危険な仕事はロボットにおまかせ。

深い海に沈む難破船に眠る財宝のために、命がけの仕事を続けるトレジャーハンターたち。でも、もうそんな危険なことはしなくても"軽々"と作業がはかどる時代がやってくるかもしれません。今回ご紹介するのは、なんと水中で人間のかわりに、さまざまな仕事をこなしてくれる OceanOne です。なんともけなげな人型ロボットの詳細をこれから見てみましょう。

OceanOne とは?

oceanone-diving-robot-3

OceanOne とは、どちらかというと人型というよりは"マーメイド"型の水中ロボット。スクリューで水中を移動し、カメラ装備の頭部と作業のための2本のアームを備えているのが特徴。

輝かしい実績

oceanone-diving-robot-2

実は OceanOne はすでに実績を積んだダイバーなのです。これまで人類が捜索することが困難だった、沈没したあのルイ14世の旗艦から花瓶を持ち帰ることに成功。それは船上の人間のオペレーターと OceanOne による貴重な共同作業でした。

まるで自分の手のように…

oceanone-diving-robot-1

OceanOne の手は何本かの"指"により構成。センサーにより、対象物を判断してつかむ強さを調節。そしてオペレーターはつかんだ時の"感触"を感じることができるというから、まさに一心同体!

財宝だけでなく、サンゴ礁などのデリケートなものを扱うのも得意な OceanOne。深い海で一人で作業をこなしている姿がけなげですね。