もうハンドルバーは見なくてもいい?

スピード・ケイデンス・心拍数・パワー・GPS情報など、サイクリストにとって必要な情報を提供するサイクルコンピューター。ただ漫然と自転車に乗るより、モチベーションの違いは明らかです。でも大切な情報だとはいえ、スマートフォンやコンピューターが装着されたハンドルバーに視線を落とすのが億劫になったり、危険なことも。そこで登場したのが、アイウェアにサイクルデータが"映し出される" Solos。サイクリスト必見です!

スマート・サイクリング・アイウェア

96a67759668a5af228a9066e91851bca_original

Solos はスマートフォンと接続して使用する、45.04mm(L)×12.1mm(W)の超小型ディスプレイとスピーカーやマイクが仕込まれたスマート・サイクリング・アイウェア。

285050eb31fe04a83464aae7bfe8f97c_original

車のヘッドアップディスプレイみたいに、現実世界に"ワイプ"を出してサイクルデータを表示させることができ、スピーカー音声で"コーチ"したり、さまざまな情報を伝えてくれることも!

リアルタイムでサイクルデータを表示

5be449fd1d99c91d2fea73cc5fcafbf8_original
449b2d8096fcf32da59b8bb4d2c31902_original

では Solos の使い方を簡単にご説明。まず、スマートフォンの専用アプリで、表示させたいデータを選択。次に Bluetooth LE でペアリングしたら、もう視界には見慣れたマイデータをリアルタイム表示。表示位置も調節できるというからすばらしいです!

bfaf9e1ddf79500437a00870e9016773_original

詳細な互換性は明らかにされていませんが、心拍数などのセンサー類はBluetooth と ANT+に準拠している模様。センサーをあとから追加することで Solos の表示データを増やせます。

"フルスペック"な専用アプリ

c51b0bbb23e27f65029281161cde7d37_original
ff54ea70c0e21141b09a82ef3d2cdabf_original

また強力な専用アプリは、セッション後の確認が楽しくなるような詳細データを表示可能。アクティビティ履歴をグラフやチャートで分析したり、心拍データでどんな強度でのトレーニングができたかを確認。もちろん、通ったコースも表示されます。

a540c4bebef1a6b118e6292b94d252ff_original

イヤホンではないタイプのスピーカーとマイクにより、接続したスマートフォンによる通話も可能だとする Solos は Kickstarter で300ドル! 初心者から導入したいアイテムになりそうです!