家庭で簡単に測れるメディカルデータと言えば…体温、血圧。一方フィットネスデータと言えば…歩数、心拍数などでしょうか。両方の情報を一括で、しかももっと詳しいデータが欲しい時があります。ジムに通い始めた自分のメディカル&フィットネスのデータ。離れて暮らす、年を取った家族の気になる健康状態など。今回ご紹介するウェアラブルメディカルモニター、VITALITI は必見です!

メディカルデータを「見える化」

vitaliti-in-action-2

VITALITI は耳のセンサーや肩から渡して胸にパッドを着けるメインセンサーで心電図、心拍変動、深部体温、呼吸器系のデータ、歩数、消費カロリーなどが計測可能。

それらは、スマートフォンやタブレットで確認することができます。これだけの詳しい情報をパッと見て確認できるわけですから、自分のちょっとした変化に気づきやすいかも?

可能性は広がります!

vitaliti-in-action-1

遠くのおばあちゃんにVITALITIをいつも着けてもらって、離れていても安心です。フィットネスクラブのトレーナーとタブレットに表示されたデータをもとに最適なメニューを組んでもらい、その時々の状態に合わせてアドバイスをもらうことも。

仕事を頑張っているつもりでも、何か疲れた感じかすると思い、スマートフォンでVITALITIのデータを見ると、専用アプリが「あなたの生産性は低いレベル」とアドバイスするので気分転換をする、なんてことも可能!

メディカルデータを必要とする患者を遠隔で見守ることから、フィットネスに励むビジネスマンを公私にわたりサポートすることまで、VITALITIの向こうには大きな可能性があります!