました。耐熱ガラスはドリンクの温度をキープしてくれることはもちろん、見た目も美しく、季節を問わず飲み物を美味しく見せてくれる役割を持っています。

コーヒーの漆黒の色合いも、カフェオレやカプチーノなど、色のグラデーションを楽しむのにも最適なガラス製のコーヒーカップ。それぞれのコーヒーの種類にあった専用のグラスがあるのも特徴です。

その他

41Kk5znW9vL

By: amazon.co.jp

コーヒーカップには、他にも違った素材を見つけることができます。ホーローのコーヒーカップは、コーヒーポットと合わせて揃えられることと、そのレトロな風合いから根強い人気。キャンプなどのアウトドア・シーンでも大活躍します。また、銅製のコーヒーカップを喫茶店などで目にしたことのある方もいるのではないでしょうか。

熱伝導率のよい銅製は、冷たい飲み物でカップ自体が一気に冷えて、その温度をキープしてくれるので、アイスコーヒーにはぴったり。見た目も風情があるところが特徴です。

コーヒーカップのTPO

chair-1850612_640

コーヒーカップが活躍するのはどんなときでしょうか。ひとり静かにコーヒーを味わうとき、パートナーと一緒にのんびりとした時間を過ごすとき。けれどコーヒーカップがあればよかった! と思うのは、ゲストが訪ねて来たときではないでしょうか。

ディナーも終わり、デザートの時間になってコーヒーを淹れるカップが足りない! そんなことがないように、予め数人用のコーヒーカップのセットがあると大変便利。特別に高価なものでなくてもいいのです。コーヒーカップがお揃いであるだけでパーティーシーンはぐっと盛り上がります。

ディナープレートなどと合わせると、なお統一感がアップして、場を引き締めてくれることでしょう。

コーヒーカップの選ぶポイント

cup-1320578_1920

あらゆるフォルム、デザインあふれるコーヒーカップ。この中からどんなものを選べばいいのでしょうか? いろんな種類のコーヒーカップに目移りするけれど、収納できる数は決まっているし…とお悩みの方、初めにコーヒーカップをいつ使うのか、誰と使うのかを考えてみましょう。

自分ひとりのためだけならば、思い切り趣味を反映させるのもよし、カップルで使うなら、ペアで揃えても素敵です。家族やホームパーティーなどで使う場合は、セットで購入すればきっと活躍してくれるはず。吟味を重ね、時間をかけて選んだカップで飲むコーヒーはきっと格別!

おすすめコーヒーカップの人気ブランドランキング

第1位 マイセン(MEISSEN)

名実ともにヨーロッパ屈指の名窯であるマイセンの発祥は、17世紀に中国の磁器や日本の伊万里など、ヨーロッパでは生み出すことができなかった時代まで遡ります。ドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王は錬金術師であるヨハン・フードリッヒ・ベドガーに白磁を作る命令をだし、1709年にカオリンを原料とした白磁の製造に成功します。

1710年ドレスデンに王立ザクセン磁器工場が設立。初期は東洋の影響が見られる作品が多かったものの、その後はロココ調の作品がメインとなりました。1723年より贋作防止のため、交差した2本の剣のマークがトレードマークとして刻印され、これはもっとも古くから存在するものと言われています。

マイセンの魅力はそのエレガントで優美なデザインとフォルム。長いヨーロッパの歴史を感じさせる逸品です。

マイセン(MEISSEN) マイセンマーク

31G1DgBRHIL

商品価格 ¥ 21,600

マイセンを創立したアウグスト強王の紋章から取られた剣のマーク。マイセンのトレードマークをモチーフに描かれたコーヒーカップがこちらです。白く輝くような磁器に描かれたマイセンブルーと呼ばれる双剣は、マイセンの揺るがない300年の歴史を感じさせます。

1点1点が職人のフリーハンドで描かれた贅沢なカップで味わうコーヒーは、特別なもの。こちらはペアのセットですので、大切な方への贈りものとしてもきっと喜ばれるに違いありません。

マイセン(MEISSEN) ブルー・オニオン

51C-uFJ20pL

商品価格 ¥ 46,834

マイセンの代表作とも言える「ブルーオニオン」。直訳すると青い玉ねぎと言う不思議な名前。これは初期に中国の磁器に描かれたブルーのザクロがその時代のヨーロッパでは一般的ではなく、誤って玉ねぎと見なされ描かれたのが理由とか。

ブルーオニオンは絵付け部門の指揮者、ヨハン・ヘロルトによって1739年に完成され、青い玉ねぎのほか、桃のような果実や竹などが絶妙に配置されています。世界屈指の名窯が送り続ける、長い時代を経てもなお世界中の人々から愛されるエレガントなカップ。ペアで提供されているこちらのカップは大切な人と一緒に使いたいですね。

第2位 ウェッジウッド(WEDGWOOD)

イギリスはスタッフォードシャーに1730年に陶工の子供として生まれたジョサイア・ウェッジウッドによって、英国を代表するブランド、ウェッジウッドは創設されました。父親の亡き後兄の工房で修業を積み、1754年にはトーマス・ウィルドンとともに共同経営に取り組みます。

1759年にはアイビーハウス工場を借り受けて独立に至り、これがウェッジウッド社の創立となりました。当時の技術では難しかった乳白色は特徴の「クリームウェア」を生み出し、1766年、この器に魅了されたシャーロット王妃より「女王陛下の陶工」を与えられました。

ジョサイアはその後も研究を続け、「ブラック・バサルト」や「ジャスパー」などを作成。世界中から絶賛を浴び、今もなお世界最大級の陶磁器ブランドとしてその名を知られています。

ウェッジウッド(WEDGWOOD) ワイルドストロベリー

41MKtah4IRL

商品価格 ¥ 6,048

2015年に生誕50周年を迎えたワイルドストロベリー。ウェッジウッドと聞くと、このカップを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。イギリス人が愛する自然をモチーフに、可愛らしい野いちごや花が描かれたパターンは、創始者ジョサイア・ウェッジウッドが18世紀に作成した初期のパターンブックにも見られ、長く愛されてきたものです。

気品のある絵柄はダイニングテーブルの格を引き上げ、ワンランク上のグレードへアップしてくれるはず。コーヒー独自がもつ漆黒の色合いを、美しく見せてくれる優美なコーヒーカップです。

ウェッジウッド(WEDGWOOD) ハンティングシーン カップ&ソーサー インペリアル

51eLf6AjVjL

商品価格 ¥ 8,900

少女が描いたクレヨン画からヒントを得たと言われる「ハンティングシーン」シリーズ。自宅の前を通り抜けた、ハンティングをする人々の姿をとらえています。円形状に田園風景の中、獲物を追いかける狩りをする人々と猟犬の姿がチャーミングに描かれています。

ウェッジウッドらしい上品な質感の中に、思わず微笑んでしまいそうな、心を明るくさせるパターンが遊び心いっぱいのコーヒーカップ。これでコーヒーブレイクすれば、会話も弾むような、とっておきのカンバセーション・ピースとして、テーブルを盛り上げてくれそうです。

第3位 ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)

1773年、フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初めて硬質磁器を完成させ、1775年、クリスチャン7世国王とジュリアン・マリー皇太后の援助によって開窯された王室御用達窯であるロイヤル・コペンハーゲン。

1868年に民間企業となりましたが、王室との深い関係は続けられました。1885年に発表された世界に誇る名作「フローラダニカ」は、フレデリック王子がロシアのエカチェリーナ2世に献上するために作られたと言われています。

繊細で美しいパターンのロイヤル・コペンハーゲンは、日本の古伊万里に影響を受けています。職人によるハンドペイントされたコバルトブルーの絵柄が特徴。2世紀もの間、世界から称賛と尊敬を集め続けてきたロイヤル・コペンハーゲンの作品は、後世にもずっと残り続けていく逸品です。

ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN) ブルーフルーテッド プレイン

41WnF3d+qdL

商品価格 ¥ 9,800

ロイヤル・コペンハーゲンがディナーサービスとして最初に製作したブルー・フルーテッド・シリーズ。絵柄は中国から影響されており、優雅で細やかなパターンは目を見張るほど美しいです。当時から現在に至るまですべてが熟練した職人たちによりハンドペイントされています。

カップのボディから受け皿、取っ手まで、すべてが完璧なフォルムを持ち、まさに芸術とも言えるコーヒーカップ。エレガントで贅沢なブルーフルーテッドは、別世界へと連れて行ってくれる最高級の逸品です。

ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN) ブルーフルーテッド メガ

41ObXaYLHFL

商品価格 ¥ 5,500

ロイヤル・コペンハーゲンの代表的作品であるブルーフルーテッドが現代に蘇った作品が、こちらのブルーフルーテッド・メガ・シリーズ。2000年、まだデザイン学校の学生だったカレン・キエルガード・ラーセンが、ロイヤル・コペンハーゲンにデザイン画を持ち込んだことからこのプロダクトはスタートしました。

世界中から愛された名品であるブルーフルーテッドの息吹を継承し、さらに現代の流れを汲んだ作品として世に出たブルーフルーテッド・メガ。次世代へと続く美しいパターンを楽しめるコーヒーカップです。

第4位 リチャード・ジノリ(Richard Ginori)

リチャード・ジノリは世界にその名を知られるイタリア屈指の名門陶器メーカーです。1735年、トスカーナ大公国のカルロ・ジノリ公爵がドッチアに磁器窯を創業し、イタリアでは初めて白磁器を完成させました。1896年、ミラノにあったリチャード製陶社と合併、現在のリチャード・ジノリが誕生しました。

「イタリアンフルーツ」や「ベッキオホワイト」など数々の逸品を生み出し、「オリエントエクスプレス」は実際にオリエント急行の中で使用されているテーブルウェアとしても有名です。高価で贅沢な品ですが、一生に一度は手にしたいと思わせるのがリチャード・ジノリの作品です。

リチャード・ジノリ(Richard Ginori) イタリアンフルーツ

41i3DwiMc8L

商品価格 ¥ 13,500

1760年ごろ、トスカーナ地方の貴族が使うディナーセットとして作られたのが、リチャード・ジノリの不朽の名作、イタリアンフルーツの始まりです。透明感のある美しい白磁の上に、青を基調としたプラムを中心として色鮮やかな果物や小花が描かれた、ラグジュアリー感あふれるコーヒーカップ。

小花の描き方には数種類のパターンが存在しています。職人によって描かれており、比べてみると微妙に絵柄が違う、という楽しみもあるカップです。テーブルの上に春が舞い降りたかのようなコーヒーカップで、優雅なひと時が過ごせそうです。

リチャード・ジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト

31rzq6XIo4L

商品価格 ¥ 4,050

リチャード・ジノリの中では最も歴史のあるシリーズ、ベッキオホワイト。洗練された白磁に美しいバロック調の装飾が施された、工芸品のようなコーヒーカップです。カップのシェイプからハンドルの曲線、ソーサーの縁取りに至るまで完璧なフォルムを持ち、伝統的な歴史の重みを感じさせます。

コーヒーの色合いを引き立たせる気品あるホワイトで、いつものお茶の時間をグレードアップしてくれるでしょう。

第5位 キントー(KINTO)

株式会社キントーは1972年、滋賀県彦根市に創立された、テーブルウェア、キッチン・インテリア雑貨の企画開発、販売などを手掛けるメーカーです。スタイリッシュで洗練されたデザインは、今熱い注目を浴びています。「使い心地」と「佇まい」の調和を大切にするというモットーを生かした、現代のインテリアにマッチするプロダクトを多く発表し続けています。

特にコーヒーに関してはカップはもちろん、ドリッパーやポットなど、機能面とデザイン性に優れた実力派のアイテムばかり。コーヒーマニアには今後の活躍から目が離せない存在です。

キントー(KINTO) キャスト ステンレス

31LFqN3W81L

商品価格 ¥ 1,209

こちらはキントーが「使う人の豊かな時間のために」をコンセプトとして打ち出した、キャストシリーズのコーヒーカップ。コーヒーを飲むときには会話をしたり、本を読んだりと、他の動作をしているはず。

その動作を妨げないように設計されたというこのカップは、ただ飲むだけのものではなく、手に負担がかからない取っ手の角度や、飲みやすい口部のフォルムなど、無駄をそぎ落とし、機能美にあふれた考え抜かれたデザインです。テーブルの上ではもちろん、収納した際にもその美しさが際立つカップ。

整然と佇む美を堪能できそうです。

第6位 musbu

1946年、美濃焼きで知られる岐阜県多治見に創立した前畑株式会社。和洋食器の企画制作・卸売を手掛ける老舗の陶器メーカーです。1971年には加飾高温焼成技法イングレーズ焼成を開発し商品化へ、また1976年には「鉄仙花三段重」にて科学技術庁長官賞を受賞しています。

世界的にも陶器メーカーとして知られる前畑から、ホテルやレストラン、旅館などをプロデュースしている食環境プロデューサーである木村ふみ氏とタッグを組んで生まれたものが和陶器コレクション、musbu。前畑の確かな技術を駆使し、現代の住居にマッチしたセンスのよいプロダクトとして注目を集めています。

musbu 小紋 カップ&ソーサー 5客

51fMvTdzJ-L

商品価格 ¥ 6,980

日本の着物の図柄である小紋をモチーフとされたコーヒーカップ。和モダンの洗練された印象と、どこか懐かしいレトロなイメージが見事なコンビネーションを生み出しています。鮮やかな色合いは見ているのが楽しくなる、美しいカップです。

お手入れしやすく透明感のある磁器のコーヒーカップ。食器洗浄機にも対応してくれるのが嬉しいですね。5客セットになっているので、ホームパーティーをするご家庭におすすめ。訪れたゲストもきっと注目間違いなしのアイテムです。

第7位 丸伊製陶

丸伊製陶は日本六古窯のひとつである信楽焼の本地、滋賀県甲賀市信楽に1925年創立。登り窯による火鉢や郵便ポストなどを手掛け、1960年よりインテリア陶器の製造をスタート。丸伊製陶は長い歴史の中で、信楽の丘陵から採れる良質の陶土を使い、その耐火性に富んで細工しやすい粘性の特徴を生かし、さまざまな作品を送り続けています。

味わい深いテーブルウェアを始めとして、一点もののオーダーメイドも受け付けており、その暖かさを感じさせる作品で多くのファンを持っています。

信楽焼 へちもん 灰刷毛

51aLjF4QKbL

商品価格 ¥ 2,073

丸伊製陶の定番シリーズである「へちもん」のコーヒーカップがこちらです。信楽の職人の言葉、「ふうがわりなもの」と言う意味を持つへちもんのコーヒーカップは、ぼってりとした暖かさと、懐かしさをかんじさせる雄大なフォルム。一度使えばきっと信楽焼の素晴らしさを実感できるでしょう。

色合いもコーヒーを引き立ててくれる渋さが魅力的です。モダンインテリアにもナチュラルテイストにもしっくりとマッチしてくれるコーヒーカップ。ブレイクタイムもゆっくりとしたひと時を過ごせそうです。

第8位 ツェラミカ・アルティスティチナ・ヴェナ(Ceramika Artystyczna VENA)

そのレトロなテイストと、可愛らしいデザインで人気を誇るポーリッシュ・ポタリー。ポーランドに数多く存在する陶器メーカーでも注目を集めているのがこちらのヴェナです。

創立は2003年と新しいブランドですが、絵柄は300種類以上、フォルムは200種類以上のバラエティに富んでおり、またその鮮やかで繊細なパターンは、ヨーロッパやアメリカ、そして日本でも多くのファンの心をつかんでいます。

クラシックなポーリッシュ・ポタリーの風合いと、美しくアレンジされた現代的なデザインとのコンビネーションを兼ね備えたおすすめのブランドです。

ツェラミカ・アルティスティチナ・ヴェナ(Ceramika Artystyczna VENA) カップ&ソーサー V033-C022

v033-c022

商品価格 ¥ 3,726

ヴェナ社の中でもとても人気のある絵柄のコーヒーカップとソーサーがこちら。見ているだけで心が華やいできそうな色合いがとってもキュート! 花をモチーフにしてありますが、シックな色合いで決して幼くなく、ナチュラルなテイストにはぴったりのアイテム。

ポーリッシュ・ポタリーの魅力は、ひとつだけではなく、幾つか揃えて集めたくなるところ。コーヒーカップはもちろん、テーブルウェアをお揃いでキメてみるのも楽しそうです。