エアバスが電動バイクを!

世界中の航空会社がさまざまなモデルを採用する欧州の航空機メーカー、エアバス。そのグループ子会社 APWorks がこのたび、電動バイクを発表しました! それも3Dプリンターで製作された、見る者の目を奪う独特のデザインのモデル名は Light Rider、限定50台なのです! 詳細を見てみましょう!

3Dプリンター製のフレーム

apworkslightrider3dmotorcycle-2

電動バイク Light Rider の最大の特徴は、何といってもそのフレーム。Scalmalloy と APWorks が呼ぶ航空機グレードのアルミ合金を使用し、車重たったの35kgというライトウェイトぶり。

apworkslightrider3dmotorcycle-3
apworkslightrider3dmotorcycle-4

そして、「エイリアン」のデザイナーである H・R・ギーガー氏の作風を感じさせる、バイオメカニカルデザインの複雑なフレームは、3Dプリンターでこそ実現した Light Rider の大事な骨格。

パワフルな"ふだん使い"バイク

apworkslightrider3dmotorcycle-6

Light Rider はロングツーリングバイクというよりも、毎日の通勤や買い物などのための"ふだん使い"バイク。パワーこそ8馬力ですが、トップスピードは80km/h、0-45 km/h が3秒というから十分すぎます!

apworkslightrider3dmotorcycle-7
apworkslightrider3dmotorcycle-5

60km走ることのできる交換可能なバッテリー搭載の Light Rider はプレオーダーデポジットが2,450ドル。最終的には56,000㌦に! 世界に50台しかないバイクですから!