スニーカーの定番ブランドバンズ。コーディネートにすんなり馴染んでくれ、どんなファッションにも合わせやすいのが最大の魅力です。今回は、そんなメンズのおしゃれなバンズスニーカーコーデとおすすめの商品をご紹介。バンズのスニーカーを使いこなしてコーディネートを1ランクアップさせましょう。

バンズスニーカーをコーディネートに取り入れる上で注意するポイント

シンプルなデザインのものを合わせる

vans1

By: zozo.jp

バンズスニーカーをコーディネートに取り入れる上で、まず初めに注意するポイントはシンプルなデザインを選ぶこと。どんなファッションにも合わせやすく、スニーカー自身もすんなり馴染むといえど柄物やビビッドカラーのものは難しいです。まずは、無地のシンプルなデザインのものから挑戦しましょう。

モデルで言うなら、こちらのオーセンティックというモデルがおすすめです。

サイズは少し大きめのものを選ぶ

vans2

By: zozo.jp

次に注意する点がサイズ感。つま先に向かって細くなるシルエットをしているバンズのスニーカーは、ワイドパンツなどルーズなシルエットのボトムだと不恰好になってしまう可能性があります。そうならないためにも、少し大きめのサイズを選んでおくといいでしょう。

大きいサイズを選ぶとブカブカするのではと思うかもしれませんが、1サイズ上ぐらいなら何ら問題ありません。また、細身のパンツともすっと馴染みます。

色はシックなカラーからチョイス

vans3

By: zozo.jp

これは最初の項と話がかぶるかもしれませんが、ローテクなバンズといえどビビッドカラーのスニーカーを取り入れるのは困難。慣れてきたら使いこなせるかもしれませんが、それまでは黒・白・ネイビーといったカラーから使うのがおすすめ。

もちろん、どの色を選ぶのかはそれぞれの判断ですが、シックな色から履いて慣れたらビビッドなものを履いた方がコーディネートの幅も広がるのは確実。黒・白は人気も高く、凡庸性もあるので普段のコーディネートにおしゃれにサラっと取り入れられます。

どこかに必ずドレッシーな雰囲気を加える

vans4

By: zozo.jp

最後に注意すべきポイントが、コーディネートにドレッシーな部分を必ず取り入れること。カジュアルなバンズスニーカーは、カジュアルなコーディネートにそのまま取り入れても、おしゃれに見えません。外国人の方ならそれでも大丈夫ですが、日本人はシャツやジャケットなどドレッシーなアイテムを投入しなければ、なかなかおしゃれに見えないのです。

バンズスニーカーを使ったコーディネート集

落ち着いた雰囲気をまとった大人カジュアル

コーデ1

By: wear.jp

グレーのテーラードジャケットに、同系色のパンツをメインにしたコーディネートです。インナーのボーダーカットソーが、きれい目なアイテムを上手くカジュアルに落とし込んでいます。足元のバンズスニーカーは白をチョイス。爽やかな雰囲気がプラスされ、ボーダーカットソーとも見事にマッチしています。

涼しげな雰囲気がありながら、子供ぽくなっていない大人なおしゃれなカジュアルスタイルと言えるでしょう。

黒のワントーンでモードなコーディネートに仕上げる

コーデ2

By: wear.jp

頭のてっぺんからつま先まで黒一色でまとめられたワントーンコーデ。シャツの裾を長くしたり、ボトムをワイドシルエットにしたりと丈感やシルエットで変化をつけて、モードライクに仕上げています。また、頭にかぶったハットが上品な印象をプラス。コーディネートに品を加えたい時は、ハット取り入れるといいでしょう。

バンズの色も、もちろん黒を選択。ハイカットにして、ワイドパンツとバランスを整えています。

半袖シャツ&バンズでストリートスタイル

コーデ3

By: wear.jp

特徴的な柄をした半袖シャツが目を引くコーディネート。バンズと組み合わさっておしゃれなストリートなスタイルに仕上がっています。全体的にダークトーンの色が多いので、インナーの水色で差し色。重苦しく見せていません。

ボトムはシンプルな黒にして品をプラス。カジュアルなアイテムが多いので、上手く引き締められています。足元はモノトーンのバンズにして、ボトムの色と統一させているのもポイント。

清潔感のある色合いとアイテム選びが光る都会的スタイル

コーデ4

By: wear.jp

ネイビーと白という相性抜群な色合いが、清潔感のある雰囲気を演出。シンプルなコーディネートですが、この色合いなら簡単におしゃれなスタイルが作れます。白パンは、太ももかあら裾に向かって細くなるテーパードシルエット。脚のラインがきれいに見え、太ももが太い人でもスッキリ穿ける優れ物です。

バンズスニーカーは、着脱が簡単なスリッポンタイプをチョイス。リラックス感があり、クリーンなスタイルの抜け感にぴったりです。

ベーシックなスタイルは足元でアクセント

コーデ5

By: wear.jp

ベーシックなアイテムでまとめたカジュアルコーデ。おしゃれと地味の絶妙な境界線を感じます。シンプルなスタイルは、靴や小物などでアクセントをつけてあげると一気におしゃれになります。こちらのスタイルでは、足元をチェッカーフラッグ柄のバンズスリッポンをプラス。

トップとボトムもシックな色なので、コーディネート全体がラフに見られることもありません。

夏にぴったりなマリンコーデ

コーデ6

By: wear.jp

ボーダー柄のショートパンツが目を引くスタイルは、青と白が中心のマリンコーデ。夏に取り入れたいのおすすめのスタイルです。品を加える意味で、白のTシャツの上からジャケットをレイヤード。しかし、このジャケットの素材はタオルのような柔らかい質感でそこまでカッチリしていません。そのため、コーディネートにすんなり馴染んでいます。バンズも爽やかなマリンコーデに合わせるよう、青を選んでいるのがポイント。

アクティブなアイテムでスポーティーカジュアルスタイルの完成

コーデ7

By: wear.jp

バンズのスリッポンにヘンリーネックのベースボールシャツや、スウェット生地のショートパンツなどスポーティーテイストなアイテムを合わせたコーディネート。スリッポン自体もスポーティーな雰囲気を持っているので、他のアイテムと上手く馴染んでいますね。

また、シャツとスリッポンの色を揃えているのもポイント。テイストは違えど、コーディネートに統一感が生まれますよ。

90年代ファッションを彷彿とさせるグランジスタイル

コーデ8

By: wear.jp

黒のスウェットにクラッシュデニム、腰にはチェックシャツを巻いたカート・コバーンのようなグランジスタイル。クラシカルで、ハードなイメージが強いです。そこに、黒のスリッポンをチョイス。ハードなコーディネートの中に、リラックス感のあるアイテムを投入することでメリハリが生まれておしゃれの度合いがアップします。

サングラスやネックレスなども、いいアクセントとなっていますね。

フォーマルなスタイルをタウンユースに落とし込んだスタイル

コーデ9

By: wear.jp

ネイビーのジャケットや黒のスラックスなどが、フォーマルな雰囲気を演出。パーティーシーンなどにも着ていけそうなスタイルです。インナーに着たベージュカットソーが、上品さを保ちつつ重たいコーディネートを緩和。バンズスニーカーはボトムと同様黒にして、足を長く見せる効果を発揮。それと同時に、フォーマルなコーディネートを街着として上手く落とし込んでいます。

トレンドを詰め込んだカジュアルコーデ

コーデ10

By: wear.jp

ミリタリーブルゾンにワイドパンツと、今季トレンドと呼ばれているアイテムを詰め込んだコーディネート。ブルゾンがタイトで、ボトムがワイドなためAラインが形成され背を高く見せることができます。足元は少しトーン明るめのバンズスニーカーをチョイス。コーディネートのポイントでも前述した通り、1サイズ大きめのものにするとバランスよくコーディネートすることができますよ。

コーディネートに使いやすいおすすめバンズスニーカー

バンズ(VANS) Authentic VN0004MKIHT

v1

商品価格 ¥ 6,000

バンズが設立されて最初に誕生したオーセンティックは、今でも多くの人に愛用されているモデルです。バンズを初めて買う人は、ほとんどがこのモデルを購入します。豊富なカラーバリエーションに、洗練されたシンプルなデザイン。ジャンル問わず、どんなコーディネートにも合わせられるユーティリティー性が特徴です。

バンズのスニーカーを履くなら、まずはオーセンティックがおすすめ。

バンズ(VANS) VANS AUTHENTIC PRO 50周年

v3

商品価格 ¥ 7,830

前述した通り、オーセンティックはバンズで初めて誕生したアイコン的存在。そのため、さまざまな特別モデルも多く展開されています。こちらはオーセンティック誕生50周年を記念してリリースされたモデル。従来よりもグリップ力、クッション性が優れており、プロスケーターも使っているほど。

デザインはアロハ柄を採用。夏らしい季節感があり、これからの時期のファッションにおすすめです。

バンズ(VANS) OLD SKOOL

v2

商品価格 ¥ 7,560

スケーターやBMXライダーのために作られたオールドスクールは、サイドにある太い一本のラインがポイント。合わせやすいオーセンティックと違って、コーディネートのアクセントとして使うことが多いです。シンプルにデニムと合わせてもいいですし、スラックスなどきれい目のパンツと合わせるのもおしゃれですよ。

ところどころに補強として、スエード素材が使用されているので、カジュアルになりすぎません。

バンズ(VANS) OLD SKOOL PRO

v4

商品価格 ¥ 8,910

オールドスクールは、バンズのスニーカーの中で唯一1色使いのデザインが展開されているシリーズ。こちらは、ソール紐まで全て黒のみでデザインされているモデルです。また、素材で切り替えられているのもポイント。黒一色でも、上品な雰囲気のスウェードとハードなイメージのレザーで切り替えられており、両者の雰囲気が見事にマッチしています。

バンズ(VANS) Era

v5

商品価格 ¥ 6,480

オーセンティックと同じぐらい人気があるエラ。シルエットはオーセンティックと全く同じで、履き口にクッションが入っています。オーセンティックを使うプロスケーターの意見を取り入れて改良され、より激しい動きをサポートできることが可能となっています。長時間のウォーキングでも足が痛くなりにくいですよ。

ファッションシーンではオーセンティックより人気があり、程よいボリュームがあるのでワイドパンツなどともおしゃれに合わせることができます。

バンズ(VANS) Era VN00018FI9H

v6

商品価格 ¥ 7,000

エラは、切り替えデザインのものが展開されているのが特徴。色と色や柄と無地などさまざまな切り替えが施されており、インパクトのあるデザインが多いです。コーディネートにおいては、アクセントに使うのがおすすめ。

こちらは、緑とネイビーの切り替えデザイン。ビビッドカラーと落ち着いた色のミックスで、派手・落ち着き両方の雰囲気を兼ね備えています。

バンズ(VANS) CLASSIC SLIP-ON

v7

商品価格 ¥ 5,400

シンプルなデザインで、着脱が簡単なスリッポンタイプ。誕生当初、サーファーから絶大な支持を獲得しました。非常にシンプルなデザインのスリッポンは、履くとラフな雰囲気を演出してくれます。そのため、トップスやボトムに品のあるアイテムを取り入れることをおすすめします。バランスが取れておしゃれなコーディネートに仕上げることができますよ。

バンズ(VANS) VAN DOREN SLIP-ON

v8

商品価格 ¥ 13,800

バンズのスリッポンは、グラフィックアーティストやペインターなどとコラボしたアイテムが展開されていることも特徴。こちらは、サーフやスケーターなど、ストリートファッションがお好きな方におすすめのペイントが施されたスリッポン。コーディネートの難易度は少々高めですが、他の人にはない個性のあるおしゃれなファッションを楽しむことができますよ。