ファミリーキャンプに重宝する2口の「ツーバーナーコンロ」。屋外でも火力が安定し、家にあるコンロと同じように調理できるのが特徴です。中でも、1923年に「キャンプストーブ」として燃焼器具を二つ並べた製品を発売して以降、高精度のツーバーナーを製造する「コールマン」の商品は見逃せません。コールマンのツーバーナーコンロの魅力・特徴とおすすめ商品をご紹介します。

コールマンのツーバーナーコンロを知る

コールマンについて

71vkZSAvBSL._SL1500_

By: amazon.co.jp

アメリカ生まれのColeman(コールマン)は、1900年創業の歴史あるアウトドア用品メーカー。キャンプに必要な、コンロ・ランプ・テント・衣類などの道具を製造・販売しています。商品は、一般のキャンプ用品店、登山用品店、釣具店、ホームセンターなどで販売されており、手ごろに購入できることから、多くの人に愛されてるブランド。

そんなコールマン、当初はガソリン式ランプの販売を中心に行っていました。1905年に自社製造のガソリンランプの販売を開始し、ガソリン式ランタンの開発や、燃焼器具を2つ並べた画期的なツーバーナーの販売を開始。今ではキャンプ用品全般を取り扱っていますが、ランタンやコンロに特化した会社なのです。コールマンの会社ロゴには、ランタンのマークが起用されています。

戦場で使用するコンロの製造もしていたことから、厳しい環境下での使用を想定した製品が多く作られ、現在でも信頼のアウトドアブランドとして不動の地位を確立。

ツーバーナーの魅力

tumblr_nolg3nkOLe1u8j7z4o1_1280

By: outdoorresort365.coleman.co.jp

炭火や焚火では調理が難しい本格アウトドア料理を楽しめるのがバーナーの最大の魅力。火加減の調整ができ、鍋やフライパンも使えます。ツーバーナーなら「ごはんを炊く、おかずを作る」が同時進行。安定した火力で、カレーやパスタも作ることができます。

別売りのキャンピングオープンスモーカーを使えば、ピザやパン、ローストチキンの他、スモーク作りも可能。家庭でもなかなか味わえない本格料理を披露すれば、キャンプで注目を浴びること間違い無し。お肉を焼くだけのバーベキューでは物足りなくなってきたら、ツーバーナーで本格アウトドア料理にチャレンジしてみてはいかがですか?

コールマンツーバーナーの特徴

tumblr_nn5uiygsuW1u8j7z4o1_1280

By: outdoorresort365.coleman.co.jp

コールマンのツーバーナーには、「ホワイトガソリン式」と「ガスカートリッジ式」の2つがあります。故障が少なく、使い勝手がよいのが特徴。コールマングリーンが印象的なフォルムも人気。使うほどに味わいが出てくるので、中にはビンテージのツーバーナーをコレクションしている人もいるほど。専用の燃料やメンテナンス用品がホームセンターなどで簡単に購入できるのもコールマン製品が人気の秘密ですね。

選ぶ際のポイント

tumblr_o1cgogjcsn1u8j7z4o1_1280

By: outdoorresort365.coleman.co.jp

ツーバーナーを選ぶ際のポイントは、「他アイテムと燃料を合わせること」。現在お持ちのランタンやワンバーナーはどんな燃料を使っていますか? アイテムにより燃料をバラバラにしてしまうと、両方の燃料を用意する手間がかかり、荷物も増えます。同じ燃料を使えば、使いまわしができるので無駄になることもありませんね。その他、ホワイトガソリン式・ガスカートリッジ式、それぞれの特徴を理解して最適なものを選ぶことをおすすめします。

ホワイトガソリン式の特徴

3000000391_1

By: ec.coleman.co.jp

「ホワイトガソリン」という不純物の少ない燃料を使用するバーナー。本体に付属するタンクに、燃料を補充して使用します。故障の原因にもなるので、ホワイトガソリンは専用のものを使用しましょう。ホワイトガソリン式の最大の特徴は、「ポンピング」という作業をするという点。ポンピングでタンク内の空気を加圧し、燃料を送り出す仕組みになっていて、燃料タンクのポンプノブを100~150回ほど出し入れする必要があります。

また、使用後にはタンクからホワイトガソリンを抜き取る作業が必要になります。この作業が面倒という方にはホワイトガソリン式は不向きですが、ガスカートリッジ式よりも火力が安定しており、寒冷地でもその力を発揮するので、年間を通して使用する方におすすめ。また、ゴミが出ないという利点があります。ガスカートリッジ式よりも本体のサイズは大きくなりますが、中は空っぽなので、付属品の収納に便利。使うものをまとめて持ち運ぶことができます。

ガスカートリッジ式の特徴

91aWjHrGhAL._SL1500_

By: amazon.co.jp

最大の特徴ガスカートリッジを取り付けるだけで簡単に使用できるところです。はじめての方にも扱いやすいツーバーナー。本体が薄型・軽量で、持ち運びも簡単です。

弱点は、燃料がかさばることと、使った後のガスカートリッジがゴミになるということ。また、ホワイトガソリンよりも燃費が多少悪いところです。寒い時期にはガスカートリッジが冷えてしまい火力が安定しないこともありますので、注意して選びましょう。

コールマンのおすすめツーバーナーコンロ

コールマン(Coleman) 413Hパワーハウスツーバーナー

81Lh5zKI6pL._SL1500_

商品価格 ¥ 24,377

コールマンの定番! 伝統のホワイトガソリン式ツーバーナー。最大火力6400kcal/hと、火力が強く安定しており、本格的なアウトトド料理を楽しめます。燃料タンク容量は約1.6リットルで、燃焼時間は約2~6時間。仕組みが簡単にできているため、扱いやすく、故障しにくいことが特徴。メンテナンス用品・補修パーツもそろっているので、長年愛用している方が多いツーバーナーです。

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ

514t2Fklc9L

商品価格 ¥ 10,800

スリムなボディーが特徴のガスカートリッジ式ツーバーナーコンロ。ガスカートリッジを取り付けるだけで簡単に着火。最大火力約3,500kcal/h×2のハイパワーで、耐風性に優れています。470g缶使用時の燃焼時間は約1.5~3時間。火力の調整はツマミを回すだけ! ガスカートリッジを外せばスリムに収納でき、キャリーハンドル付で持ち運びも楽にできます。色はコールマン伝統のグリーンと、インパクト大のレッドから選ぶことができます。

おすすめの付随アイテム

コールマン(Coleman) エコクリーン

811Fp5kx8qL._SL1500_

商品価格 ¥ 3,310

故障原因にもなるので、ホワイトガソリン式ツーバーナーには、純正のホワイトガソリンを使いましょう。1Lサイズは、ツーバーナー本体にもすっぽり入る大きさで、持ち運びにも便利。給油の時にも持ちやすいのでおすすめです。

コールマン(Coleman) 純正 LPガス燃料

418B3R87QGL

商品価格 ¥ 882

ガスカートリッジ式ツーバーナー用、コールマン純正のLPガス燃料です。不純正のガス燃料を使うと故障の原因になるので、純正のLPガスを使用しましょう。

コールマン(Coleman) ガソリンフィラーⅡ

31kqertBatL

商品価格 ¥ 1,254

コールマンのホワイトガソリン缶専用のアダプタ。燃料をタンクに入れる時には、ガソリンフィラーかフューエルファネルを使いますが、ガソリンフィラーは燃料タンクが満タンになると給油が止まる安心の設計です。

コールマン(Coleman) キャンピングオープンスモーカー

71MrcwhKWHL._SL1000_

商品価格 ¥ 4,980

ツーバーナー用の折り畳み式オーブン。スモークにも使えますし、ツーバーナーに乗せるだけの簡単設営で、ピザやパン、ローストチキンなど、本格的なアウトドア料理を楽しめます。扉には温度計が付いており、温度調整も簡単。中には、網を2段節できるので、調理もはかどりますね。折り畳み式なので、コンパクトに収納できるのもうれしいポイントです。